RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011.04
    11
    Category : 日記
    次回公演のチラシ画像です。

    25o.jpg

    25u.jpg


    そろそろ撒き始める予定です。

    今回、表面は文字だけで作ってみました。まだ実物は手にしていませんが、結構インパクトのある感じになっているのではないでしょうか。
    裏面は・・・なんでしょう、ホールブラザーズらしい感じですね。暗い雰囲気が漂っています。
    宣伝美術さん渾身のチラシです。見かけたら、お手にとってじっくり眺めてみてください。

    タイトルは『65%悲劇』
    チラシの雰囲気からご察しいただけるかと思いますが、どちらかといえば暗くじめじめした人間の気持ちを描いた作品です。
    以下、チラシに載せているイントロダクションですが―

    あたしは横浜で生まれ、横浜で育った―
    といっても、誰もが知っている“あの横浜”ではなくて。
    とある地方にある名前が同じなだけの、つまんない田舎町。

    バイクと喧嘩とセックスにしか興味のない不良たち、
    スーパーマーケットやおばさん臭いブティックで買った野暮ったい洋服着て、
    娯楽なんて無いから商店街の飲み屋に集まっては昨日と同じ話でゲラゲラ笑って。

    テレビや雑誌で見る“あの横浜”はもっと刺激的だった。
    向こうではみんな、華やかで刺激的な生活を送っている。

    「こっちの横浜はニセモノの横浜だ」

    大学進学を機に、あたしは本物の“あの横浜”で暮らし始める。
    あたしは“本物の横浜”で十余年、本当の人生を送った。
    だけど、本物の横浜は唐突にあたしを見捨てたんだ。

    悲劇。

    あたしは生まれ育ったニセモノの横浜に帰るしかなかった―


    ・・・じめじめしてますねー。
    いやー、是非。
    是非、じめじめして、イジイジして、うじうじしている人間たちを、観に来て下さい!


    ・・・ん?あんまり見たいものじゃないですかね?





    -----------------------------------------------------------------


    劇団HallBrothers公演『65%悲劇』

    作・演出 幸田真洋

    □期間
    6月18日(土)~21日(火)

    □場所
    ぽんプラザホール

    □チケット
    前売:1800円 当日:2000円
     ローソンチケット(Lコード:87886)

    □出演
    萩原あや
    吉浦彰彦
    竹崎史識
    長島孝憲
    坂井操
    永倉亜沙美
    本田智香
    幸田真洋

    Comment

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。