RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回は

    HANARO project vol.4『セレモニー』演出 6/30~7/2

    劇団HallBrothers公演は10月ごろ

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2013.04
    04
    Category : 劇作のこと
    次回公演『すごい人生』のチラシが届きました。
    これからいろんなところで撒かれると思うので、見かけたら手に取ってご覧下さい。そして本番も是非ご覧下さい。
    6月21日(金)〜24日(月)、ぽんプラザホールです。チケットは劇団ホームページからどうぞ。あ、予約フォームは
    できてるんだっけな?まだでも近日中には整えられると思うので、ちょいちょい覗いてみて下さい。

    さて、そんな『すごい人生』ですが、まだ台本できてません。
    当初の予定では3月中に完成させて、稽古初日には完璧な状態で役者に渡すつもりだったんですが…
    まあ、毎回のことですね。

    全四場構成で、現在、二場の途中くらいです。ページで言うと35ページあたり。そろそろ半分に辿り着くぞというくらい。
    しかし、予定より遅れているにも関わらず、今回の僕の心はいたって静かで落ち着いています。
    何か、やれる気がする。
    なぜって?千里の道も一歩から、継続は力なり、猿も木から落ちる…(あ、これは違った)

    毎日ね、ノルマを決めてコツコツ書いているんです。
    とりあえず5ページ。5ページ書けば、その後どんなに時間があっても書かない。余暇に当てる。

    今までは「ともかく1ページでも進めなければ!」と力んで空回りして思うように進まず焦って、の繰り返しでしたが、
    今回は絶対に5ページしか書かないので、なんだか気がラクです。
    で、ラクになると5ページくらい書けてしまうのですね。
    特に僕の台本は1行以内の短いセリフのやり取りで会話が進んでいくので、結構な行数を稼ぐのですよね。
    そうすると5ページなんてすぐなのです。

    月曜日より5ページのノルマを決めて、今日で4日目。ちゃんと20ページ進みました。
    おおお・・・
    前はやっぱり波があって、進む時は進むけど、進まない時はぜんぜん進まないものでした。
    それが4日で20ページ進むとは。

    やはり継続は大事ですね。
    しかも、無理せずやれる範囲でこつこつ続けるのが大事ですね。
    だから、ブログだって続けるんだい!と、まあ、ずっと以前から言い続けているんですが、これはできてませんね…

    しかし、5ページノルマは是非とも続けていきたい。続けよう。続けるぞ。
    と思ったのでした。


    おしまい。



    2013.01
    16
    Category : 劇作のこと
    うむむ…
    新年から、更新し続けると誓ったこのブログですが、早速滞ってますね…
    いや、いいや。気が向いたら更新しようと何ともだらしない僕ですが、いかがお過ごしですか?

    新年も始まって、1月の中旬を越えてしまいましたね。
    もう新年なんて感じはとうに過ぎ去ってしまって、すっかり日常という感じですよね。
    みなさま、それぞれの仕事や学校や、やるべき事に忙しいことかと思います。

    かくいう僕も、そろそろ次回作にとりかかっていたりして。
    正月太りのこの体型をどうにかしないとなと思いつつ、ああでもない、こうでもないと次作に頭を悩ませているところです。

    で、その次回作の関係で、久々に求人情報誌を見たりしているんですけど…

    いやー、なんだかアルバイト先って昔に比べたら増えた感じがしますねー。

    僕がそういう雑誌にお世話になっていたのは、2003年とか、2004年頃なので、ちょうど10年近く前になるんですが、その頃から比べると(あくまでアルバイトの)選択肢が増えた感じがしますね。

    それだけ非正規雇用を求めている企業が(それはいいことなのか悪いことなのかは別にして)増えているということなんでしょうが。

    あと、介護関係の求人が増えている印象を受けました。
    これも時代の流れですかね。

    それから「ワークライフバランス」なんコピーをどどーんと打ち出しているところがあったりして。
    なんだか体のいい言葉を使って、結局は体のいいように使いたいだけんじゃないのと思ってしまうところもあったり。

    いや、面白いですね。

    参考資料として目を通しているんですが、時代の変化を感じられて、実に面白い。
    そもそも、あの頃は有料だったものが(ぼちぼちフリーペーパーも出回っていましたが)、今は全部フリーですからね。
    そういうところからも、構造ががらっと変化しているんだな、と感じます。

    というわけで、次回作は労働に関するお話です。

    あ、いやいや、労働とかいうとすごく大きな問題になってしまうので、そうじゃありません、間違えました。

    普通に、そのあたりでバイトだか正社員だかで働く人々の話を書きたいと思っています。

    私の人生、このままで終わるまいぞ。と思いながらも、でもこのままかもしれない。しかし、このままでは何だかサエないじゃないか。かといって、どうすればいいよ…と、悶々と葛藤している人々の話を書ければいいなと考えています。

    僕は平凡な日常の中で生きる、名もない人々の一瞬の輝きや闇、切なさ、悲しさ、やるせなさなどを書きたいと思っています。
    次回は、そんな芝居を書くぞと、あれこれ模索中です。
    どうぞ、お楽しみに。
    また、詳細決まってきたら、ここでも発表していくので、ちょくちょく覗いてみてください。
    では~。



    2012.11
    03
    Category : 劇作のこと
    先日、12月公演『ちょうどいいサイズ』のお知らせをしましたが、現在、鋭意執筆中です。
    台本というのは、うまく波に乗れるとぐいぐい進むもので、一昨日は30ページくらい進みました。



    ・・・いや、30は言い過ぎました。20、いや、15くらいかな。



    とにかく!たくさん進みました。
    30ページと15ページじゃ随分違うじゃないかという感じですが、まあ、進んだのです。
    進んだんだ、という手ごたえを持つこと、自信を持つことが大事なのですから、実質何ページ進んだかはどうだっていいのです。
    ・・・なんて、言い訳ですね。
    まあ、いいや。

    ※ ※ ※ ※ ※

    なぜ波に乗れたのかというと、生活が落ち着いてきたり、立てこんでいた用事が片付いて静かに机に向かう時間が増えたりと、様々な要因があると思うのですが、一番大きなものは時期が来た、ということだと思います。

    こういうこと書こう、ああいうこと書こう、とあれこれ考えて、いろいろ調べて、設計図を作って、また考え直して・・・ということを繰り返していくうちに、コップに水がいっぱいにたまって溢れるように、お芝居の素がどばどば溢れだしたのです。
    ちょうどその時期であった、と。

    ですから、考える時間、調べる時間が少ないとコップに水はたまりにくいですから、溢れだす時期も遅くなります。
    つまり、僕が台本を上げるのが遅いのはそれらの時間、いわゆる仕込みの時間が少ないから、もっと端的に言えばその時間をサボッているからなんですね。

    ・・・おおう。前からうすうすはわかっていましたが、こう文字にすると逃げ場がないですね。

    や、でも本当にそういうことで、書けないってことは書くに足るほどのことを考えてなかったり調べてなかったりするんですよね。だから書けない。単なる努力不足なわけです。
    ダメですよね。そういうのは。ダメだ。そんなものを人前にさらすなんてほんと、ダメだ。

    と、自戒の意味で、ここへ書き記しておきました。



    2012.10
    30
    Category : 劇作のこと
    長いこと苦しんでいた台本執筆が、今日はするっと行きました。
    簡潔に言うとうまく乗れたというか。

    あまりまじめに考えすぎると、まじめさに縛られて精神が躍動してくれません。
    しかしいい加減すぎると、気分が落ちた時にどこへも行けなくなってしまいます。道しるべがないから。

    まじめにこつこつと道しるべ(地図)を作りながら、しかしそれに縛られ過ぎることなく、時には寄り道したりのんびり景色を眺めたり遊んだりしながら、進む。

    台本を書く作業は大変だなといつも思います。
    しかしそれは台本に限ったことではなくて、何の仕事でもそうですよね。
    まじめさとふまじめさのバランス。そこをうまくとっていくことが大事だな、と。
    精神をうまく躍動させること、手綱を握ることが大切だと改めて思ったのでした。
    おわり。



    2011.02
    01
    Category : 劇作のこと
    1月もあっという間に終わり、今日から2月ですね。
    〈2月は逃げる〉というし、気を引き締めておかないと今月もあれよあれよという間に終わってしまいそうです。
    なんといっても今月は脚本を書いてしまわなければいけません、わたくし。次回6月公演の脚本です。
    以前も少し触れましたが〈横浜〉を舞台にした話にしようかなあと思っています。
    なぜ横浜?と思った方は12月あたりのエントリを見ていただければわかるはずです。

    そういうわけで横浜です。

    しかし別に横浜じゃなくてもいいかなあと気が変わってもきています。まだどうなるかわかりません。
    というくらい、まだ固まっていないのです。本当に今月中に上がるのか。いや、上げなければ。
    次はちょっと…エロちっくな感じにしたいなあ…まあ、まだどうなるかわかりませんけどね。

    さて、しっかり書かなければ。1月はたくさんインプットしたし…ああ、そうです、1月は映画(DVD)20本、本20冊の目標でしたが…結局映画は27本(見たぞ!)、本は5冊でした(読めてない!)
    2月はたくさん本を読まなければいけないですね。本読まないとただでさえバカなのに余計バカになってしまう…