RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回は

    HANARO project vol.4『セレモニー』演出 6/30~7/2

    劇団HallBrothers公演は10月ごろ

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.01
    02
    Category : 鬼嫁日記
    昨年はさっぱり更新しなかったので今年こそと意気込んでいたんですが、早くも元旦を逃してしまいました…
    まあ、ボチボチ、気が向いた時に更新していきましょう。

    さて。

    年の始めというのはこのブログも然り、心新たになる・するタイミングですよね。

    いつも僕にガミガミ言う奥さんも例に漏れず、今年は自重しようとしているようです。

    先ほど、テレビを見ている奥さんの隣で歯磨きをしていると
    「力強すぎん?」
    と眉をひそめられました。

    奥さんいわく、僕の歯を磨く力が強すぎて歯ブラシをぐいぐい押し付けているため、毛先がすぐに開いてダメになる、と。歯ブラシ代ももったいないし、そもそもそんな磨き方をしていてはちゃんと磨けていない、と。

    僕は自分では気づいていなかったので「ごめん。気をつける」というつもりでチラリと奥さんの方を見ました。歯磨き中で声出せませんから。
    そうすると、
    「あ、ごめんごめん。そんないちいち言われたくないよね。面倒くさいよね。」
    と奥さん。

    「面倒くさい女って思われたくないけん、もう言わん。ごめん謝る。」

    年の始め、心新たに夫への接し方を変えようとしているのでしょう、それは僕としても大変助かるので、うんうんとうなづきました。歯磨き中で声出せませんから。

    しかし奥さん、
    「ごめん、もう言わんけん。ごめん。好きなようにしていいよ。」
    と続けてきます。

    うんうん。

    ゴシゴシ歯を磨きながら首を縦に振り、
    「もうその話はいいよ」
    というサインのつもりでテレビへ視線を送りました。

    「ねえ、ごめん、もう言われけん、面倒くさいって思わんで。」
    と尚も奥さん。
    「(ゴシゴシ…)」
    「ねえ、ごめんって。」
    「(ゴシゴシ…)」
    「ごめんって。もう言わんけん。」
    「(ゴシゴシ…)」
    「だけんもう言わんって言いようやん!!人が謝りようのに、何、その態度!?」




    いや、あの…歯磨き中で声出せないんですよね



    っていうか、そこで怒ったら本末転倒だと思いますしね…




    というわけで、2017年も例年と変わらずスタートしました。
    今年も良い年になるといいなあ…


    2016.08
    07
    Category : 鬼嫁日記
    うちは奥さんも僕もスマホに対してオープンなんです。
    人によっては自分のスマホはたとえ夫婦でも絶対に見せたくない、触らせたくないと思うかもしれませんが、うちはあんまり気にしてないんですね。

    で、さっきのこと。
    奥さんが僕に説明したいことを検索して、スマホごと渡してくれたわけです。
    僕はそれを見て納得。スマホを返そうとしたんですが、まあ、なんていうんでしょう、いつものくせで開いている画面を閉じ、検索窓に残っている検索ワードもご丁寧に消したわけですね。
    次、検索する時に前のワードが残っているとそいつを消してから入力を始めなきゃいけないじゃないですか。僕はそれが嫌で検索終えるときにいちいち消すようにしているんです。
    で、検索窓の右端の×を押して、たった今検索しているワードを消去すると、その前に検索していた履歴が出るんですけど

    白 車 塗装はげたこすった

    という文字。

    ……うちの車は白です。
    そして日中は奥さんが車を使っていた。

    どこかでガリッとやってしまったんでしょう。
    まあ、でも、普通に帰ってきて普通に夕食をいただいていたので、大した傷ではないはずです。

    ので、「あ、やったな」とピンと来ましたが、怒ることも動揺することもありません。
    僕も以前、ガリっとやりましたし、まあ、おあいこだな、笑って済ませようと笑顔で

    「なんか、白 車、」

    と口にしたら奥さんの目が座りました。

    「……ちょっと、なんで勝手に見ようと?」
    「あ、いや、その、消したら履歴が出て、」
    「いやいやいや、何で消すと?そのまま返してくれたらいいやん。」
    「いや、親切で、」
    「あたしだってちゃんと謝ろうと思いよったと。なんて謝ろうか考えよったとよ。それ全部ムダやん。こういうバレ方が一番すかん。」
    「え、あ、ごめん、」
    「ホント、すかん。」
    「ごめん……」

    なぜだか僕が謝ることになってしまいましたが、結局、奥さんは謝りませんでした。





    ……それ逆やん!






    2014.09
    24
    Category : 鬼嫁日記
    うちの奥さんの鬼嫁ぶりはこのブログでもたびたび触れていますが、朝、急いでいる時というのが本当に恐い。

    ・朝に弱く、起きた瞬間から不機嫌である
    ・時間にルー○で、ギリギリになって用意を始め、焦り、更に不機嫌になる
    ・その割にはメイクも歯磨きもきっちりこなそうとするから余計に時間がなくなり、もっと不機嫌になる

    と、いろいろな条件が重なってとにかく不機嫌なのです。

    で、今朝。

    奥さんがバタバタと用意をしているのを横目に、僕は部屋でインターネットを見ながら歯磨きをしていました。
    そして、そろそろ口をゆすごうと立ち上がると…ちょうど洗面台に奥さんが立っていたのです。

    ドライヤーで髪をセットしているようでした。

    口をゆすぐ間だけでも、ちょっとだけどいてくれないかなーと待っていると、突如、振り返って一言、
    「あたしの邪魔したいと?」

    …こえーっ!

    もう、ホントにね、鬼の形相とはこのことかと言わんばかりの恐ろしい顔。不機嫌オーラ出まくりです。
    慌てて一階の両親が使っている洗面台に行って、口をゆすいだのでした。


    …でも、よく考えると僕、待ってただけなんですけどね。
    割って入ったわけでもないし、なんなら「いくらでも待つよ」とのんびりオーラを出してさえいたような気がするんですが…八つ当たりか…

    フゥ…









    2014.09
    11
    Category : 鬼嫁日記
    奥さんと待ち合わせをしたら、大体、遅れてきます。
    彼女なりにいろいろ理由があるようですが、そういうのを一言で言うと時間にルーズということではないのかな、と思うのですが、はっきり言うと怒られるので黙っています。

    で、今日、17時半に待ち合わせをしていました。
    時間に遅れたくない用事だったので、
    「遅れんでよ。」
    としつこいくらいに念を押しておきました。

    17時過ぎ。
    奥さんから電話がかかってきました。
    電車に乗っていないと間に合わない時間です。
    「ごめん、携帯忘れたけん家に取り帰ったりしよったら、電車逃してしまった」

    …いつものことです。
    いつものことですが、
    「もう…言ったやん、遅れんように、って。」
    と思わず毒づいてしまいました。
    これがいけなかった。

    「だけん携帯忘れたけんって言いようやん!しょうがないやろ!?なのにグチグチ言ってから、どんだけ器小さいん!?」

    …逆襲にあってしまいました。

    もっと寛容な心でいなければいけませんね。



    2014.09
    09
    Category : 鬼嫁日記
    うちの奥さん、助手席に乗る時はいつも足元に荷物を置くんですけど、僕がサイドミラーを見たいタイミングで荷物に手を伸ばすんです。
    足元にある荷物に手を伸ばし、前かがみになるわけですね。結果、見事にサイドミラーを塞ぐような形になる。
    左折しようとするたびに、です。
    車線変更しようとするたびに、です。
    僕の視界を邪魔するように荷物へ手を伸ばす。
    あんまりにもタイミングよく手を伸ばすので、思わず
    「わざとやってない?」
    と聞きました。
    「そんな危ないことするわけないやん」
    奥さんはムッとします。
    「いや、でもさ、いつもタイミングよく手を伸ばすんよね…」
    今まで困っていたこと、でもあんまり言ってもかわいそうだから黙っていたこと、しかしあまりにタイミング良すぎるので堪り兼ねて言ったことを切々と伝えました。

    そして今日。
    左折しようとしたら、タイミングよく奥さんが荷物に手を伸ばしました。
    「あ、ほら、またー。」
    僕が冗談めかして言うと、
    「わざとたい!」
    と奥さんの鋭い声が。
    「細かいことをネチネチ言うけん、わざとやってやったったい!」

    …いや、ね、危ないから。