RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2014.09
    25
    Category : 日記
    14時ごろ、遅い昼食を作ろうとした時のこと。
    インターホンが鳴ったので外へ出ると、リフォームの営業マンでした。
    僕が家主ではありませんし(実家ですからね)、早く昼ごはんを作らなければ奥さんが怒り出しそうだったので、「結構です」とお断りしようとしたのですがー

    営業マン、滑舌が悪かったんですよね。

    一生懸命喋っているけど、滑舌が悪い。まあ、一流の営業マンとは言えない感じです。
    でも、そういう人だからこそ何だか可哀想に思えてきて、話しを聞く体制になってしまいました。

    とりあえずある程度聞くだけ聞いて断ればいいか、と思ったんですが…一生懸命なだけに話が長い。
    二階の窓(キッチンのある部屋)からチラチラと奥さんが見ている。
    バラバラする僕。
    ペラペラ喋る営業マン…あ、いや、滑舌悪いので決して「ペラペラ」ではないのですが。

    話の区切りを待って断ろうと思うけれど、なかなかちょうどいいタイミングが来ない。
    結局、営業マンが一通り話し終わるのを待って、「すいません、それじゃあ、」と切り出し、営業マンも「わかりました」と帰ろうとしたんですが、
    「あ、ちなみに…」
    と再び話し出す。滑舌の悪さを再現すると
    「あ、ちだびに…」
    みたいな感じでしょうか。
    「ちだびにじゃねぇよ!」と心の中で苛立ちながらも、「ちだびに」なんて言う、そのいかにも仕事できない雰囲気を醸し出されると聞いてあげなきゃいけない気がしてくる。

    というわけで、また長々と話しを聞き、やっと解放されて二階に戻ると、僕の作る予定だったパスタと、めちゃくちゃ不機嫌な奥さんが出来上がっていました。



    …余計な同情などするものじゃないですね。






    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。