RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2010.06
    24
    Category : 日記
    久々の更新ですね。
    ああ・・・忙しいとすぐにいっぱいいっぱいになる。
    『家族耐久』公演からせっかくブログを再開したのに。ブログ名も(ま、適当につけたものではあるけど)せっかく変えたのに。
    どうも続かない。

    ・・・公演終わってから、いろいろ忙しかったんです。個人的なことで。
    ワールドカップもあってるしね。個人的なことに忙殺され、夜はワールドカップを見て。そんな充実?した日々でした。
    違う見方をすると「ダラダラしていた」とも言えますけどね。
    ・・・そうだ。ダラダラしていたのだ。いかんいかん。『春、夜中の暗号』の稽古も本格的にはじまったし、HallBrothersの次回公演も12月で決定したし、きちんと演劇モードにシフトチェンジしなければ。

    それにしても、『春、夜中の暗号』なかなかに奥深い戯曲だなあ。

    人の作品をきちんとした形で演出するのはほば初めてと言っていい経験なんですが、いやあ、いろいろと勉強になりますね。
    役者も素敵な人たちばかりだし、ホント、稽古が楽しい感じです。

    自分で書いて、演出するだけでは気づかなかった「演劇的な何か」にいろいろと気づかされますな。
    知的な意味で楽しい感じ。今まで使ってなかった脳ミソのある部分を刺激されるような。
    こういう機会を与えてくれた人々に感謝ですな。

    ここで経験することを一つ一つ自分の肥やしにしながら、HallBrothersの次回公演もしっかり考えていかないといけないな。
    これまでよりももっと演劇観・世界観・人間観を拡げて、次作に取り掛かりたい・・・と思っております。

    そういえば、まだ若かりしころ・・・25歳くらいの時に、
    「俺はきっと遅咲きだ。35歳くらいになってはじめてすばらしい作品が作れる」
    と根拠もなく思っていたけど(そうやって冴えない自分を慰めていたのかもしれないけど)、33歳になってなんだか本当にそうなりそうな気がしてきた。ただの思い込み(あるいは慰め)かもしれないけど。

    あと2年。
    35歳まであと2年。
    2年で「おお!」というようなすばらしい作品が作れるか。
    がんばろう。
    ともかくがんばろう。

    Comment

    非公開コメント