RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2010.12
    05
    Category : 芝居
    初日の朝の出来事ですが…

    ぽんプラザホールへ向かうため、地下鉄に乗っていました。
    初日の朝、しかも前日の稽古が順調で、この芝居はイケると確信を持ったこともあり、テンション高い状態です。
    それでメールを打っていたのですが、変換ミスをした瞬間思わず「あっ」と声をあげてしまいました。
    まあ、テンション高めだとそういうことってありますよね。

    隣の人はびっくりしていましたが、そんなことはお構いなしにメールの続きをしたためておりました。

    しかし、なんだか妙な視線を感じる。

    …どうも隣の人がちらちらと携帯をのぞいているようです。

    おそらく、僕の出した「あっ」が異様な空気を醸していたのでしょう。

    まあ、僕も一応演劇人のはしくれですからね。「あっ」が妙にオーバーだったりしたんでしょう。
    しかも、今回の芝居は「あっ」とか「えっ」とか「は?」とかのセリフがキーになってくるので、この何ヶ月「あっ」とかにこだわってきたぶん、余計に切迫感のある「あっ」だったのかもしれません。

    実際に打っていたメールはたわいない内容のものだったんですが、隣の人はきっともっと大変なことが起こっていることを想像しているような気になりぶりでした。

    独り言って気になりますよね。
    しかも妙にテンション高い「あっ」だったら、一体何事かと思ってしまいますよね。実際はたわいないメールを打ってただけですけど。
    当事者と他者には距離があるってことです。
    この距離は面白い。
    そしてこの距離感をモチーフにしたのが今回の芝居です。

    というわけで、結局宣伝かよという話ですが、『まばゆい傷』是非ご来場下さい。まだまだチケットはございますよ。

    web予約は本番6時間前まで受け付けていますから、今日も明日も明後日もまだまだ間に合います。
    是非、観に来て下さいね!

    Comment

    非公開コメント