RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.01
    06
    Category : 日記
    警備のバイト中の話。
    休憩所で作業員のおじさんに「兄ちゃん大学生?」と聞かれました。
    以前も書きましたが、僕はどうも若く見られてしまうのです。ニット帽をかぶっていたのもあって、なおさら若く見えたのでしょう。
    ま、あまり若く見られるのも貫禄がないようで嫌なんですけどね。

    「いやいやもう三十代ですよ。」
    とおじさんに伝えると
    「あ、そう!?若く見えるねえ」
    と驚いていました。

    …こういう時、ちょっと嬉しいんですよね。

    いや、まあ…若く見られると貫禄ないようで嫌だなんてカッコつけて書きましたけど…ホントは嬉しいですよ。
    いつまでも若々しく見られたいのは女性だけではないですよね。
    三十代なのに大学生。かなり若く見られてますよ。フフフ…

    と、ご機嫌で休憩時間を過ごしていたところ、休憩所の中がだんだん暑くなってきました。
    作業員さんたちは寒い外で働いてますから、休憩所の中はガンガン暖房をきかせているのです。

    暑い。かなり暑い…
    ニット帽をかぶっているので余計に暑い。
    暑すぎて頭がボーっとしてきました。

    …だったらニット帽脱げはいいじゃんって話ですけど、それはできません。なぜなら薄毛がバレてしまうからです。

    せっかく大学生と間違えられるほど若く見られたのに、薄毛がバレたら台無しじゃないですか。

    …いやいや、おじさん相手にカッコつけてもしょうがないし。

    もちろん、もちろん僕もそう思います。思いますが脱げないのです。ささやかなプライドが邪魔をして脱ぐことを許さないのです。

    おかげで顔はゆでられたように赤くなり、汗もかきました。
    きっとおじさんたちはヘンなやつと思ったことでしょう。
    いいんです、どう思われようともそんなことは関係ないんです。プライドの問題ですから。

    …というかどう思われようとも関係ないんなら薄毛をさらしたっていいじゃんって話ですよね。

    何言ってんだか……

    Comment

    非公開コメント