FC2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2020年5月の予定。
    その前に……2020年3月九州ビジュアルアーツ俳優学科卒業公演『君の背中のナップサック』作・演出。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2019.12
    06


    23:50
    Category : 
    本日19時過ぎに第二子が産まれました。
    幸田紗奈です。

    第一子の時は産まれてきた顔を見て、それまで決めていた名前を「なんか違うな」と思い急遽変更、真奈にしましたが、今回は紗奈にしようと決めていて、産まれてきた顔を見ても紗奈でよかったと思いました。

    というか、お姉ちゃんとそっくり。



    エコー写真を見た時から「なんか似てるな」と思っていましたが、こうも似ているとは。

    ともかく、無事に産まれてきてくれてよかったです。


    人間って慣れるもので、二番目の時は一番目と比べて落ち着いていたというか、妊娠がわかってから今日までもちろん嬉しくはあったんですが初めての時のようなお祭り感みたいなものはなかったような気がします。
    一番目の時は何もかもが初めてですからね。
    洋服だってそろえなきゃいけないし、ベビーバスとかベッドとかその他もろもろ一つずつそろえていって、そのたびに「もうすぐだもうすぐだ」と胸躍ってた気がしますが、二番目は全部ありますからね。本人おさがりばかりで嫌かもしれませんが……(笑)
    4歳になったとはいえ、一番目も手がかかるし、よくも悪くも日常の中に二番目が産まれる、というエピソードが他のものと並列にあったという感じでした。

    でも、産まれてくるとやっぱり、とても大きな出来事でした。
    産まれてやっと実感が湧いたというか、ともかく良かったです。嬉しい。可愛い。ホントに可愛い。大好き。

    予定帝王切開だったんですが、手術も落ち着いたものでした。

    最初の時は、奥さん閉所恐怖症なので、お腹が見えないように顔の前にかぶせてくれる布でパニックを起こしかけ、産まれる瞬間に立ち会う予定だった僕も慌てて呼ばれて、ずっと隣についていたということもありましたが、今回はそういうことはなく。
    相変わらず目の前の布はイヤだったそうですが、わかっていたことなのでどうにか我慢できたそうです。
    僕も立ち合いの時間が来てもトイレに行ってたりしてちょっと遅れたりとか、一回目の時ほどの緊張はなかったものでした。

    ただ、写真を撮るタイミングが難しくて。

    立ち合いに行く時に看護師さんから
    「写真は?スマホ持ちました?」
    と言われて慌てて持って行ったものの、電子機器ってねえ、飛行機でも機内モードにしないといけないし、手術室に持ち込んでいいのかどうかわからないじゃないですか。
    持って行ったはいいものの、お腹切られてるとことバシャバシャ撮るわけにもいかないし。
    で、まごまごしていたらもうすぐ産まれる時に「もうすぐよ。カメラ」みたいなジェスチャーをしてくれてるわけですよ。
    いや、でも、奥さんの隣にいるし、手術室だし、と思ってたら「おめでとうございます!」と先生が赤ちゃんを取り上げて。
    もしかして、ここシャッターチャンスだったのでしょうか?
    そういえば、先生もしばらくの間掲げてくれていたような気がします。
    でも、まさに産まれてきた瞬間、お腹から取り上げられた瞬間はさすがに撮れませんでした。スマホ世代の今の若者だったらバシャバシャっと撮れたかもしれませんが。旧世代は何となく気後れしてしまいました。

    その後、ベッドに移されて、へその緒を切る儀式。
    「ご主人様、どうぞ」
    と呼ばれ、ハサミを手に。
    ここもシャッターチャンスだったのかな、と、今になったら思うんですが、看護師さんに
    「すみません、撮ってもらえますか?」
    とお願いするのもなんだし、片手でへその緒を切りながらシャッターを切るのもなんか不遜な感じがして撮れませんでした。お願いして「は?」とか言われても嫌だし。でもスマホ持ち込んでるんだからいいのかな、とかまごまごしてしまって。
    その後、切ったところを処置してもらって、やっとシャッターチャンス。
    「写真どうぞ」
    とも声かけられたし、堂々と写真撮れました。
    もちろん、たくさん撮ったんですが……まあ、産まれてきたばかりだから当たり前ですけど、大切な部分をむき出しなわけですよ。女の子なのに。
    数枚撮って、いや、でもこれむき出しだよな、将来「お父さん、なんで?」とか言われても嫌だしな、とか思って、オムツを手に待機している看護師さんを見ると「どうぞ、たくさん撮ってください」と言わんばかりのアイコンタクトをくれました。
    いや、オムツはかせてからでいいんだけど……

    それから外で待機していた娘を呼んで、初のご対面。
    ここも産まれたばかりの子とお姉ちゃんの初めてのツーショットを撮れればよかったんですが、娘は抱っこしてあげないと赤ちゃんの顔が見えませんし、そうすると自分でスマホを操作するのは難しいじゃないですか。
    看護師さんにお願いすればよかったんですけど、「病院内で電子機器は使ってはいけない」という頭のある旧世代としては「スマホの使用は最小限」みたいな気持ちになってしまって言い出せませんでした。
    持ち込んでいいって言われてるんだから、ねえ。遠慮せずにバシャバシャ撮ればよかった。

    全ての処置も終わって、保育器に入れられてからやっとツーショットを撮れました。赤ちゃん、そっぽ向いてますけど。



    ともかく、無事が何よりです。良かった良かった。
    姉妹ともにのびのび育ってくれれば。