RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.12
    11
    Category : 日記
    柏レイソル勝ちましたね。すごい試合でした。

    僕は特別サッカー好きというわけではなく、クラブW杯と「ワールド」なんかがつくと「あ、見よう」と盛り上がってしまう単なるミーハー体質です。
    それでも今日の試合は楽しかったですね。

    昼間は昼間でアジア王者アルサッドvsアフリカ代表エスペランスの試合で楽しませてもらいました。
    が…そういう時に限って電話が鳴るんですよね。
    ああ、面倒だなあと思いながら出ると奥さんでした。
    「ごめん、ちょっと頼みがあるんやけどー」

    夜、僕は出かける予定にしていました。
    とあるチラシを作るために、しばしばお世話になっているデザイナーさんに会うためです。
    その旨を奥さんにメールしたら電話がかかってきたのでした。
    「名刺、切らしたけんさ、ついでに作ってもらってきてくれん?」

    以前、うちの劇団員が作ってくれた名刺のデータがあるんですが、僕の家のプリンターはボロイので、どうも綺麗にはプリントアウトできないのです。
    そこで、立派なデザイナーなら立派なプリンターを持っているだろうから、データと紙を持って行ってプリントアウトしてきてもらえと、そう考えたようです。
    「いや、それは図々しいんじゃ…」
    とは言えません。
    「わかりました。」
    と黙って従うのみです。
    「で、名刺用の紙はどこ置いてあるの?」
    電話口の向こうに問います。
    「あー…えーとね、確か、パソコンの後ろの本棚の…」
    うちの奥さんは整理整頓が苦手なので、どこに何があるのかわかりません。
    彼女が言った本棚の一角には大判の封筒やら使いかけの紙やら、ともかくごちゃごちゃとしています。
    「たぶんそこにあるよ。名刺用の紙。じゃよろしく。」
    と電話は切れました。
    …ひっくり返して探すしかないかとげんなりしていると、テレビから大歓声が。
    これは一時も目を離せないぞ。本棚をひっくり返している場合ではないと、驚異的なスピードで目を走らせ、それらしい紙をひっつかみ、鞄に詰め込みました。

    その後、サッカーの試合を堪能し、家を出ます。
    果たしてデザイナーさんは、名刺の件を心よく引き受けてくれました。
    「いや、ホントすいません図々しいお願いなのに。じゃ、これがデータで、この紙に…」
    とUSBメモリと名刺用の紙を渡すと、受け取ったデザイナーさんが一言。
    「…これ、名刺用の紙じゃないよ。」
    「…え?」
    そいつは、宛名用のラベルシールでした。


    …まあ、同じようなビニールの包装ですしね、同じような大きさですしね。

    などという言い訳は、もちろん奥さんには通じませんでした。



    …大体、ああいう時に、頼みごととかしないで!
    いや、ま、僕の勝手な都合なんですけどね…

    Comment

    非公開コメント