RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2010.12
    23
    Category : 日記
    本日はFPAPの戯曲勉強会に行ってきます。
    どんな内容になるか楽しみですが、課題戯曲が岸田國士の『屋上庭園』なのです。
    僕にとってはこれだけでも参加をした価値がありました。

    岸田國士さんは近代的なせりふ劇をはじめて書いたと言われているらしく、演劇界の芥川賞と呼ばれる岸田戯曲賞にもその名を残している立派な方です。

    が…恥ずかしながら、僕は読んだことありませんでした。

    今回勉強会の課題戯曲ですから嫌でも読まなければいけない。
    というわけで初めて読んだんですが…面白いじゃないですか。

    『屋上庭園』の舞台はその名の通りデパートの屋上庭園。登場人物は4人。紳士夫婦と庶民夫婦。今風に言えば勝ち組夫婦と負け組夫婦で、夫同士が古い友人です。
    今はすっかり格差が開いてしまった庶民男と紳士男。
    庶民男は紳士男に対して卑屈な態度を取り続けるが…というようなせりふ劇ですが、旧字体が少々古くさいだけで、現代でも立派に通用する戯曲です。

    岸田國士の作品はいくつか青空文庫で読めたので、他にも手をのばしてみました。

    …いやあ、やっぱりたくさん勉強しなければいけませんね。
    岸田國士に触れることができたというだけでも勉強会に参加してよかった。

    …というか、もっと前から読んどけよって話ですけど。

    やー、勉強しよ。ホント。

    Comment

    非公開コメント