RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2014.04
    04
    Category : 日記
    『かなしいしあわせ』公演三日目終了しました。
    回を重ねるごとに安定感を増していき、一安心。
    僕自身も今日の4ステ、5ステ目はかなり落ち着いてやれたので、よい出来だったのではないでしょうか。
    というわけで、10ステージ中の半分消化、公演後中打ち上げに行ってきました。

    その席で、昔からお世話になっている照明の荒巻さんが表題の「劇団年齢」について語っていたんですが・・・
    荒巻さんいわく、劇団にも年齢があると。メンバーの年齢が若いから劇団年齢も若い、ということではなく、
    おそらくその集団の活気であったり、未来への可能性であったり、柔軟さであったり、というようなことだと思うんですが、
    それで言うとHallBrothersはずっと20代~30代をキープしている印象を受ける、と。

    ありがたいお言葉です。

    まあ、違う身方をすれば、いつまで経っても「羽ばたくか!?羽ばたくか!?」と思わせぶりなだけ、とも言えるかもしれませんが(笑)
    しかし、なんだかもうあとは干からびていくだけだね、みたいな年齢にたとえられるより嬉しいです。

    そういえば、僕の大好きな鴻上尚史さんが何かの本に「旬を続けることはできる」と書いていました。
    それは俳優の旬について書いてあったんですけど、劇団にも言えることだと思うのです。

    変わりつづけながら、しかし、変わらない何かを持ち続けること(こんなことも鴻上さんが言っていましたが)、
    それが大切なのかな、と思います。

    さて、残り5ステージ。
    土・日・月と公演はありますので、是非、ご来場くださいませ。






    Comment

    非公開コメント