RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.01
    02
    Category : 鬼嫁日記
    昨年はさっぱり更新しなかったので今年こそと意気込んでいたんですが、早くも元旦を逃してしまいました…
    まあ、ボチボチ、気が向いた時に更新していきましょう。

    さて。

    年の始めというのはこのブログも然り、心新たになる・するタイミングですよね。

    いつも僕にガミガミ言う奥さんも例に漏れず、今年は自重しようとしているようです。

    先ほど、テレビを見ている奥さんの隣で歯磨きをしていると
    「力強すぎん?」
    と眉をひそめられました。

    奥さんいわく、僕の歯を磨く力が強すぎて歯ブラシをぐいぐい押し付けているため、毛先がすぐに開いてダメになる、と。歯ブラシ代ももったいないし、そもそもそんな磨き方をしていてはちゃんと磨けていない、と。

    僕は自分では気づいていなかったので「ごめん。気をつける」というつもりでチラリと奥さんの方を見ました。歯磨き中で声出せませんから。
    そうすると、
    「あ、ごめんごめん。そんないちいち言われたくないよね。面倒くさいよね。」
    と奥さん。

    「面倒くさい女って思われたくないけん、もう言わん。ごめん謝る。」

    年の始め、心新たに夫への接し方を変えようとしているのでしょう、それは僕としても大変助かるので、うんうんとうなづきました。歯磨き中で声出せませんから。

    しかし奥さん、
    「ごめん、もう言わんけん。ごめん。好きなようにしていいよ。」
    と続けてきます。

    うんうん。

    ゴシゴシ歯を磨きながら首を縦に振り、
    「もうその話はいいよ」
    というサインのつもりでテレビへ視線を送りました。

    「ねえ、ごめん、もう言われけん、面倒くさいって思わんで。」
    と尚も奥さん。
    「(ゴシゴシ…)」
    「ねえ、ごめんって。」
    「(ゴシゴシ…)」
    「ごめんって。もう言わんけん。」
    「(ゴシゴシ…)」
    「だけんもう言わんって言いようやん!!人が謝りようのに、何、その態度!?」




    いや、あの…歯磨き中で声出せないんですよね



    っていうか、そこで怒ったら本末転倒だと思いますしね…




    というわけで、2017年も例年と変わらずスタートしました。
    今年も良い年になるといいなあ…


    2016.10
    11
    Category : 日記
    昨晩より奥さんの実家に行っておりました。
    で、今日。
    お昼から仕事なので、最寄り駅まで送ってもらいました。

    11:58発の快速。

    駅についたのは54分くらい。十分時間があります。

    下りホームは3番乗り場と4番乗り場がありました。
    僕がいつも利用している駅は3番乗り場に快速が停まります。
    その感覚で3番乗り場に向かって立っていました。

    特急が通過します。

    これの後かなーと思いながらスマートフォンをいじっていました。

    しばらくして、ふと顔を上げると、遠くに過ぎ去っていく電車の姿。
    先ほどの特急とは違う車両です。

    …おや?

    電光掲示版を見ると、11:58の次とその次の列車が表示されていました。

    …おやおやおや?

    スマートフォンの画面を見ると11:59を表示しています。

    …おやおやおやおやおや?

    どうやら、快速は4番乗り場から発車したようでした。








    …えええええーっ!?










    というわけで、次の列車に乗ってこれを書いています。






    チキショウめ!











    2016.10
    06
    Category : 日記
    ブログを更新するとfacebookに投稿されるように設定しているんですが、真奈の写真のおかげでたくさんの方がいいね!をしてくれました。

    「かわいい」とのコメントも山ほどいただきましたし、もう、ね、僕もホントにかわいいと思っています。ええ。

    しかし、奥さんは苦い顔…

    「いや、文章で書くのは構わんけどさ、写真はちょっと…」
    「なんで?」
    「どんだけ親バカなん?って感じやん。」
    「あ、そう…?」
    「親バカよ。親バカ過ぎるよ。それに…(と、声をひそめて)あれやん?」
    「(ただならぬ気配を感じ)…え?」
    「世界中にあの子のかわいい顔が発信されるとよ?誘拐しにくる人がおるかもしれんやん?」










    娘よ、こんな親バカな両親に愛されて幸せ者だな!






    2016.10
    05
    Category : 日記
    実に久しぶりの更新となります。

    8月以来ですか……

    今年こそはと1月1日と2日に更新してから8か月。
    下半期こそはと8月に2日更新してから2か月。
    なんと10月になってしまったではないですか。

    いまだ4日しか更新していない2016年。もう何日経ったというのか。

    気になったので「今日は何日」と入力したら検索予測で「今日は何日目」と出てきましたよ。
    そんでもって、そういうサイトがあるんですね。今日は何日目?
    計算したら279日目でした。

    279分の4。

    更新しないにもほどがありますね。

    更新しない間に娘がこんなに大きくなったほどです。








    IMG_8368_convert_20161005231732.jpg





    きゃ~わいい~♡






    ……失礼しました。親バカですね。




    額に虫さされがありますが、ご愛敬。
    もうすぐ11か月です。
    ちょっと平均より小柄なのが気になりますが、すくすく育っています。

    少し前までは仲睦まじい素敵な時間を過ごしていたんですが、最近では僕が抱っこしたら嫌がって暴れます。
    ママが大好きなようです。悲しい。

    ま、いいです。
    娘のことはおいおい書くことにしましょう。

    さて。

    今年も残り少なくなってきました。
    これから毎日更新したところで、これまでの10か月の怠惰が消えることはありませんが、なんとか更新したい。
    そう、これでも更新したいんです。
    ホントは毎日更新したいんです。
    なぜって、公演やらなんやら、お知らせしなければいけない情報があるから。

    そうなんです、お知らせがあるんですねー。

    できるだけたくさんの人に届いて、そして足を運んでほしいんですねー。

    というわけで、今日のところはまずそのお知らせを。
    公演が2つと、もう一つが……じゃあ、これから行きましょう。

    img016-001_convert_20161005231311.jpg

    img017-001_convert_20161005231327.jpg

    第二回文学フリマ福岡!!

    これ、出店することになりました。
    何を売るかって、もちろん、戯曲です。

    これまで書いた戯曲のいくつかを売ります。
    今、販売用に体裁を整えています。わりと立派な感じになる予定です。

    いやー、売れるんでしょうか。
    そもそも、誰か手に取ってくれるんでしょうか。
    ドキドキです。

    というわけで、是非、足を運んでほしい。
    そして僕の本を手に取ってほしい。
    もちろん、僕、います。僕が売っています。
    是非、是非、是非。
    10月30日の日曜日です。都久志会館。

    では、次。

    チラシ表_convert_20161005231142

    チラシ中_convert_20161005231205

    チラシ裏_convert_20161005231216

    劇団Hallbrothersロングラン公演『中央区今泉』

    11月11日(金)~11月20日(日)までのロングラン公演です。
    ※11日はプレビュー

    千早駅前に今年オープンしたなみきスクエアにて上演します。
    しゃれた建物です。
    建物だけでも一見の価値ありです。
    や、建物だけではなくウチの芝居も観てほしいんですが……

    三階建て雑居ビルという舞台装置が圧巻(なはず)です。

    福岡市中央区今泉を舞台にした群像劇。是非、観に来てほしいです。

    では最後に。

    0001_convert_20161005231231.jpg

    0002_convert_20161005231250.jpg

    こちらは演出のみなんですが……

    月光亭落語会シアターシリーズNo.1Ver.月光亭愛眼(めがね)
    [梨の礫(つぶて)の梨]

    出 演 立石義江(月光亭落語会)、 雪丸朋美(14+)
    脚 本 横山拓也(iaku)
    演 出 幸田真洋(劇団HallBrothers)

    ◎月光亭落語会シアターシリーズ始動!
    「月光亭落語会」は福岡で活躍する女優、立石義江(月光亭愛眼)・上田裕子(月光亭百幸)・杉山英美(月光亭久留米)・古賀今日子(月光亭春吉)が立ち上げた、清く正しく軽やかに落語を遊ぶ女優落語ユニット。
    このたび原点回帰し、満を持して月光亭落語会シアターシリーズをスタートすることになりました。
    手始めの企画は、月光亭愛眼(めがね)がゲストを迎えての女二人芝居、「梨の礫の梨」。大阪の劇作家横山拓也が大阪の女優ユニットサキトサンズに書き下ろした二人芝居で、2013年の福岡公演を見た愛眼がほれこみ、いつかやりたいとあたためていた芝居です。
    月光亭落語会シアターシリーズは今回のみならず、月光亭の誰かに次のバトンをつなげて続いていきます。ゲストを迎えるもよし、月光亭落語会の4人でやるもよし。落語で手に入れたフットワークと月光亭らしさで、どんな舞台が創られていくかご期待ください。今回はシアターシリーズ始動の初舞台。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

    ……ということだそうです。

    僕が演出なんぞ恐れ多いんですが、素敵な本と素敵な役者さんなので、素敵な芝居になると思います。
    こちらも是非。

    ◎日時
    2016年12月16日(金) 19:30
    2016年12月17日(土)15:00 19:00
    2016年12月18日(日)11:00 17:00
    ※開場は開演の30分前です。
    ※上演時間は1時間程度です。

    ◎会場
    リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース
    福岡県福岡市博多区上川端9-35
    http://www.reizensou.com

    ◎チケット
    前売券1,500円 当日券1,800円
    日時指定・全席自由
    10月17日より予約開始

    とういうわけで、お知らせ三連発でした。

    久しぶりの更新なのに面白味のない内容ですみません。
    しかし背に腹はかえられないので……
    どれも足を運んでほしい!

    年が明けて2月にも2本お芝居があります。

    こちらもおいおいお知らせしますので、是非。


    ……よし、とりあえずやっとこさ更新したので、これからはバリバリ更新……・したい、です。はい。








    2016.08
    07
    Category : 鬼嫁日記
    うちは奥さんも僕もスマホに対してオープンなんです。
    人によっては自分のスマホはたとえ夫婦でも絶対に見せたくない、触らせたくないと思うかもしれませんが、うちはあんまり気にしてないんですね。

    で、さっきのこと。
    奥さんが僕に説明したいことを検索して、スマホごと渡してくれたわけです。
    僕はそれを見て納得。スマホを返そうとしたんですが、まあ、なんていうんでしょう、いつものくせで開いている画面を閉じ、検索窓に残っている検索ワードもご丁寧に消したわけですね。
    次、検索する時に前のワードが残っているとそいつを消してから入力を始めなきゃいけないじゃないですか。僕はそれが嫌で検索終えるときにいちいち消すようにしているんです。
    で、検索窓の右端の×を押して、たった今検索しているワードを消去すると、その前に検索していた履歴が出るんですけど

    白 車 塗装はげたこすった

    という文字。

    ……うちの車は白です。
    そして日中は奥さんが車を使っていた。

    どこかでガリッとやってしまったんでしょう。
    まあ、でも、普通に帰ってきて普通に夕食をいただいていたので、大した傷ではないはずです。

    ので、「あ、やったな」とピンと来ましたが、怒ることも動揺することもありません。
    僕も以前、ガリっとやりましたし、まあ、おあいこだな、笑って済ませようと笑顔で

    「なんか、白 車、」

    と口にしたら奥さんの目が座りました。

    「……ちょっと、なんで勝手に見ようと?」
    「あ、いや、その、消したら履歴が出て、」
    「いやいやいや、何で消すと?そのまま返してくれたらいいやん。」
    「いや、親切で、」
    「あたしだってちゃんと謝ろうと思いよったと。なんて謝ろうか考えよったとよ。それ全部ムダやん。こういうバレ方が一番すかん。」
    「え、あ、ごめん、」
    「ホント、すかん。」
    「ごめん……」

    なぜだか僕が謝ることになってしまいましたが、結局、奥さんは謝りませんでした。





    ……それ逆やん!