RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2016.01
    01
    Category : 
    あけましておめでとうございます。
    さて……
    昨年は17回しか更新しませんでした。
    というわけで今年は1月1日よりバリバリ更新するぜ!と思っていたら、早速タイミングを逃してしまいました(これは2日に更新しています)……
    「一年の計は元旦にあり」と言いますが、早速けつまずいた気分……
    とはいえ、このままズルズル更新しなければ昨年と一緒なので、頑張ります。
    今年もどうぞよろしくお願いします。
    新年の挨拶、おわり。
    あ、娘、無事に産まれました。
    今日で生後46日、すくすく育っています。
    名前は結局「真奈(まな)」になりました。
    あれこれ迷った挙句、最終的には「真依」「真弥」「真歩」に絞られていて、僕の中ではほぼ「真依」で決定思っていたんですが、産まれ出でた顔を見ると「真依じゃないな……」という気持ちになり、「真奈」が急浮上したのでした。
    最終候補には入っていなかったんですが、字画的には「真依」や「真弥」「真歩」と同じだったので自分の直感を信じることにしました。
    芝居のタイトルや登場人物の役名と同じですね。
    まずは、たくさん候補を挙げて、そこから絞り込み、でもこれだと決めつけずに最後まで柔軟にしておく。
    芝居の場合も実際に書き始めて、だんだんイメージがくっきりしてきてから「これだ」と決まることもありますし、最初に決めつけてしまうとタイトルと内容、役名とキャラクターがちぐはぐになってしまいます。
    あ、そのことで一つ思い出したんですが……
    産まれてくる前に服を買ったんです。淡いピンクの、胸にかわいらしいうさぎのワッペンがついた服。
    奥さんの兄弟には既に子供がたくさんいるので、そのおさがりを山ほどもらっていたんですが「最初に新品を着せてあげたい」なんて親心が発動して思わず買ってしまいました。
    奥さんには
    「産まれた後に買えばいいやん。まだどんなのが似合うかわからんよ。」
    と言われたんですが、その服がまた女の子らしくてかわいらしくて、キュンと来たんですよね。頭の中では娘がその服を着て、愛らしく微笑んでいる絵が見えたりして……
    で、誕生後、家に帰ってきて早速着せてみたら……残念ながら似合いませんでした。
    うちの娘は男の子っぽい雰囲気というか、わりとハッキリした顔なので、淡いピンクが似合わない。濃い赤や白などのおさがりの服たちの方が断然似合っているという悲しいことになってしまいました。
    まあ……そういうものです。
    今後、僕の好みや価値観を押し付けずに子育てしていかなければいけませんね。
    IMG_5961.jpg

    Comment

    非公開コメント