RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.11
    14


    14:06
    Category : 日記
    公演中の話ですが……

    うちの奥さんはしっかり者なので、僕が無駄なお金を使わないようにいつも麦茶をペットボトルに入れて持たせるんです。
    公演中ももちろんそうで、毎朝用意してくれていました。
    本番中は緊張するし、小屋の中も乾燥するので喉が乾くんですよね。大量にガブガブ水分を取るので、まあたまにはコンビニで好きなもの買いたいなと思いはしますが、奥さんの心遣いはありがたく感じていました。
    そんなある日、朝、いつものようにペットボトルに入った麦茶が準備してありました。僕がいつも使っているペットボトルカバーもちゃんとしてあります。
    と、その隣にもう一本、カバーのかかったペットボトルが置いてありました。最近洗い替え用に奥さんが購入していたリラックマのペットボトルカバーです。
    毎回、本番の袖で僕が激しく水分を取っているのを見ていたのでしょう。今日は2本用意してくれているようです。
    気の利く奥さんだな、と2本ともカバンに入れました。
    すべて準備も済んでいよいよ出掛けようとなった時、奥さんが麦茶がないと言い出しました。
    「あなたのと並べて置いとったっちゃけど。」
    「え?カバンに入れたけど」
    「は?」
    奥さん、見る見る不機嫌な顔になりました。
    「いや、だって洗い替えのリラックマカバーもついてたし、僕のかなと思って、」
    「それあたしのやん」

    ……どうやらリラックマカバーは2つあって、色が濃い方が僕のらしいのです。
    僕のカバンに入っているリラックマカバーは薄い方でした。

    「どんだけ自分のことしか考えてないと?信じられん」

    その後、劇場につくまで力いっぱい罵られたのでした。
    だって2つあるって知らなかったし、気遣ってくれたのかと思ったし……

    夫婦とはいえいつでも奥さんが見てくれているわけではないですね。ええ。