fc2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    半径50メートル

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出

    次回活動予定
    2021年12月FPAPプロデュース公演の作・演出。劇団の公演はおそらく来年。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2021.09
    10


    22:16
    Category : 芝居
    すっかり更新が滞ってしまいました。
    前回更新したのが先月27日。『おっさんとラブ』という表題で出演する舞台の宣伝でした。
    あれから二週間。『おっさんとラブ』その後です。

    まあ、その後と言っても公演が終了したよ、というだけで何か恋が進展したとかいうわけではないんですが。

    本当は公演が終わったタイミング(先月の29日)で感想とかを記した方がよかったんですが、なにせ怠惰な男なので。
    大体、はりきって7月から更新を再開したのも舞台の宣伝をしたかったからなので、幸田・夏の舞台シリーズ(KVA『Sixteen 』HallBrothers『まっすぐ目を見て話してください』くまもと演タメ学園生徒会『おっさんとラブ』)が終了した時点でもう更新するモチベーションなんて残ってやしないのです。

    ……ダメな男だな、ホントに。

    今度は12月にFPAPのプロデュース公演があるのに。
    今からちょいちょい更新していけばいいのに。

    また11月ごろから宣伝したいがためにはりきって連日更新するかもしれませんが、まあ、しばらくの間はのんびりとやっていこうかと思います。

    そんなわけで『おっさんとラブ』ですが。

    あ、そういえばこの作品、舞台は終わりましたがまだアーカイブ配信は観ることができるのです。
    それがなんと、明日まで!明日か。もっと早く宣伝しておけばよかったですが、まあ、あと一日あります。まだご覧になってない方はぜひ。素敵な作品です。

    https://twitcasting.tv/k_entame_sc/shopcart/94824

    久しぶりの客演(約10年ぶりくらい?)でしたが、楽しかったです。

    基本、自分が書いて演出している作品のセリフばかり口にしているので、他人が書いたものを演じるのは新鮮でした。っていうか、役者とはそうあるべきですよね。他人が書いたものに命を吹き込んでこそ役者です。僕なんて自分の劇団でついででやっているようなもんだな、と、このついで役者め、と少しばかり恥ずかしい気持ちになりました。

    四谷先生(僕が演じた役です)、難しかった。
    何でもないセリフばかりなので、セリフ自体は難しいものではありませんが、でも、だからこそ難しいというか。
    本当になんでもなく喋ったら、なんでもないだけのセリフになってしまうので。そうではないのです。その裏にある何かをね、感じさせないといけないわけですよ。

    そういえば、二十歳の頃、バイト先の先輩から「幸田って演劇やってるわりに普段の喋りが棒読みよね」と言われたことを思い出しました。

    あれから二十ウン年。ことあるごとに「僕は棒読み」というのが頭の片隅に浮かんできて。棒読みコンプレックスです。
    ですので四谷先生の何でもないセリフを豊かに言えたかは未だに自信ありません。まあ、棒読みかどうかはぜひ、アーカイブ配信をご覧になって確かめてください……って宣伝かよ、って感じですね。はい、宣伝です。ぜひぜひ、観てほしい。もう一回、購入URLを貼っておきますね。

    https://twitcasting.tv/k_entame_sc/shopcart/94824


    僕は基本的に相手役のきゅうちゃん(藤原美津季さん)としか絡んでないんですが、本当に助けられました。
    何に助けられたかというと、その可愛さに……ああ、こういうコメントおじさんっぽいですね。まあ、いいか、おじさんだから。
    なんというか、するっとこっちの中に入ってきて、僕のこともするっと受け入れてくれた感じがして、とても演技しやすかったです。大事ですよね、演技しやすい演技。演技は掛け合いですから。妙なバリアがあったりすると演技になりませんが、そういうのがなかった。

    そして僕以外のおじさんたちがなんとも芸達者な人たちばかりで、見ていて楽しかったです。
    もちろん女の子たちも素敵ですが、この芸達者な福岡演劇界のおじさんたちをぜひとも見てほしい。元々センスのある人たちですが、年をとることでより味わいが出ていると思います。
    僕も若い頃は年を取っていくことが怖かったし、おじさんになってまで演劇するなんてダセエとか思っていたこともありますが、完全に間違いでした。
    役者は年をとれば取るほどいい味が出てくる。ですので、この面白おじさんたちをぜひ見てほしいと思います。というわけでもう一回URLを貼っておきましょう。しつこい。

    https://twitcasting.tv/k_entame_sc/shopcart/94824