FC2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2020年5月の予定。
    その前に……11/23(土)戯曲ワークショップ(FPAP主催)、2020年3月九州ビジュアルアーツ俳優学科卒業公演『君の背中のナップサック』作・演出。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2019.10
    20


    23:33
    Category : 芝居
    Theme : 演劇・劇団
    Genre : 学問・文化・芸術
    HANARO projectのワークショップがあります。





    HANAROは今年の5月(演出)、昨年(脚本)
    おととし(演出)と僕も参加させてもらった日韓の演劇プロジェクトです。

    最初に参加した時のブログ→
    今年5月、朝鮮通信使まつりでの公演の記事(西日本新聞)→
    昨年のHANAROの記事(J-CASTニュース)→

    福岡と釜山の演劇人が手を取って進めているプロジェクトで、一緒に芝居を作ったりしています。

    今年は一本の公演を行うのではなく、ワークショップという形で韓国の演出家3名をお招きすることになりました。

    五日間のワークショップで、成果発表もあります。短いお芝居を作るということですね。



    で、現在参加者を募集中なわけですが、ぜひぜひ参加してみてほしい。

    初心者、中級者、上級者と三つのコースがありますので、演劇初心者でも安心です。
    また、もう一段レベルアップしたいと考えている演劇経験者にもおすすめです。それぞれのコースを選択していただければ。

    釜山の俳優はとにかく上手い。
    韓国では演劇を学べる大学がたくさんあって、そこで学んだ人が俳優をやっているそうです。体系的に演劇を学んでいるから、基礎がしっかりしている。
    福岡だとほとんどが独学なわけじゃないですか?
    僕も専門学校で教えていたりしますが、ではその演技はどこで学んだというとこれまでの経験(独学)なんですよね。高校演劇部で先輩から教わり、福岡演劇界の先輩から教わり、各種ワークショップを受け……という感じでしょうか。
    学んだことは数多くあるし、すべて自分の糧となり、人に教えても恥ずかしくないものを身につけているという自負はありますが、あれこれ手探りで壁にぶつかりながらやってきたので時間はかかってしまいました。

    に比べて、大学で体系的に学べるのは大きい。もちろん演出家さんと全て大学で学んできた方たちなので、それを学べるのは有意義だと思います。理解もしやすいでしょう。

    ワークショップというのは有象無象なのでこれはあんまり……というものもありますが、これはおすすめです。釜山へ行き、その芝居を肌で感じてきた僕が言うので間違いありません。

    そもそも海外の人と一緒に芝居をするというのが面白いじゃないですか。
    日本と韓国は今、微妙な関係ではありますが、国と国は問題をはらんでいても、いち個人はそんなこと関係ないーということも改めて実感してもらえると思います。

    演劇とは出会いであると最近思います。
    うちの劇団は未経験OKなので、社会人になってから芝居を始めてみたい、という人が数多くやってきます。
    「昔からやってみたかったけど進学先で演劇部がなくて」とか「同じような毎日を変えたくて」とか「ちょっと興味があるから、なんとなく……」とか理由は様々ですが、共通しているのは「今の自分を変えたい」ということです。変化を求めてるから、新たな環境に飛び込むわけですからね。

    ということはつまり「新しい自分と出会いたい」ということ。
    ほら。演劇は出会いなんです。

    役を演じる上でも「自分が知らなかった自分」や「隠したかった自分」「忘れていた自分」など様々な出会いがあります。

    もちろん共演者との出会い、スタッフとの出会い、お客さんとの出会い……様々な出会いが自分を変え、また新しい自分に出会っていきます。
    その中でも異国との出会い、異文化との出会い、これほど大きな出会いはありません。
    そんな出会いが福岡にいながらできてしまう!おお、これはHANARO WEEK~韓流3つのワークショップ~行くしかありませんね!

    ……最後は安いセールスみたいになってしまいましたが、出会いというのはとても大切だと思います。

    でも、演劇を志す人って意外と人見知りで引っ込み思案、保守的な人が多いんですよね。
    (だからこそ、自分を変えたくて飛び込んでくるんでしょうけど)

    絶対刺激になると思うので、どうぞ、えいやっと飛び込んでみてください。

    応募はこちらから→