RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回は

    HANARO project vol.4『セレモニー』演出 6/30~7/2

    劇団HallBrothers公演は10月ごろ


    20170514_234_60.gif

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.11
    24
    Category : 日記
    地下鉄博多駅のトイレなんですがね・・・

    普通、男子トイレの男子小用トイレというのは、壁に垂直に設置されているわけです。
    おわかりになりますか?女子のみなさん。
    映像や漫画など各種メディアで男性が用を足しているシーンをごらんになることもあるでしょうから、おわかりになりますよね?

    で、もちろん地下鉄博多駅のトイレだって、壁に垂直に設置されてはいるのですが・・・なんというのでしょう、便器の形が「受け口」のようになっているのです。
    「受け口」とは下アゴが上アゴより出ている噛みあわせのことですね。
    で、この「受け口」具合が随分ひどくて、「アイーン(BY志村けん)」をしたくらいに、下アゴ部分が出ているのです。
    真横から見たら、壁から直角三角形がニュッと出ているイメージでしょうか。

    さて、再び各種メディアでごらんになった男性が用を足すシーンをイメージしてほしいんですが、男性は便器にピタリと寄り添うようにして用を足していませんでしたか?

    便器は垂直に設置されています。
    男性ももちろん、便器に対して垂直に立ちます。
    そうして便器にピタリと寄り添うように立つと、男性と便器の隙間はなくなりますので、他者からのぞかれることはありませんよね。

    しかし、地下鉄博多駅のトイレ。
    先ほど述べましたように、真横から見たら、壁から直角三角形がニュッと出ているイメージ。
    そこに男性が寄り添うように立っても、三角形の男性側の、底点から頂点まではナナメのラインになりますので、ホラ!他者から見えてしまうではないですか!
    おわかりになりますか?

    見えないようにするためには、便器におおいかぶさるように、自身の体をナナメにするしかない。
    いや、もちろんそんなことはしませんが。

    ・・・そりゃ、いちいち人のモノなんて見てませんよ。誰も。
    しかし、たまたま目に入ってしまう、なんていう事故も起こるではないですか。
    見られたからどうってこともないですよ。
    しかし、なんでまたこういうオープンな形にしたんですかね。
    「開かれた駅」を目指しているんでしょうか。
    ま、いいや。

    で、今日なんですが、このトイレで用を足したわけです。
    そして用を足す時に・・・普通は、チャックをあけ、そこから・・・を取り出し用を足すわけですが、今日はベルトを外し、ジーンズのボタンを外し、はらりと開いて取り出す必要がありました。

    ・・・ぴったりしたジーンズで、チャックから取り出すと取り出しにくいんですよね。

    体にフィットしているわけですから、当たり前ですが股間あたりもジャストフィットなわけです。
    チャックをあけ、こう、ぐいぐいとこじりながら・・・を取り出すわけですが、まれに、取り出した際にジーンズに半ば押しつぶされているような格好になることがあるわけです。
    その状態で用を足すと、完全に出しきらないままになってしまうことがあるんですよね。奥に残ったままというか。
    それでズボンの中に直すと、今までせき止められていたものが溢れてしまうことがあるんです。
    おわかりになりますでしょうか?

    それを予防するために、ぴったりしたジーンズの時は、ベルトを外し、ボタンを外し、はらりと開いて用を足すようにしているんですが・・・例のトイレだと、男性自身の上あたり、毛がたくさん生えているあたりが(ちなみに、たくさんかどうかは個人差があります)、フルオープンになってしまうんですね。

    ・・・これは困った。

    大人は普通、チャックを開け、器用に・・・を取り出して用を足すわけです。
    そんな大胆にズボンを脱いで、というか開いて用を足すのは子供くらいです。
    しかし僕は、先に述べた理由のため、子供のようにフルオープンにしている。
    普通の便器であれば、ぴたりと寄り添うことでそんな様子も隠してしまえます。
    しかし、この便器は、すべてを明らかにする・・・!

    一体なんなんだ!なぜこんな辱めを受けなければいけないのか!
    しかし、パンツが汚れる可能性と、自身のプライドとどちらを取るかと言われれば、それはもちろん汚したくなかったので、屈辱に耐えながら用を足すことにしました。
    そして終わったあと気づきました。個室に入ればよかったじゃないか、と。

    ・・・・・・。




    ちなみに、最近は自宅トイレが洋式であることがほとんどなので、座って用を足す男性が多いらしいですね。
    洋式で立ってすると、時々狙いが外れてこぼしてしまうことがあります。それを奥さんが嫌がるらしいです。
    僕も座ってする派です。


    Comment

    非公開コメント