RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2013.04
    08
    久しぶりのシリーズ更新です。
    いろいろありました。シリーズはこちら。

    階下に住む迷惑な住人Aとその彼女。
    住民にイチャモンと呼んで差し支えないクレームをつける、激しい痴話ゲンカを真夜中に繰り広げる、
    エントランスにあるオートロック緊急解除ボタン(心臓が縮み上がるほどの激しい音が鳴ります)を押す・・・
    などなど、迷惑行為が絶えない二人であった。


    さて、前回のつづきです。

    ある晩。
    「起きて・・・起きて・・・」
    と奥さんが僕の体を揺すります。
    0時過ぎだったでしょうか。
    僕はその日疲れていて、夕食のあとにうとうとと眠りこんでいたのでした。
    「・・・え?なに?」
    寝ぼけ眼で奥さんを見ると、
    「外。外。」
    と小声でささやきます。
    ぼんやりベランダを見ると、開いている窓からなんだか男の喚いている声が聞こえました。
    「・・・あいつ?」
    Aです。
    うなづく奥さん。一気に目が覚めました。

    立ち上がり、カーテンに身を隠しながら外を見ると、まず数名の警察官の姿が目に入りました。
    そして警察官の後ろで、遠巻きに様子を見守る若い男女数名。
    彼らは一様に上を見て何か言っています。彼らの視線の先には僕らの隣の部屋・202号がありました。
    「こら、危ないけん、降りんね!降りんね!」
    A絡みの通報で、何度も来ていただいた顔なじみの中年警察官が、202の方を見て叫んでいます。
    「こいつが出てこんけんったい。オレは何も悪くなかろうが!」
    と、言い返すAの声がすぐ近くから聞こえます。
    え、まさか202に侵入してるの?と慌ててベランダに出て身を乗り出すと―

    202の階下、102がAの部屋です。
    そして、Aの部屋の前にはフェンスに囲まれた給水タンクがあります。
    なんとAはその上に上っていたのです。

    給水タンクは202に迫る高さまであります。
    Aはその上に立ち、202のベランダは目と鼻の先です。両手をかけてよじ登ろうとすればできる距離。
    しかしAはそうはせずにタンクの上で喚いています。202のベランダに侵入すればさすがに犯罪なのだと
    わかっているのでしょう。

    隣の部屋に視線を移すと、カーテンの隙間で人影が動いています。
    この部屋にはおそらく学生さんだろうと思われる若い女性が住んでいました。
    どうやら、彼女がクレームをつけられているようです。
    「いいけん、降りてこんね、降りてこんね!」
    警察官は必死にAを説得しています。
    「俺はただこいつと話しばしたいだけったい!」
    「話しさせるけん、話しさせるけん、降りてこんね!降りてこんと話しできんめえが!」
    警察官とのやり取りがしばらく続いたあと、おもむろにAは飛び降りました。
    それからしばらく下で話声が聞こえたと思ったら、静かになりました。建物の中に入ったようです。

    と、今度は階段を上がってくる音。
    玄関にまわり、ドアスコープからのぞくと、Aとその彼女の姿が。
    202のドアをガンガン叩き、「出てこい」と喚いています。
    彼女も泥酔した時のハスキー声で、郵便物受け取りの小窓を開け、そこに向かって
    「出てこんか!」
    と鬼ババのように叫んでいます。

    ベランダに移動すると、隣の部屋の女の子もベランダに出てきていて、警察官が
    「絶対開けたらいかんよ。」
    と声をかけていました。

    再び玄関にまわり、ドアスコープを見ると警察官二人がやってきてAと彼女を階下の彼らの部屋へ
    連れていったようでした。

    それを見て、外の警察官の後ろで見守っていた若者の一人(男性)が建物の中へ入り、202へ行きます。
    彼らは心配して駆けつけた友人たちのようです。

    それからしばらくして、手荷物を持った202号の住人と男性が出てきました。
    さすがにこのままいるのは危険だと思ったのでしょう。

    結局、その後彼女を見たのは昼間に一度きり。友人数人とこっそり荷物を取りに来ていた時だけでした。
    僕らが退去する時は、まだ部屋は借りたままの状態だったようですが、生活はしていなかったので、
    じきに出て行ったことだと思います。


    さて、この夜のその後ですが、Aとその彼女は202が出て行ったことであきらめたのか、おとなしくなり、翌朝まで
    騒ぐことはありませんでした。

    どういった事情だったのかは想像するしかありませんが、Aの喚いていた内容から察するに「部屋の中で202が
    うるさくしていた」ことに腹を据えかねたようです。
    僕らは隣ですが、一度もうるさいと思ったことはなかったんですけどね・・・

    「あいつ(202)はマジでキ○ガイよ。」

    とAは警察官に憤懣やるかたないといった感じで訴えていましたが、それはお前じゃないか、と警察官は
    思ったことでしょう。
    もちろん、僕も思いました。


    つづく。





    Comment

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。