RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2014.09
    18
    Category : 日記
    唐突ですが、僕、ウオシュレットじゃないとダメなんです。
    で、最近は公共トイレもウオシュレットが多くなってきましたが、それでも頭の中にウオシュレットトイレマップを持っていないと行けるトイレがない!と困ったことになります。

    現在の職場である九州ビジュアルアーツ付近(博多駅近く)のウオシュレットマップも当然持っていて、学校に行く前、行きつけのウオシュレットトイレで用を足すのが日課になっています。

    博多駅及び博多駅地下のトイレにもウオシュレットがあるんですが、利用客が多いので埋まっていることが多い。
    なおかつ、携帯の電波が悪いとか、床がタイルとか(僕はタイル床があまり好きではないのです)、あまり好みではない。

    で、学校の近くに僕のお気に入りウオシュレットがあるんですが、昨日行ったら、水が出ませんでした。
    ウオシュレットの水ですね。
    洗うボタンを押しても「ウーン…」と唸るだけで一向に水が出ない。
    何度押しても出ないので、しょうがなく普通に紙のみで拭いて出ました。

    そして今日。
    いつものようにお気に入りのトイレに行きました。
    用を足して「洗う」ボタンを押しても水が出ない。
    そうだったー
    すっかり失念していました。
    いつもの習性で来てしまいましたが、昨日水が出なかったのでした。

    時既に遅し。
    事後です。
    ボタンをいくら押しても、やはり「ウーン」とうなるだけで出てこない。
    「ハア…」とため息をつきながら普通に紙で拭き、ズボンをはきました。
    しかし、ここのトイレが使えなくなると困る…
    前述のように博多駅及びその地下は人が多いし、あまり好みではないのです。
    これから仕事へ行く前、20人近くの若者を相手にする前のほんのひととき、リラックスできるトイレで充電したいではないですか。

    ズボンをはき、便器の方を向いて
    「しっかりしてくれよ、オイ。」
    と「洗う」ボタンを連打していたら、突如水がジャーッと出て、ズボンに(しかも股間付近に)かかってしまいました。

    ……

    …水が出たのを喜ぶべきか、どうなのか。
    濡れた股間を見て、しばし考えました。


    っていうか、急に出るなやー!



    Comment

    非公開コメント