RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.10
    11


    23:49
    Category : 日記
    先日、文学フリマに行ってきました。
    昨年に引き続きの出店でしたが、残念ながら昨年の方がたくさん売れました。うーん……

    昨年は劇団員の唐島くんにも手伝ってもらって、交代で売り子をやったんですが、これは唐島くんの力が必要だったってことですかね……

    今年は昨年の反省を生かして、なるべく目を引く工夫をしたつもりではいたんですが……



    とはいえ、嬉しいことがあって。
    昨年、たまたま『中央区今泉』の台本を買ってくれて、それでその後に『中央区今泉』のロングラン公演も観に来てくれた方がいたのです。
    「言葉が刺さります」
    と嬉しい感想も言ってくれました。
    (今年も『人間の種類』を買ってくれました)

    こういう出会いは文学フリマに出店していなければなかったはずで、こういうお客さんとたくさん出会っていく方法を考えなければなと改めて思いました。

    そういう点では持っていった次回公演のチラシは全てハケたので、それだけでも出店した甲斐はあります。
    だって文学・本好きがたくさん集まるイベントですからね。演劇に興味を持ってもらえる可能性はスポーツマンの中にチラシを撒くよりもはるかに上がるわけですから。

    福岡で演劇活動を始めて20年以上になりますが、お客さんを集めるというのはどこの団体も課題です。
    まあ、演劇って普通に生きているとなかなか接点のないものですからね。こちらが待っていてもお客さんがたくさんやってきてくれるということはありえない。僕たちがどんどん出ていって、色んな方法で演劇をアピールしなければいけないなと思っています。

    とはいえ、思ったように売れないとヘコみますが……

    来年もまた、今年の反省を生かして出店したいと思います。

    おしまい。