RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2014.08
    18
    Category : 鬼嫁日記
    前回、水を汲みに行った時は警察に違反切符を切られるという憂き目にあった水汲み場ですが、もちろん今日は捕まりませんでした。
    が、しかし、タダでは済ませてくれません。

    うちの奥さんはペットボトルのフタをしっかり締めない、というクセがあります。
    力が弱いせいか、固く締めると開けるのに苦労するそうで、僕からすると驚くべきゆるさでフタを締めているのです。
    それ、締めているというか被せているだけやん!と言いたくなるほどにゆるい。
    あまりにゆるすぎて、鞄の中にペットボトルを横たえているとフタが開いてしまって、水浸しになってしまったこともあるほどです。

    で、今日は奥さんが水を汲んでいました。
    空の1.5ℓペットボトルを蛇口の下にかざす。一杯になったら次のペットボトルと交換。満タンになったペットボトルは、僕が箱(ドラッグストアでミネラルウォーターを箱買いした時のもの。6本入ります)に直す、という段取りです。

    水を汲み終え、車に入れようと6本+上に一本横たえた満杯の箱を持ち上げました。
    5、6歩進み、車まであとわずかというとことで、バリッ!持ち手の部分が裂けました。
    当然、箱は落下します。
    「うわー、やっぱ破れた。持ち手のとこが怪しかったっちゃんねえ・・・」
    長いこと使っているダンボール箱だったので、持ち手の部分がボロボロになっていました。
    と、僕が苦笑いをしていると、
    「こぼれよう!こぼれようって!」
    「え?」
    見ると、上に一本横たえていたペットボトルのフタが落下した衝撃で外れ、ドボドボとこぼれているではないですか。
    「あっ、あっ、あっ、」

    ・・・人間、慌てていると判断を間違えてしまうものですよね。

    持ち手が裂け、箱を地面に落としてしまいましたが、箱の形はしっかりしたままです。
    つまり、6本のペットボトルはきちんと箱に収まったままなわけですよね。
    問題なのは、その上に横たえて置いていたペットボトルのフタが外れて、水がこぼれ出ていることで、ということは問題のこいつを取り除けば、とりあえず大丈夫なわけですが、なぜだか僕はもう一度箱を持ち上げようとしたわけです。

    バリリッ!

    当たり前ですが、持ち手の部分が裂けているわけで、そこを持つと余計に裂けます。
    箱が30センチも浮き上がらないうちに持ち手は裂け、しかも右手の部分が裂けていたので(左手はまだ無事でした)、右に傾き、ちょうどそちらに口が向いていた問題のペットボトルからは、勢いよく水が流れ出します。
    「や、やばいやばいやばい、」

    持ち手がつかめないので、僕はダンボールの側面を抱えて、抱っこするようにして持ち上げました。
    「だけん、こぼれようって!」
    奥さんが怒鳴ります。
    水はどぼどぼと溢れ続けていました。
    なにはともあれ、彼を取り除いてフタを締めればよかったのにね。

    結局、底まで濡れたダンボールは使い物にならなくなり、奥さんに怒られてしまいました。

    ・・・そもそもフタを甘く締めていた奥さんが悪いんじゃないのかな、とも思いましたけど、そんなことはとても言えません。







    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。