RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月末。
    劇団初の県外公演です!

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2017.05
    31
    Category : 芝居
    来月、韓国・釜山に行きます。
    HANARO projectというものがありまして、演劇を通じて日韓交流をやっている企画なんですが、今年の演出家に選んでいただきました。
    一本の芝居を韓国の方と一緒に作り、釜山と福岡で公演します。
    最初の幕が釜山チーム、次の幕が福岡チーム、そして最後の幕は両者で一緒に創る、という構成で結婚式を舞台にした作品です。
    現在、福岡チームは担当パートをコツコツ稽古しており、6月9日に釜山入り。それから数日釜山チームと一緒に稽古して最終幕を作り、まずは釜山で上演という流れなのです。

    5月ももう終わり。釜山行き、近づいてきました。
    人生初の海外です。
    初の海外が演劇で。なんて幸せなんでしょうか。

    そういえば、結婚してすぐに奥さんとパスポートを作ったんです。
    「釜山だったら東京行くより近いし安いし、来年行こうよ!」
    その頃は希望に溢れていました。
    しかし、甲斐性のない僕なので結局海を渡ることのないまま5年が過ぎ、パスポートの有効期限が切れていたのでした。

    ……もったいねー!

    なので、今回、新たに取りました。
    今回こそは真っ白なまま有効期限が切れることはなさそうです。すぐ使いますしね!来月ですしね!

    うおー、海外!海外ですよー!

    なにせ人生初なのではしゃいでいます。
    いや、芝居をしに行くのではしゃいでばかりはいられないんですが、まあ、でも福岡チームは順調に出来上がっているので、そう心配することもありません。
    なので、余計はしゃいでしまうんですねー。いやー!

    ……気を引き締めましょう。

    僕は浮かれると大抵失敗する傾向にあるので、気をつけなければいけません。

    というわけで、来月10日前後韓国へ行ってまいります。

    その後、帰福して福岡公演です。
    6/30(金)~7/2(日)@あじびホール。

    韓国の方が書いた『セレモニー』という戯曲で、新郎・韓国人、新婦・日本人の結婚式当日を描いたドタバタコメディです。
    面白い作品ですし、最後は「一つになるっていいな」と温かく、初々しい気持ちになれる作品です。
    是非、福岡公演ご来場ください。
    お待ちしています!



    スポンサーサイト
    2017.05
    24
    Category : 芝居
    前回更新より22日も経ってしまいました。
    その間に『人間の種類』は終了し、次、HANARO projectの稽古も始まりました。
    九州ビジュアルアーツの演劇公演もあるし、芝居が立て込んでいます。
    ということはたくさん宣伝することがあるので、このブログもマメに更新しなければいけません。
    よし、更新しよう。
    そんなわけで、今日は演劇人らしく演技についての話を。

    先日、縁あって演劇ユニットそめごころの稽古場へお邪魔してきました。
    最新作『ちずとあゆむ』の稽古で、作品自体も興味深かったんですが、何より役者さんの演技が良かったのでそのことを。

    そめごころの役者・田島宏人さんが雨に打たれるシーンがあるんですが、演劇なのでもちろんリアルな雨が降るわけではありません。
    でも、僕にはしっかり雨が見えました。その時に「ああ、上手だな」と思ったのです。
    雨の効果音は流れていましたので、雨が降っている状況なのだと想像はできます。
    しかし、なかなか雨が見えるということはないんですね。
    けれど田島さんには降りしきる雨が見えました。
    何が良かったのか?
    肩です。
    肩が緊張してちょっと上がっていたんですね。

    雨に打たれる時のことを想像してみてください。
    冷たい。寒い。時には痛く感じることもあるかもしれません。
    そういう時、身体ってどうなるでしょう?
    きっと耐えようとしてきゅっと力が入る(=緊張する)はずなんです。
    これができていると肩に打ちつける雨が見える。
    上手な役者さんというのは、こうやってきちんと身体で反応している。
    演技というと若い人ほど「まずセリフ」と思いがちなんですが、身体を考えること、身体で反応することが大切だと僕は思っています。
    身体が嘘だと演技も嘘っぽいものになってしまうんです。そりゃそうですね。生きているというのは身体あってのことですから。ここを忘れてしまってはリアルなものにはなりません。

    田島さん、いい役者さんです。

    作品も若い人ほど見て欲しいものでした。
    作・演出の石田聖也君は会ってお話しするたびに(いい意味で)ヘンな人だなと思うんですが、作品もその通りです。
    こんな表現方法もあるんだ!という発見がたくさんあると思うので、若い人ほど是非。
    内容も響くものじゃないかなと思います。
    5/30~6/2まで甘棠館show劇場で公演です。
    やっぱり演劇も人生も幅が必要ですね。幅を拡げたい人へおすすめです。




    2017.05
    02
    Category : 芝居
    久しぶりの更新です。
    今年は張り切って更新するぞと書いたのが1月2日。
    それから何ヶ月ですか。もう初夏ですよ。ちっとも更新してないやーん。

    さ、実に4ヶ月ぶりの更新です。
    4ヶ月色々ありました。芝居だけでも既に3本も本番を終えてしまいました。
    ………ホント毎回思うんですけど、このブログって少なくとも芝居を観に来てもらうためにやってるんですよね。だったらそこで更新しないと意味ないやーんって話ですよね。
    そうです、そうなんです、この4ヶ月、3本の芝居で無駄にしてきました。だから4本目の今度こそは無駄にするまいぞと重い腰を上げたのでした。
    というわけで、宣伝です。
    5月5日(もうすぐですね!)から5月8日までぽんプラザホールにて『人間の種類』という芝居をやります!



    劇団HallBrothers公演『人間の種類』

    あらすじ

    フリーターのルナは倉庫内ピッキング作業のアルバイトをしている。
    贅沢はできないが最低限稼げているし、それなりに満足して暮らしていた。
    が、バイト仲間の放った一言で心にさざ波が立つ。
      
    「世の中には2種類の人間しかいない。勝つ人間と負ける人間。」

    それなりに名の通った大学に通う彼は、勝つ側だと余裕しゃくしゃくだ。
    だが高卒でサエない自分は?家だって裕福ではないし、友達も似たりよったり。
    出会う男もチャラくて自分勝手なクソばかりだ。

    あたしが生きている世界は負ける側……?

    このままではいけない―
    焦るルナは自らを変えようともがき始めるが……

    という感じのお話です。
    現在、稽古もラストスパート、通し稽古を積み重ねて精度を上げています。
    悪くないです。
    悪くないと思います。
    ただ、今回、見せ方をいつもと違ってちょっと工夫しているので、それがどう見えるのか、たくさんの方に観てもらって感想をいただきたいです。

    というわけで、是非、ご来場ください!



    2014.12
    12
    Category : 芝居
    劇団HallBrothers15周年記念公演ラッシュ④冬・第6回ぽんプラザホールロングランシアター『となりの田中さん』、昨日より開幕しました。
    これから約2週間で13ステージの公演を行います。
    是非、ぽんプラザホールへお越し下さい。
    いい作品だと思いますよ!

    さて、この作品の中には大変厄介な男が出てくるんですが、彼にはモデルがあって、僕の実体験を元にしました。

    左下のカテゴリーのところに「いろいろありました。」というシリーズがあるんですが、ここに彼との苦闘の歴史が記されています(笑)

    『となりの田中さん』をご覧になった方も、これからご覧になる方も、読んでいただけると「ああ、これがああらなったのね」と二度お楽しみできるかもしれません。


    これから2週間、昨日よりも今日、今日よりも明日と完成度を上げていけるように頑張ります。
    23日(火・祝)までやっていますので、是非!

    2014.11
    17
    Category : 芝居
    昨日、劇団員数名で置きチラシを撒いてきました。
    置きチラシとはその名の通り、飲食店などに置いてもらうためのチラシで、僕たちHallBrothersではポストカードサイズのものを作っております。
    それを天神・博多のお店をまわり、お願いしていくわけですが、意外とどこのお店も快く引き受けてくれるんですよね。ありがたい!
    それでどのくらいのお客さんが劇場まで来てくれるようになるかは、まあ、わからないですけれど、とにかくこんな劇団が存在するのだ、ということを世の中に向けてアピールしていかなければいけません。
    知らない人に情報を届けていくことって難しいですよね。
    この高度情報化社会の現在、インターネットを開けばたいていの情報は簡単にアクセスできるのに、届いてほしい人にはなかなか届かない。
    そうなんです。インターネットというのは検索しなければ情報にアクセスできないわけで、僕らが情報を届けたいと思う演劇など知らない人たちには、なかなか届けようがないのです。
    と考えると、やっぱり地道に足を使っていくしかないのかなーと思います。
    そんなわけで、昨日を含め三日に分けて数十店舗に置きチラシをお願いしてきました。
    一人でも多くの方の目に止まれば嬉しいですけど。
    今回、ロングラン公演でとにかくたくさんの人を動員しなければいけないので、色々な試みをやっているわけですが、でも、こういう事ってもっと前からやっておくべきだったなと反省してもいます。
    手間と労力の割に効果のほどは未知数ですが、しかし、僕らの側がもっと知ってもらうための努力はするべきであったな、と。
    そんなことを考えるいい機会にもなりました。

    さて、12月11日~23日『となりの田中さん』
    なにせ長いので、チケットはまだまだたくさんあります。
    師走のお忙しい時期でしょうが、是非、観に来て下さいね!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。