RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011.12
    20
    Category : 鬼嫁日記
       リビング。
       妻はテレビを見ながら洗濯物をたたんでいる。
       夫は妻に背を向けて、パソコンに向かっている。

       妻は洗濯物をたたみながら、何事か夫に話している。
       おそらく、先ほどまで行っていた女子会でのことだろう。
       夫はその妻の言葉に「ああ、」とか「うん」とか相槌を打っている。
       が、相槌を打ってはいるが、意識はパソコンの方へ行っているようだ。
       妻、それに感づいて

    妻  「・・・ねえ、聞いてる?」
    夫  「ああ・・・」
    妻  「・・・ホントに?」
    夫  「うん・・・」
    妻  「あたしが何のこと話してるかわかってる?」
    夫  「わかってるわかってる。」
    妻  「ホントに?」
    夫  「(わずらわしそうに)ホントホント。」
    妻  「・・・・・・」

       妻、イライラしながらふと視線を下げると、夫のカバンのそばにジャージが脱ぎっぱなしにしてあることに
       気づく。

    妻  「・・・ねえ、これ、どうするの?」
    夫  「え?どれ?」
    妻  「これ。」
    夫  「ああ・・・明日使うから。」
    妻  「・・・え?」
    夫  「明日、使うから。そのままにしておいて。」
    妻  「明日、使うの?」
    夫  「使うよ。」
    妻  「ふうん・・・どうやって・・・?」
    夫  「どうって・・・着るよ。」
    妻  「(突如、激昂して)これを!?着るの!?」
    夫  「へ?(と振り返る)」

       妻が手にしているのは、本屋の包み紙だった。
       数日前、夫が購入した本を包んでいた包み紙だ。
       ジャージの近くに、くしゃくしゃに丸められた姿で転がっていた包み紙。
       夫は、後でゴミ箱に捨てようと思いながらとりあえずそこに置いて、数日間その存在を忘れていたのだ。

    妻  「あたしが何のこと話してるかぜんぜんわかってないやん!」

       妻、包み紙を夫に思い切り投げつける。
       包み紙は、困惑した夫の顔に見事に命中した。

       暗転。








    Comment

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。