RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.02
    03
    Category : 日記
    昨日『アバター』を見たんですが、やはり公開時に映画館で見るべきでした。
    内容については…あれはどうだとか奥さんと論争になったりしたので、とりあえずここでは良し悪しについて触れませんが、3Dで見たら3Dの楽しさは十分享受できたろうなあと思いました。

    かの作品は3D用に作られているらしいですね。
    同じ年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』なんかは2Dを3Dに変換しているだけですが、『アバター』はカット割なんかも3D用で考えられているらしいんですね。

    ということからも3Dで見るべきもので、でも家では見れないし、ああ、なぜ見に行かなかったんだと後悔です。

    そんなことから考えたんですが、やはりアンテナは広く張っておいた方がいい。
    僕は流行や話題のものには疎いタイプで、別にそれでいいやと思っていましたが、やっぱりある程度は気にすべきだと考え直しました。
    なんか一つ楽しさを損した気分。

    3Dの作品は今も公開されているし、これからもどんどん作られるんでしょうが、なんというか去年話題になった時にリアルタイムで経験するのと後から遅れて経験するのでは参加してる感というか当事者感みたいなものが違いますしね。

    とか、いろいろ考えて端的に言うともうちょっと時代について行こうと思った次第です。

    というわけで今日はレイトショーで『ノルウェイの森』を見に行ってきます。
    …これも去年の12月に、ホットなうちに見ておくべきでしたね。
    ま、見に行くだけよしとしよう。松ケンは飛び出してこないけれど。

    Comment

    非公開コメント