RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2014.09
    27
    Category : 日記
    今日・明日は劇団HallBrothers公演前恒例の稽古合宿です。
    国立夜須高原青少年自然の家に行き、ひたすら稽古をしてきます。
    合宿の様子は劇団ブログで触れているので、ここでは今日起ったお騒がせなことを書こうと思います。

    夜20時。
    他メンバーより遅れて、劇団員日巻がやって来る予定でした。
    19時過ぎに西鉄筑紫駅へ到着するので、そこまで数名が車で迎えに行き、連れてくる予定だったのですが…

    日巻が財布をなくして大参事

    という連絡がLINEに。

    どうやら、薬院駅で切符を買ったところまでは財布及び、財布を入れたポシェットは確実にあったようなのですが、その後の記憶があやふやだとか。

    薬院駅に連絡するけど、ない。
    もちろん、筑紫駅で探したけど、ない。
    カバンをひっくり返してみるも、ない。

    先ほどまで乗っていた電車はまだ運行中なのですぐに調べることができないと駅員さんに言われ、とりあえずは見つかった時の連絡先を託すしかない。

    そうこうしているうちに20時を回り、じっと待っていてもしょうがないから夜須に行こうということになりました。

    しかし、ポシェットごと無くしているので、その中に入れていたコンタクト溶液ももちろんない。
    近くのドラッグストアに行き、溶液を買って、夜須高原に到着したのは21時ごろ。

    青い顔した日巻が「すいません」と謝ってくるも、まあ、責めるわけにはいかないですから、「いいよいいよ」と適当に流して、稽古を続けていました。

    5分後。
    ジャージに着替えた日巻が、こそこそと近づいてきて、口パクで何か言っています。
    「・・・した」「・・・した」
    一生懸命何かを伝えようとしているのですが、こっちは稽古を集中して見ているのでよくわかりません。
    「わかったわかった」
    と適当に返事をして日巻を追いやりました。

    そのすぐ後、となりの部屋で「わあ」と歓声が上がりました。
    歓声というか、罵声というか、とにかく大きな声が上がりました。
    大きな声を上げていたのは日巻を迎えに行ったメンバーで「何だよ!」みたいなことを言っていたと思います。


    …財布及び、財布を入れたポシェットは鞄の中にあったそうです。


    日巻いわく、カバンの奥の方に「貼りついていた」と。

    もうね…慌てん坊というか、何というか。
    そういうオチじゃないかなと、僕はなんとなく思っていたんですよね。

    日巻ってのは思い込みが強いところがあるというか、ちょっと抜けたところがあるというか、テンパると手がつけられなくなるというか、大体、本番の時もケコミ(舞台装置で、客席から見える部分を隠す板)に足を引っ掛けてバリッと破ってしまうのがこの男ですから。

    とにかく見つかって良かったですが…大騒ぎする前にまずはちゃんと鞄の中を探せと言いたい。

    灯台下暗しとはこのことですね。









    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。