RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012.04
    05
    Category : 日記
    もうすっかり春ですね。
    そして今日は入学式でした。九州安達学園の入学式。
    僕が入学するわけじゃありませんよ。ありがたいことに、今年度もまたビジュアルアーツでの非常勤講師のクチをいただいたので、講師として出席してきたのです。

    いいですねー、春。
    なんか始まりの季節って感じで、心躍りますよねー。

    で、入学式のあと、他の講師の方々とスターバックスにてお茶を飲んできたわけですが・・・

    春らしい陽気だし、喫煙者もいるしで、店内ではなく外の座席に陣取ったわけです。
    で、僕が道路側の座席に腰かけたわけですが、時間が経つにつれてだんだんと日が差してくるんです。
    日光がね、パーッと照らすわけですよ。頭上から。僕を。
    そうなるとね、気になるんですよね。頭が。頭のてっぺんが。
    まあ、なんといいますか・・・薄毛がね、全開になってしまうわけですよ。
    文字通り白日の下にさらされてしまうといいますか。ええ。

    途中から気が気でなくてですね・・・

    僕の向かいでは、池田商会の瀧本君が真剣な顔で講師論を語っているわけですよ。
    僕の右斜めでは、ガラパの川口君が「ですよねえ」とうなづいているわけですよ。
    それでもって僕もまじめな顔で聞いていたんですが、頭の中は「太陽の光に照らされて、僕の頭は今輝いているのではないか」とか「さっきから瀧本君の視線が僕の頭上へとちらちら動いているような気がする」とか「あ、今、川口君が僕の方をちらっと見て半笑いした気がする」とか、疑心暗鬼となり、さりげなくイスを動かして日陰の中に入ろうと努力したりもしたんですが、僕が座っている位置だけしっかり日なたで、もうこれはさらし者ではないかといたたまれない気持ちになったりしたわけです。

    ああ・・・うららかな春の陽気とは正反対に、僕の心は春の嵐なのでした。とさ。

    Comment

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。