RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2014.11
    13


    23:59
    Category : 日記
    最近、やたらと子どもが可愛く思えます。
    子どもに限らず、猫とか犬とかオケラとか、小さいものを愛でる心で溢れています。
    小さいものが元気に動いている姿を見ると、好々爺といった感じで目を細め、ニコニコと見つめてしまいます。じいさんじゃないのにね。

    まあ・・・歳をとったということでしょうねえ・・・

    昔は子どもも犬猫も、もちろんオケラだって嫌いでした。
    鬱陶しくてしょうがなくて、近くでウロチョロしていると目障りでしかなかったのです。

    それが今では、もう、デレデレですよ。
    大人らしく、小さきもの、弱きものを愛でる。一応、成熟していっていると言えるのでしょうか・・・。

    さて。
    僕らが稽古場として利用させてもらっている公民館はサークル活動が活発で、たくさんのサークルが利用しています。
    僕らが使う時間帯の前にも、子どもたちが元気にダンスを踊っていたりして、それがまた可愛らしいのです。
    小学生とその少し下くらいの年ごろでしょうか。
    ダンスの時間が終わると廊下に飛び出てきて、元気よく走り回っていますし、うちの劇団員と一緒に紙ひこうきで遊んだりもします。無邪気で大変かわいい。子どもはいいです。ピュアですよね。

    で、昨日。
    ダンスが終わり、子どもたちが出てきました。
    相変わらず元気いっぱいでかわいい。
    あまりにかわいいものだから、なんだか話しかけたくなってしまい、女の子二人に
    「寒いねー」
    とにこやかに声をかけました。
    急に冬が到来したかのように、冷えこんだ日でしたからね。
    女の子二人はあいまいに笑って、そそくさと立ち去りました。
    そして、僕の背中の方でぽそっと一言「キモッ。」


    ・・・・・・


    歳をとったってことは、それだけ見た目もアレですからね。
    おじさんであるということを、もっと自覚しなければいけません。


    子どもは・・・ピュアだなあ・・・残酷、とも言いますけどね。


    ・・・やっぱ嫌いです、子ども。