RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2014.08
    25
    Category : 日記
    今、実家で暮らしています。
    いわゆる二世帯住宅というやつで、二階の三部屋を僕と奥さんが使っているのですが、三部屋のうち一部屋はキッチンがあるので、残りの二部屋が居住空間というわけです。
    一部屋は寝室、そしてもう一部屋がリビング兼書斎。書斎なんて言うとカッコつけた感じになってしまいますけど、要は机があってパソコンがあって、そこで台本を書いているわけですね。
    リビング兼、なので、テレビやDVDもこの部屋にあります。
    当然、奥さんがテレビやDVDを見ていると、うるさくて集中することができません。
    いや、本当に集中すればまわりの雑音なんて聞こえなくなるはずですが・・・僕はそこまでの集中力を有していませんし、自分が書けないのを雑音のせいにして言い訳をするタイプなので、奥さんはテレビを見ることができないのです。
    しかし、うちの奥さんはドラマや映画が大好きです。
    が、僕が台本を書いていると・・・見ることができない。
    そこで、ヘッドフォンをして見ているのです。

    で、先日、台本を書いていました。
    奥さんはヘッドフォンをしてドラマを見ています。
    いつもの光景なのですが、ふと、何だか悪いなあ、という気になりました。
    ちょうど今回の台本が家族とか親戚をテーマにしたものなので、いつもより感傷的になってしまったのかもしれません。
    僕にお金があればこんな不便を掛けないのになあ・・・
    好きなドラマや映画をヘッドフォンをつけて窮屈に見るのではなくて、ホームシアターなんかで見せてあげられるのになあ・・・
    でも、奥さんは文句も言わず、僕がパソコンの前に座ろうとしたらさっとヘッドフォンをつけてくれます。
    何だか感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    キーボードを打つ手を止めて、奥さんを見ました。
    無心にドラマを見ている横顔を見ていると、申し訳なさとあたたかい気持ちでいっぱいになりました。
    僕の視線が伝わったのでしょうか、奥さんがこちらを向きました。
    僕はニッコリと微笑みかけます。奥さんも、ニッコリ・・・とはなりませんでした。
    「なんニヤニヤしようと?はよ書きーよ。こっちは我慢してこれ(ヘッドフォン)つけとっちゃけん。」



    ・・・はい。書きまーす。






    Comment

    非公開コメント