RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2012.02
    11
    Category : 日記
    昨日の話。
    朝、奥さんが出掛けに
    「魚とご飯食べておいて」
    と言っていました。

    あ、そうだ、冷蔵庫には昨晩の残りの魚があるんだ、味噌漬けなので白ご飯と合うなあ、などぼんやり考えながら味噌汁を温め、魚を温め、冷凍していた白ご飯を解凍し、テレビを見ながら美味しくいただきました。

    夜、帰宅して冷蔵庫を開けた奥さんが
    「は!?食べてないやん!」
    と突如激高しました。
    「え、魚よね?食べたよ。」
    おたおたする僕に、
    「違う。ごはんよ、ごはん!」
    と憤る奥さん。
    「いや、ごはんも食べたけど、」
    「食べてないやん!」
    と奥さんが指差した先にはタッパーに入ったかしわご飯が。

    ……

    そうでした。
    昨晩の残りは魚だけではなく、かしわご飯もでした。
    そしてそれを食べておいてくれと奥さんは言ったのでした。

    僕は魚と聞いた瞬間、
    「味噌漬けだから白ご飯と合うなあ」
    と考え、冷凍庫に白ご飯があるなあと考え、解凍しようと考え、冷凍庫を開け白ご飯を取り出し、続いて冷凍庫を開け魚を取り出しました。
    魚の下の段にはかしわご飯の入ったタッパーがあり、冷凍庫を開ければ魚もかしわご飯も目に入ります。
    しかし、僕は魚しか取り出さなかった。いくらタッパーが目に入っても、僕にタッパーは「見えていなかった」のです。

    魚+白ご飯=最高、という風に思い込んでいる僕には白ご飯しか見えていない。
    そう、人間は自分が見たいものしか見ていないんです。


    …いやあ、面白いですよね。たとえそこにあっても、人は見ようと思わなければ認識しないんです。

    ということを意気揚々と語って聞かせたんですが、奥さんは一言
    「(かしわご飯が)残ってしまって、あたしはちっとも面白くないけどね。」





    …すいませんでした!

    Comment

    非公開コメント