RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2012.03
    03
    Category : 日記
    先ほど美容室に行ってきたんですが、レジに置いてあったお客様予約カードに『山口百恵』さんのお名前がありました。

    おっ、と店内を見回して見ましたが、一般的に山口百恵と言えばあの人か!と想像する山口百恵はいませんでした。

    そりゃそうか。

    しかし、有名人と同姓同名というのはどんな気分なんでしょう。
    親はそりゃ、単なるミーハー心とか、考えるのが面倒くさいとか、そんなネガティブな理由だけではなく、いろいろな意味を込めてそういった名前をつけるんでしょうが、しかし迷惑被るのは本人ですよね。

    いや、もちろん
    「えっ、君、山口百恵なの!?」
    と例えば面接の時などに平凡な名前より覚えてもらいやすいなどの利点はあるかもしれませんが、
    「ねえ、プレイバックってやってよ。」
    と妙な芸を求められたり、
    「君、名前負けだよね。」
    と山口百恵であるがゆえに、なんだかハードルを高く設定されてしまうこともあるかもしれません。

    なんにしろ名前一つで好奇の目にさらされてしまうわけで、本人は嫌なんじゃないかと思うわけです。
    まあ、小さい頃から、いわば宿命を背負わされているようなものですから、慣れてしまうのかもしれませんけどね。

    Comment

    非公開コメント