RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年1/31~2/3
    @パピオビールーム大練習室
    キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018

    『となりの田中さん』を再々演します!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.04
    18
    Category : 日記
    ちょうど2ヵ月後が初日です。
    6月18日(土)~21日(火) HallBrothers公演『65%悲劇』 atぽんプラザホール。

    本当は2月中に書こうと思っていた脚本。
    それがいつの間にか3月になり、やがて4月になって、そして2ヶ月前。
    ああ!まだ出来ていない!ちょこっとしか出来ていない!

    3月半ばごろ、劇団員の吉浦君が
    「どうせ4月の末くらいになるよ。」
    と言っていました。僕が3月中には書くと息巻いていた頃です。
    「吉浦め。ほえづらかくなよ!」
    と思っていたら、ほえづらかいたのは僕でした。

    当たってしまう!このままでは吉浦の予言が当たってしまう!

    そしてまだ吉浦君の出番はやってきていません。吉浦君が演じる予定のキャラクターがまだ登場していないのです(ということから、ちょこっとってのは本当にちょこっとなんだな、とおわかりですね?)

    が、彼は愚痴一つ言わない。
    ちょこっとだけある脚本の稽古と並行して行っているワークショップの課題に、黙々と取り組んでくれている。
    それはきっと、最初から「どうせ脚本ができるのは4月の末だからさ。」と思っていたからに違いない。

    あああ!ほえづら!ほえづらかきまくっている僕!

    ・・・なかなかね、書けないものですね、脚本。

    以前、土田さんにドラマドクターをやっていただいた時、締め切りを守らないことでものすごく怒られたんですが、咽元過ぎれば何とやら、ですね。あれ以来、締め切りを守っていない!(と誇ることではないんですが・・・)

    そんな自分のダメさを直したかったので、今回は2月中という自分締め切りを作っていたんですが・・・3月になり、4月になり、あああ・・・

    がんばろう!ともかくがんばろう!
    うじうじ、ぐじぐじ、自己嫌悪していたって何も進まない!ともかく書くのだ!と、パソコンを立ち上げ、ワードを開き、タカタカ・・・とキーボードを打ち始めたら、ふと、あれ?あの言葉ってどういう意味だっけ・・・と気になり、電子辞書を探すも手元になく、ええい、もう!とブラウザを立ち上げてネットで検索し、意味がわかったら一安心して、ちょっとニュースでもとニュースサイトを開いたら、エンタメの欄に「氷室恭介がチャリティーライブでBOOWY時代の曲!」という言葉が飛び込んできて、おお、これは!over30歳としては見逃せない!と詳細を見て、ああ、なんだかBOOWYの曲が聞きたくなってきたとitunesを立ち上げ、曲を聞き、なんだか中学時代を思い出したりして、ちょっとセンチメンタルになったりしていると、案の定、結局脚本は進んでいないのでした。あああ!