RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2012.07
    12
    Category : 日記
    タイトルの数字ですが、6ステージ中4回ということです。

    先日終了した『永遠の少年』は全6ステージありました。つまり、その中の4回、3分の2は・・・という高確率なわけですが、一体何の話かと言うと・・・

    ちょっと汚い話になりますが、いいですか?
    だめな人はこのあたりで、おいとましましょう。





    で、何が高確率かと言うと・・・便意です。しかも大きい方ですね。



    昔から、本番前には便意をもよおすクセがあります。
    しかも、開場から開演までの30分の間にです。
    緊張してるからでしょうね。人はよく緊張して胃が痛んだりしますが、なぜだか僕は腸が刺激を受けるようです。
    そして、結果便意をもよおしてしまう。

    で、僕は、時間にゆとりがないのが嫌なタイプで、本番前の30分というのはできればゆったりと、何もせずに過ごしたいわけです。
    しかし、そんな時に限って便意をもよおしてしまう。

    さらに、ぽんプラザホールの楽屋階のトイレは一つしかありません。
    他の役者たちだって使いたい。僕一人が独占するわけにはいかないのです。
    そういう状況の中、トイレに入るとむやみに焦ってしまう。
    さらにさらに、一つしかないというのは男女兼用なので、まあ、いろいろ気にしてしまうわけです。においとか。

    こんなストレスフルな状況の中で、用を足さなければいけない。

    これが苦痛なのです。嫌で嫌でしょうがない。しかし、したくなってしまうものもしょうがない。止められませんもの。

    そういうわけで、しました。
    6ステージ中4回です。

    初日と2ステージ目はしませんでした。おそらく、バタバタしていたので、緊張を感じるゆとりもなかったのでしょう。
    ぜんぜんもよおさない便意に安心しながら、楽屋で新人二人「いやー、本番前って必ずうんこ行きたくなるんだよね。アハハ。」と余裕しゃくしゃくで話していました。

    が、落ち着いてきた3ステージ目からやっぱり来ました。

    ああ、嫌だ。もう、嫌だ。

    せめてトイレが二つあれば、ストレスが一つ軽減されるんですが・・・

    あとウォシュレット。
    なぜだかこういう時はキレが悪くなるんです。
    拭いても拭いてもなかなかキレイにならなくて、でも本番の時間も迫っていて、気の小さい僕はカラカラとトイレットペーパーを巻き取りながら、一人イライラしていたりします。
    なので、是非、ウォシュレットがほしい。

    さて、劇団ぎゃ。の公演する大博多ホールのトイレはどうなんでしょう。
    それが一番心配です。
    あと、体が硬いので、和式トイレとか苦痛なんですよね・・・
    「足が痛い・・・痛い!」と思いながらう●こするなんて、苦行以外のなにものでもありません。
    ああ、条件のよいトイレであってほしい。
    というか・・・もっとタフガイな腸になってほしい・・・

    おわり。


    Comment

    非公開コメント