RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012.11
    07
    いろいろありました。4のつづき。

    集合住宅の階下に転居してきたクレーマーのAとその彼女。
    彼らのクレームのせいで別の住民が出て行ってしまった・・・

    ある日、22時半頃に帰宅すると、エントランスのすぐ脇にあるAの部屋からドタドタと物音がしました。
    耳をすましてみると、Aが「なんやコラ!」などとわめく声が聞こえます。
    「もしかしてDVなんじゃないの?」と奥さんと眉をひそめながら部屋に帰りました。

    その後、夕食を食べて部屋でくつろいでいると、今度は外からAの叫び声が聞こえてきます。
    どうも、一階エントランスのすぐ外、オートロックのドアの前で騒いでいるようです。

    僕らが住んでいた集合住宅の前にはビルがあり、夜間はその窓ガラスにエントランスが映り込んでいるんですが、Aがオートロックドアを激しく叩き、蹴る姿が確認できました。
    「開けろ!おい、開けろって!開けんや!」
    Aはドアを蹴りながら叫び、インターホンで自分の部屋番号を何度もプッシュしています。しかし、一向にドアは開きません。

    Aが煙草を買いに出かけたスキに、DVをされた彼女が部屋の鍵をしめてAを締め出してしまった―なんてことかな、と奥さんと話していたんですが、夜間なのでAの罵声とドアを蹴る音は近所中に響き渡ります。
    このまま放っておいても迷惑だし、とりあえず警察を呼ぶことにしました。

    10分後、警察官が3名ほど来て、エントランスで騒ぐAをなだめつつ事情を聞きます。
    「オレは何もしとらんって!しとらんって!あいつが悪いっちゃっけん!」
    と喚き続けるA。
    警察官は騒ぐAを押さえながら、どうにか自室に押し込めました。

    しばらくして、警察官が僕らの部屋へやってきます。
    Aが部屋の中でわめき、激しい物音がしていたことを伝え、もしかしてDVなんじゃないかと警察官へ言うと、
    「いやいや、どちらかといえば男がボコボコに殴られているんですよ。」

    Aの彼女は、普段は(不健康な顔はしていますが)穏やかなんですが、実は酔っぱらうと豹変するようで、この日もAがボコボコに殴られ、蹴られ、部屋の外へ締め出されていたようで、単なる痴話げんかでした。それにしては派手な喧嘩でしたが・・・。

    警察官が帰り、しばらくAの部屋はしんとしていました。
    が、数時間後、午前4時ごろから再び喧嘩が始まり、Aの彼女の鬼婆のような叫び声も聞くことができました。
    酒ヤケしたハスキーな声で、「きさま!」とがなっています。
    やはり、Aが殴られ、蹴られ、外へ締め出されていました。

    このケンカ、以後一か月に一回くらいは起るようになり、これが僕ら夫婦とモメる原因になるのでした。

    つづく。


    ※余談ですが、翌日Aの顔を見ると、目のまわりが青くなっていました。
    殴られた後なんでしょうね・・・。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。