fc2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    半径50メートル

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出

    次回活動予定
    2021年12月FPAPプロデュース公演の作・演出。劇団の公演はおそらく来年。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2020.11
    11


    00:05
    Category : 日記
    気づけば2020年も11月。僕、誕生日です。
    久しぶりにブログを見たら2月から更新していませんでした。
    あれから10ヶ月、2020年ももうすぐ終わりですね。
    いやー……怠惰。怠惰もいいとこですね。
    今年はコロナで普通の年とは違うとはいえ、むしろ自粛期間もあったわけだし、おうち時間も増えた分更新できたんじゃないのか、という突っ込みはナシにして、大変な一年でしたね。
    最後に更新した2月ごろはだんだんコロナの影響が日本全国でも広がってきていて、この先どうなるんだ!?みたいな時期でしたが、まさか緊急事態宣言が出て、stay homeなんてことになるとは思ってもいませんでした。
    3月か4月になればコロナなんて収まっているだろう、くらいの甘い考えしか僕はなかったですからね。
    ところがいつになっても収まる気配もなく、僕らも5月に予定していた劇団の公演を中止にしたりしました。
    講師を務める九州ビジュアルアーツもオンライン授業になったりして、身体使って演技するのにオンラインってどうやるんじゃい!なんて戸惑ったりもしました。
    とはいえ、人間慣れるもので。
    オンライン授業もなんとなく慣れてきたし、劇団の稽古も今やオンライン稽古が当たり前になってしまいました。
    ZoomやGoogle meetやMicrosoftのTeamsなんてコロナがなければ触ることもなかっただろうに、今じゃそれなりに使いこなせるようになったりして。
    もちろん、芝居というのは対面でやってナンボなので、オンラインでは全然稽古にならない部分もありますが、オンラインではオンラインなりの稽古スタイルに変えて、数少ない対面稽古を有効に使うように考えれば、(今のところは)コロナ前とそん色ない出来にはなっているのかな、と思います。
    ホント、来年はどうなっているんでしょう。
    マスクを付けて街中を闊歩するのが当たり前になっている現在、マスクを外した学生に「そ、そんな顔をしてたのか!?」と驚くことがないような来年になっているのでしょうか。
    まあ……しばらくは難しいような気もしますが。
    それでも、一時期はクラスターが発生して悪の権化のように言われていた演劇も、少しずつ、劇場での公演が行われるようになってきました。
    演劇にのみならず、ほかの事だって、止めてしまえばそこで止まってしまいますものね。
    人が集うところには常にリスクはあります。
    しかし、芸術やエンタメが果たす役割というのはそれなりに大きいのではないかとも思うのです。
    正確なところはわかりませんが、コロナを機に自殺が増えているというような記事を見たりもしました。
    混迷を深める時代だからこそ、芸術やエンタメが果たす役割は大きい。
    僕らの作品がどれほどの力を持っているのかはわかりませんが、今、やれることは作品を作ることだと、改めて思います。

    というわけで、宣伝です。
    今週末、芝居をします。
    昨年11月の『女の幸せ」以来、1年振りの公演です。

    1年振りか……

    ホントに、この1年、何だったんでしょう。特に2020年の前半。
    ただ、人生の時間を浪費させられたような気もします。

    そんなあなたに、劇団HBallBrothers11月公演『親がバカだから』

    ライブ配信もありますので、ぜひ。

    お待ちしています!