RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回は

    HANARO project vol.4『セレモニー』演出 6/30~7/2

    劇団HallBrothers公演は10月ごろ

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.12
    21
    Category : 日記
    人生で二度目です。運転免許を失ってしまいました。
    一度目は19歳の時。
    初めて免許を取った一年間は初心者期間ということで、持っている点数が少ないんですよね。
    その時にたくさん違反をして、免許が取り消しになってしまいました。
    そして今回、二度目は34歳の時。
    うっかり更新を忘れていて、有効期限が切れてしまいました。

    ・・・ああ!なんてことだ!もう一度自動車学校に通わなければいけないのか!?
    慌ててネット調べてみると、6カ月以内であれば、学科・技能試験とも免除で発行してもらえるそうです。
    つまり、運転免許センターに行って、手続きをするとすぐに免許がもらえると。

    ・・・いやあ、助かりました。
    しかし、僕のようにうっかりしていて有効期限を過ぎてしまう人ってたくさんいるんでしょうね。
    調べたサイトでは「うっかり失効の場合」とわざわざ書いてありましたし、一応、電話で免許センターに問い合わせたら「うっかりですか?」と聞かれました。
    そして、手続きに行くと、僕と同じうっかり者が8人もいました。
    皆、少し照れながら、それでも、
    「え・・・もしかして、あなたも?」
    「ええ・・・つい、うっかり・・・」
    「そうですか、実は僕もうっかり、」
    「いやあ、私もうっかりしてて。」
    「ですよね。うっかり、しちゃいますよね。」
    「人間ですもの。うっかりしちゃいますよ。」
    「そうそう、うっかりしちゃいますよね・・・ハハ。参りました。」
    「ホント・・・みなさん、うっかり者だなあ。」
    となんだか同志的な雰囲気で意気投合したりして、普通に免許を更新する時よりも人と人の繋がりみたいなものを感じ・・・るわけありません。
    普通の免許更新窓口とは違う窓口で手続きをするので、むしろ、「あなた達はうっかりもの」と辱めを受けているようで、なんとなく気恥ずかしい思いでした。
    手続きの後には、更新時と同じように過去の違反歴などによっていくつかの講習を受けなければいけませんが、うっかり8は青色免許(有効期限が3年)の人たちと同じ講習にも関わらず、その一群とは少し離して座らされ、やはり「君たちはうっかり者だからさ、」と辱めを受けている心持にもなりました。(※注)

    ・・・うっかりしない。絶対に3年後はうっかりするもんか。

    帰りの車中、そう心に誓いながら真新しい免許証を見ていると、やっぱり免許証の写真って人相悪く写ってしまうことに気づいたのでした。
    あれ、なぜでしょうね。





    (※注)実際には、その後の、免許受け取りの際の窓口が違うため、混乱しないよう区別しているだけだと思われます。




    Comment

    非公開コメント