RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.10
    12


    22:34
    Category : 芝居
    芝居を作っていく時には「ダメ出し」をします。
    役者の演技やスタッフワークなどの改善したいポイントについてダメを出すわけですが、できるだけいいダメ出しをしたいといつも思っています。
    「そこがダメだよ」
    だけだと、何をどう改善すればいいのかわかりません。
    ですから、どうすればいいのかを具体的に表現しているのがいいダメ出しだと、僕は思っています。
    演出家によっては「改善策を考えるのは役者の仕事」と言って、とにかくイメージだけ伝える、後は役者で何とかやれよという方もいて、それはそれで一つの考え方です。どれが正しいというのはありません。
    僕の場合、劇団が未経験者歓迎!というアルバイト募集みたいなスタンスでいるので、ホントにたくさんの未経験者がやってきます。
    なので、そういう人でもわかりやすいようにできるだけ具体的に指示を出すようにしています。
    「そのセリフで一歩、そっちに動いて下さい」
    とか
    「そのセリフのトーンを一つ上げて下さい」
    とか
    「このタイミングで立ちましょう」
    とか、コアな演劇人が見たら「何じゃそりゃ!?」と憤怒しそうな単純な指示ばかりです。細かく段取りを決めるわけですね。
    「芝居は段取りじゃない!段取りに縛られたら死んでしまう!」
    というスタンスの人とは絶対に相容れない作り方をしています。
    こういうのばかりはよくないなあ、と僕も確かに思うのですが、芝居歴が短い人にあまり難しいことを言っても結局は改善しないことが多いのです。
    というわけで、できるだけわかりやすく、具体的にといのをいつも心がけているのですが……
    昨日の稽古でやってしまいました。だめなダメ出しを。
    その日は午前中学校の授業で、セリフを覚えてきてねといったのに覚えていなかった学生へプルプルしながら怒ったので、その余波が劇団の稽古でも続いていたのかもしれません。
    通し終わってダメ出しをしている時に言ってしまいました。
    「そこ、棒読みです」

    ……だから何だってダメ出しですね。

    役者ももちろん棒読みにしてやるぜ!と思って棒読みをしているわけではなく、何らかうまく気持ちを掴めなかったり、流れなかったりするわけで、その原因を共に考え、対策していくことが必要なわけですが、
    「棒読みです」
    と単に事実を述べられても困るわけですね。
    しかも演出家(僕)なんだか怒ってるし。そんなのでプルプルしながら
    「棒読みです」
    と言われても
    「はあ……すみません」
    としか言えないじゃないですか。

    家に帰って反省しました。

    事実を述べるだけなら演出家はいらないです。
    じゃあ、どうするのか。どうすれば棒読みじゃなくなっていくのかを演出するのが演出家の仕事なわけで、感情に任せて「棒読みです」とか言っている場合ではないのです。

    自戒を込めて、ここへ書き記しておこうと思います。

    そんな稽古真っ最中の『だめな大人』大分公演が近づいてきました。

    10/28(土)29(日)@AT HALLです。
    チケットまだ山ほどあります。
    そりゃそうですね。縁もゆかりもない初めての土地です。
    大分のみなさん、是非、劇場へ来てください。
    本番までにはいいダメ出しをちゃんとやって、きちんと芝居作っていきますので。