RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2010.12
    17
    Category : 芝居

    写真の彼らは、城南区のキャラクター・油山の妖精ニッコりんとばい菌の王様・ワルもんです。

    彼らが登場し、手洗いの大切さを訴える劇仕立ての「手洗い教室」が本日ありました。

    城南保健所が幼稚園・保育園向けに行っている手洗いキャンペーンで、実は僕らホールブラザーズが劇をやっているのです。僕が脚本を書いたりして。ニッコりん、ワルもんの着ぐるみに入ったりして。
    子供たちの前で劇をやっているのです。

    …しかし、子供というのはホントに純粋なものですね。

    中には「(着ぐるみには)どうせ人が入ってるんやろ?」と大人ばりの寂しい感性の子供もいますが、でも、そんな彼らもニッコりんとワルもんの劇には熱中し、「ニッコりんがんばれー!」と応援してくれたりもします。
    ワルもん登場には本気で怖がって泣いたりしますしね。やっぱり純粋なんですよね。

    そんな子供たちを相手にしていると思わず力が入って汗だくになってしまいます。

    着ぐるみを脱ぎ、タオルで汗を拭く時の爽快感と充実感。
    子供たちの純真な笑顔を見て、こちらまで子供に帰った気にさえなります。

    しかし、薄くなった頭頂部にダイレクトな汗を感じると「でも、もう帰れないんだよなあ」と一抹の寂しさも覚えたりするのでした。


    Comment

    非公開コメント