RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.12
    08
    Category : 日記
    今朝は早くから出かけなければいけませんでした。
    出先までは奥さんが車で送ってくれるそう。
    そんなわけで、昨晩、今朝何時に起きるかを話し合いました。

    奥さんは都市高速を使えばすぐなので7時に起きれば十分だと言います。
    しかし僕は、以前にも書きましたが、出掛けにばたばたするのが嫌いです。
    ギリギリまで寝るのではなく、ゆとりを持って起き、ゆっくり朝ごはんを食べて、朝のニュースを見て、余裕を持って出かけたい。大体、早く起きれば都市高速を使う必要もないし、少しでも節約しなければ。
    というわけで僕は6時起床を主張しました。
    「どうせ起きれんって。」
    とあきれ顔の奥さん。
    いやいや、起きます。起きますとも。その分早く寝ますとも。
    意地になった僕は、10時半には床につきました。

    が、しかし、最近夜型なのでなかなか寝付けません。
    布団に入ってから1時間半、0時ごろにようやくウトウトし始めたら、奥さんが布団に入ってきました。
    ああ、もう!せっかく眠れそうだったのに!
    イラッとしながら隣を見ると、あっという間に寝息を立て始めた彼女。のび太なみの寝つきのよさ。
    その姿を見ると余計イライラし、すっかり眠気は吹き飛んでしまったので、暗闇の中、携帯をいじりながらインターネットのニュースを見ることに。
    そんなこんなしていたら2時半です。
    ああ、マズイ。このままでは起きれなくなってしまうと、無理やり目を閉じて眠ろうとするが、焦れば焦るほどなかなか眠れない。
    そうこうしていると時計は3時をまわり、4時をまわり・・・ああ、もうこのまま起きてようかなとあきらめた矢先、ウトウトとしはじめました。
    このまま深い眠りに入っていけそうな午前5時、けたたましい音で携帯のアラームが鳴り始めました。
    何事もゆとりを持って行動したい僕。
    目覚ましもゆとりを持って1時間前から数回に渡ってセットしている僕。
    裏目でした。

    慌ててアラームを全て解除し、どうにか眠ろうと試みる。
    邪魔するものは何もない。今度こそ、やっとこさ、深い眠りに落ちていったのでした。

    ・・・そして目を覚ましたのは7時20分。
    まるでゆとりなどない朝。
    ばたばたして出掛け、結局忘れ物もしてしまったのでした。

    ・・・やれやれ。


    Comment

    非公開コメント