RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2013.12
    07
    Category : 日記
    ご飯を食べながらぼんやりテレビを見ていたら、虐待で子供を死なせた疑いで逮捕された両親のニュースが流れていました。
    あれ、何で虐待するんでしょうね?
    というか、虐待で子供を死なせたとか逮捕とか、最近多いと思うんですが、あれも何ででしょうね?
    世も末なのか、単に昔から一定の割合でそういうことは起こっていたんだけど、情報が表に出てこなかっただけなのか。
    どっちなんでしょう?
    昔から一定の割合で起っていたのならば、もう人間の悲しい性と思うしかないわけですが、世も末というか、今、この現代だからこそたくさん起こっているのならば、それはなぜなんでしょうか。
    ということを奥さんに問うたら
    「バカやけんやろ。」
    と一言返されました。

    ・・・まあ、確かにそうですけどね。

    しかし、なぜなんでしょうね。
    いや、まあ・・・わからなくもない・・・というか、僕も若かりし頃、飼い猫をこっぴどく苛めたことがあります。虐待といって差し支えないほどに。
    なので、気持ちはなんとなくわかる。
    当時の僕は、やはり今と変わらずにこの福岡でほそぼそと演劇活動をやっていて、やれどもやれども誰にも相手にされていなかった。
    自分ではもっと評価されていいはずだと思いながらも誰も相手にしてくれず、なんだか自分の理想の姿と現実の姿とのギャップに引き裂かれて悶々としていたように思います。
    そういう時に、飼い猫をこっぴどく苛めていたのです。

    ・・・という僕と同じような心理状態なのだとしたら、虐待する人も誰からも相手にされていないのでしょうか。そして自分はもっと評価されていいはずだと思っているのでしょうか。
    つまり、自尊心が高くて自意識過剰気味なのでしょうか。

    仮に、今、この現代だからこそ虐待がたくさん起こっているとして、さらに仮に昔の(まあ今もですけど)僕と同じようにやたらと自尊心が高く自意識過剰気味な人が虐待をしてしまうのだとしたら、なぜそういう人が増えているんでしょうか。
    ということを奥さんに問うたら
    「知らん。」
    とあっさり返されてしまいました。

    ・・・まあ、そうですよね。
    そういうことがわかれば虐待も減っていくかもしれませんものね。


    虐待してしまう人の心の中に大変興味があります。
    それは前述したように僕も猫を苛めた過去があり、自分の暴力性におののいているからなのかもしれませんし、単に芝居のネタにしたいだけなのかもしれません。
    なぜかはよくわかりませんが、大変興味があります。
    そして今日は興味があるのだということだけを書きたかっただけです。
    何のオチもありません。すみません。
    そして、別に次の芝居で虐待を扱うというわけでもありません。単なる雑文でした。








    Comment

    非公開コメント