fc2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    半径50メートル

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出

    次回活動予定
    2021年12月FPAPプロデュース公演の作・演出。劇団の公演はおそらく来年。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2021.09
    18


    04:09
    Category : 日記
    約一週間ぶりの更新です。
    7月のあのやる気はどこ行った?って感じですが、まあ、そんなもんですね。

    で、表題の通りワクチン二回目ナメていた、という話ですが。

    いやー、なかなかしんどかったですねー。

    これを書いているのは9月18日の深夜3時ごろ。
    さっき目が覚めて、ウソのように身体が軽くなったので、ブログでも更新するかと気持ちも軽やかになっていたんですが、昨日は一日、死んでいました。
    死んでいましたとか書くと大げさですが、風邪で高熱が出た時のあの感じ。あれが一日、続いていました。
    僕の場合は最高で38.6度。もっと、ねえ、39度とかなんなら40度とか出る人もいるみたいなので、38度台でなに情けないことを言っとるんじゃ!という感じですが、普段、熱出たりしないので。なので、堪えましたねえ……

    ワクチン2回目は9月16日木曜日の14時半ごろに打ちました。
    打ったばかりはこんな余裕なツイートしてられるくらいなんともなかったんですが。





    夜、日付が変わって17日の深夜1時ごろから、じんわり注射を打ったところの周辺が痛み出しました。
    お、そろそろ来るか?とこの時もまだ余裕です。
    打って二日目に副反応が出る人が一番多い、ということも説明を受けていたので、心構えはありました。
    2時ごろ、痛みが増していきます。ごろんと寝転がって、スマホを持ち上げようとすると「あいてててて……」という感じで腕を上げにくいような状態。「いたいいたいいたい!絶対、無理!」というほど痛いわけではありません。じんわり痛い。
    3時ごろ、体温はまだ36.9度でしたが、そろそろ熱が出てきそうな気配がしました。悪寒ってやつですね。
    そして4時になって37.3度の発熱。

    ……っていうか、寝れてないんですよね。

    いつも24時前とか、遅くとも1時前には寝るんですが。
    この日はベッドに入っても全然眠くならない。まあ、いつか眠くなるかとごろごろしていて4時ですよ。
    やっぱり身体がいつもと違う状態だったんでしょうね。

    5時前になって悪寒がひどくなってきました。熱はまだ37.4度。
    一晩中起きていて(というか寝れなくて)お腹がすいてきたので、にゅうめんを食べました。
    食べたら悪寒が収まった気がして、お腹がすいてただけかよーとか思っていたら、5時半、37.9度。そして6時台には38.3度でいよいよ上がってきたので解熱剤を飲みました。
    普段熱を出さない僕はもうこの時点でしんどくて(慣れてないですからね)、ごろんと横になって起き上がれずにいました。でも、やっとこの辺でウトウトできたのかな。

    眠ったのか眠ってないのかよくわからないくらいの浅い眠りで、7時半ごろに目を覚まし、体温を測ると37.3度。解熱剤が効いたようです。身体も少し楽になった感じ。
    娘たちに朝食を食べさせ、しかし保育園へ送るのは奥さんと同居している父に頼みました。

    9時過ぎから講師を務めるKVAのオンライン授業。
    今日は台風のせいでオンライン授業になっていたんですが、いやー、台風さまさまというか、もし台風来てなかったら出勤できなかった気がします。二日目に副反応が出る人が多いなんて接種会場で説明を受けて初めて知ったので、特に翌日のことなんて考えてなかったんですよね(という時点でナメていたことがおわかりかと思います)
    8割の人が二日目に出るらしいので。これから接種する方は翌日の仕事とか学校のことを考えておいた方がいいです。

    解熱剤が効いているせいか、授業中は特にきついことはなかったです。パソコンの画面に向かっていつも通り。テンションが上がっていて気づいてなかっただけかもしれませんが。

    12時半に授業を終えて熱を測ったら38.6度でした。身体も熱いし、頭もぼうっとしています。
    昼ごはんを食べ、午後からやっと眠ることができました。もちろん解熱剤も飲みました。

    ちなみに、解熱剤ですが。
    「アセトアミノフェンやイブプロフェン、ロキソプロフェン等で対応いただけます」と接種会場で説明を受けていて。
    もうすでに二回接種を終えていた両親が買っていた解熱剤がありました。(二人は何ともなくて結局使わなかったんですが)
    薬局で「これがいい」と言われて買ったやつらしいですが、それはあんまり効かなかったですね。イブプロフェンが入ったやつ。昼ごはんを食べたあとにこっちの解熱剤を飲んだんですが、目を覚ましても38度台でした(一番ひどい時だったからかもしれませんが)
    それよりも最初に飲んだアセトアミノフェンが入ったパブロンゴールドの方が効いた感じがします。人によるのかもしれませんけどね。

    さて。
    16時ごろに目を覚ましましたが、38.3度。あんまり下がっていません。身体が熱くてぼんやりしています。
    これからしばらくがしんどかったですね。ごろんと横になってただただ台風情報をぼんやりながめていました。
    保育園から帰ってきた娘たちが「パパ、パパ」と寄ってきて、「パパはお熱できついとよ!」と奥さんが言ってもわかっているのかわかっていないのか、背もたれにしていたまくらを「これまなちゃんに貸して!」と言って奪っていく始末。まあ、5歳ですからね……
    19時ごろ、奥さんに用意してもらった夕飯を食べ、熱を測ると37.6度。少し下がった気はしますが、まだまだ高い。三回目の解熱剤を飲みました。上で書いた通り二回目のやつは効かない気がしたので、一回目に飲んだパブロンゴールド。
    20時半ごろ、再び熱を測ると37.2度。まだだるさはありますが、なんとなくピークを越えた感じもしました。そのまま娘を寝かせる前に僕が寝てしまって、そして今。9月18日の深夜2時半ごろに目が覚めましたが、ウソのように身体が軽くなっていました。
    あ、もう完全に熱が下がったかな、と思いつつ検温すると36.6度。長い闘いが終わりました。

    今、目が覚めてから一時間くらい経っていますが、すっかりいつもの感じです。
    熱もありませんし、だるさもありません。昨日はなんだったんだという感じ。
    「副反応なんて大丈夫だろ」と楽観的に考えていましたが、見事に翻弄されました。恐れて備えておくくらいの方がいいのかもしれませんね。

    僕の場合は最高が38.6度。もしかしたら寝ている間にもっと上がってたのかもしれません。
    悪寒、だるさ、そんなところですかね。関節の痛みとかはなかったです。あと、注射打った周辺の痛みも熱が出始める前が一番痛かったかな。ずーんと痛い感じ。
    たぶん、副反応としてはそれほど重いわけではないと思いますが、普段熱を出さないので慣れてなくてしんどかったです。

    一日目、三日目に副反応が出る方もいるみたいだし、もっと高熱が出る方、全然なんともない方と人によって様々みたいなので、これから接種される方は色々想定して準備をされていた方がよいのかな、と思います。
    どうぞご自愛ください。

    2021.08
    05


    23:35
    Category : 日記
    歳のせいか、朝早くに目が覚めることが多くなってきました。

    歳取ると体力が衰えるから長く眠っていられないと言うじゃないですか?

    寝るのも体力使うらしいんですよね。だから年寄りは朝が早い、と。
    僕も5時とか4時とか、下手したら3時とか2時半に目が覚めてしまって、そのまま起きていることがあります。
    特に、娘を寝かしつけながら早い時間に眠ってしまった時は2時半・3時コースです。
    まあ、それはそれで良い面もあるというか、最近メタボをどうにかしようと夕食を控えているんですが、遅くまで起きているとお腹すくじゃないですか?
    なので、娘と一緒に早い時間に寝てしまう方がお腹のためにはよかったりします。
    昨日もそんな感じで22時前には寝てしまいました。

    で、やっぱり2時半くらいに目が覚めてしまったわけですね。

    一人の時間がたっぷりあるので仕事をしようとパソコンに向かったんですが、どうにもお腹がすいてたまらない。
    昨晩食べてないし、少しくらいいいかと思ったんですが、まだ3時前。これは朝食だろうか、それとも夕食だろうか、こんな時間に食べていいもんか、でもずっと起きているんならカロリー消費するからいいじゃないか、とラーメンを作って食べました。

    さあ、元気に仕事をしようとパソコンに向かっているとどうにも眠くなってくる。

    そりゃあね、お腹が満たされたら眠くなりますよ。

    どうにか目をこすりこすり頑張っていたんですが、眠くてたまらない。
    ちょっとソファで横になろうと身体を休め、気がついたら朝でした。


    ……ソファに横になったのは3時半前でしたでしょうか。


    っていうか1時間も仕事してないし。



    ……え、もしかしてこれ、ただ起きて夜食食べただけですかね?


    それはメタボも解消されないよなあ、と思った朝でした。


    おしまい。



    2021.08
    03


    23:06
    Category : 日記
    サッカーU24日本代表、惜しかったですね。
    スペイン相手に延長戦までもつれて1対0。手に汗握る展開でした。
    ものすごく楽しませてもらったんですが……とっても楽しめたのは延長戦になってからでした。なぜって、テレビにやられたから。

    今日はキックオフの20時には家にいました。
    もろもろ用事は夕方までで終わって、帰宅したのは20時前。ギリギリでしたが、リアルタイムで見られる時間です。
    でもね、小さい子どもがいるとそうはいかないのですよ……

    夕飯は奥さんが面倒見てくれていましたが、お風呂に入れなければいけません。
    20時~はお風呂、そして寝かしつけのゴールデンタイム。テレビもゴールデンタイムですが、子育て家庭のゴールデンタイムとかぶっています。

    ですので、リアルタイムで見たい気持ちはぐっと抑えて、今日も録画をセットしておきました。
    今日は前回のように「それ、全部言わなくても展開予想できるやん!」というような失言をしてしまう父親と顔を合わせなくていい。
    奥さんはもちろん僕がサッカー大好きなのを知っているので、結果を教えたりはしない(そもそも、サッカーに興味がない)
    とにかく今日のミッションはいつも通り二人の娘を風呂に入れて、寝かしつければいいだけ。

    がんばりました。

    二人をお風呂に入れ、次女は奥さんが寝かしつけ、長女は僕が寝かしつけます。
    長女はYouTubeが大好きで、風呂上がりに髪を乾かしながら見るのが至福の時間なのです。

    なんか子ども向けのYouTubeチャンネルってあるじゃないですか。
    おーちゃんとまーちゃん?でしたっけ?とか、プリ姫とか。
    いつも長女の髪を乾かしてあげながら一緒に見ているんですが、ごめんなさい、僕にとってはさっぱりわからない。そんなことよりサッカーが見たい。でも、とにかく我慢。この子を早く寝かしつければ至福の時間が待っている。

    髪を乾かし、歯磨きをさせ、22時前には寝床につかせました。

    20時キックオフなので、そろそろ結果が出ているころです。

    はやる気持ちを抑えつつ、長女を寝かそうとしましたが、こういう日に限ってなかなか眠ってくれません。
    そのうちに「喉が渇いた」など言い出し、長女を連れて台所へ行きました。
    麦茶を飲ませて、さあ寝ようと言ったところで、あの全世界から忌み嫌われているGが来襲。長女の協力も得てどうにか退治、再び床につかせたのは22時20分を回っていました。

    幸い長女は早々に寝てくれたので、さあ、俺のゴールデンタイムだとテレビに向かいます。
    録画一覧を表示し、サッカーをチョイスしようとしたら下の方に表示されている録画時間のカウントが進み続けていました。

    ……ん?

    今のテレビってすごいですよね。
    スポーツ中継って、延長になったりすると予定時間からオーバーするじゃないですか?
    昔のテレビの録画機能は時間ジャストになったら

    「延長?そんなの聞いてないよ~」

    と融通利かない感じで試合の途中であろうが録画ストップしてましたが、現在のテレビは

    「はいはい、延長ね~」

    と判断して録画終了時間を延ばしてくれます。

    僕が録画一覧を表示させたのは22時半過ぎ。いや、もうちょっと遅かったかもしれません。
    そのタイミングだと、20時キックオフの試合は普通終わっているはずですが、刻々と刻まれる録画時間。
    おかしいなとは思いつつ、まあ、でも、試合後のインタビューとかハイライトとか色々流してるのかな?と思い、再生をスタートしました。


    ……前半0対0の時点で「あれ?」と思いましたね。


    あれ?これ、もしかして延長に突入したやつ?と。

    もう一回そう思うと、後半のピンチもチャンスも心の底から熱くはなりません。

    「おおー!?」とか言いながら、どこかで

    「え、でも、これ入らないよね?だって延長でしょ?」

    と冷めた自分がいる。

    後半の30分も過ぎるとその思いは確実になり、ビールを引っ張り出してつまみをぼりぼり食べながら肩肘ついて見ていました。

    そして案の定、延長戦に突入。


    ……正直言ってしまうと、前半の20分過ぎくらいから「あれ?さっき録画時間が動いてたのって延長になったから?」という嫌な予感がしていました。
    それを振り切るように熱くなっているフリをしていましたが、結局、正味楽しめたのは延長の前後半30分と前半の20分くらいまで。120分のうちの50分でした。


    ……神よ。なぜ楽しみにしている録画でさえ、100パーセント楽しませてくれないのか。

    次の3位決定戦は6日ですか。
    6日は稽古なのでもう確実に録画です。



    今度こそ、今度こそ純粋に楽しませてください……!









    2021.08
    02


    23:55
    Category : 日記
    昔、よくおばあちゃんが作ってくれた餃子があります。
    僕の両親は共働きだったので、僕と兄は学校が終わると近くに住んでいる祖母の家に行っていました。
    そこで夕飯をごちそうになり、両親が迎えにくる20時くらいまで過ごしていました。
    幼稚園の頃から中学生まで、随分お世話になったものです。

    で、おばあちゃん手作りの餃子が僕も兄も大好物でした。
    大体金曜日が餃子の日で、水餃子なんですけど僕も兄もいつも楽しみにしていました。

    今年になって料理をするようになったという話を以前書きましたが、ふと思い立って母に作り方を教えてもらったことがあります。
    特別な何かが入った餃子というわけではありませんが、小さい頃に慣れ親しんだ味で、今食べてもやっぱり美味しかったです。
    それから長女と一緒に時々餃子作りをしています。餃子を包むのが楽しいみたいで、率先して手伝ってくれます。
    元々食が細くて、肉も魚ももちろん餃子も好きじゃなかった長女ですが、自分で作るようになってからは好きになったみたいで、喜んで食べるようになりました。

    そんなわけで、昨日、餃子作りをしたんですけど……

    前回作った時に、長女が
    「焼いたのも食べたい」
    と言い出しました。
    結構な量を作るので、確かに全部水餃子にすると飽きてしまうかもしれません。
    じゃあ、やってみようと10個ばかり焼いたんですが、餃子焼くのって結構難しいんですよね。
    前回やった時は焼きすぎたり、隣の餃子とくっついて皮が破れたりと散々な出来でした。

    やっぱり上手くいかないともう一回チャレンジしたくなるじゃないですか。

    なので、今回も焼き餃子にチャレンジと、昨日12,3個だけ別にして取っておきました。

    で、今日。
    ネットで焼き方のコツを調べてやってみると……なかなかいい感じ。
    料理って上手くできると嬉しくなるし、もうこれは後でビール呑みながら食べるしかないと、ちょうど保育園にお迎えへ行っていた奥さんにビールをリクエストするメッセージを送りました。

    夕食時。
    万が一失敗してもいいように、今日のメイン料理は他に作ってありました。餃子はあくまでおまけです。
    子どもたちに食べさせ、風呂に入れて寝かせて、さあその後、テレビでも観ながら餃子とビールだとわくわくしていました。
    が、

    「おいしい!」

    と言って、長女が次から次に餃子を食べていきます。


    ……あれ?


    前回、自分が焼いたのも食べたい!とか言ったくせに、いざ焼き餃子にしたら1,2個しか食べなかった長女。
    今回も大して食べないだろうとたかを括っていたら5個、6個とどんどん食べる。
    そのうち奥さんも
    「美味しそうね。わたしも食べていい?」
    と箸を伸ばしてきました。

    ……っていうか、おい!
    「餃子上手く焼けたからビール買ってきて」
    とあなたにメッセージ送ったんですけど!
    それでビール買ってきてくれたはずですけど!
    事情はわかってるはずですけど!

    「パパ、まなちゃん次で何個おかわりしたと思う?」

    いつもは保育園でもご飯が食べられなくてコンプレックスを感じている長女はたくさん食べられていることが嬉しいんでしょう、ニコニコした顔で話しかけてきます。


    知らん。


    ……大人気ないですね僕も。

    パパとしては
    「たくさん食べれたねー。すごいねー。ええー?何個かなー?」
    と長女に寄り添ってあげるべきでしょうが、そんな心の余裕はありません。すっかり口の中が餃子とビールになっていたんですもの。


    餃子の皿は残り一つになっていました。


    と、あまりに長女が美味しそうに食べるので、次女も「んー、んー」と近寄ってきて餃子をせがみます。

    最後の一つを次女の口に入れてあげました。


    さようなら、餃子。
    さようなら、ビール。
    さようなら、ささやかな僕の楽しみ。






    2021.07
    31


    23:35
    Category : 日記
    僕、サッカー好きなんですよ。
    今日はU24日本代表VSニュージーランドの大切な試合。18時キックオフですが、その時間は仕事で外に出ているので、しっかり録画してきました。

    スマホって便利ですけど、それが仇になることってありますよね。
    通知、ありがたい時の方が多いんですが、こういう時は空気の読めない邪魔なヤツになる。

    Googleとかのアプリが特に曲者で、
    「こいつは普段サッカーの記事をよく見ているので教えてやろう。『速報、日本vs○○ 2-0で勝利!』」
    みたいな通知を送ってきやがる。
    以前、それでやはり日本代表の大切な試合結果を帰りの電車の中で知ってしまうという憂き目にあいました。

    結果知った上で録画見たって面白くもなんともありません。

    ですから、最近は大事な試合を録画している時は通知を全オフにするようにしています。

    今日の帰りも通知を全オフ。Twitterなんかも開かないようにしました。
    開くのは「帰ってます」連絡を送るためのメッセージアプリとKindleだけ。

    そうやって無事、地元の最寄り駅までたどり着きました。
    駅前には父親が車で迎えに来てくれています。
    父親は僕がサッカー好きでたびたび録画しているのを知っているので、余計なことを言うはずありません。
    とはいえ、もういい歳なので注意が必要です。
    今日も車に乗り込み、発車した途端

    「やっぱり陸上短距離は、」

    とオリンピックの話題を口に出しました。
    今日はサッカーと短距離の予選があってたんですかね?サッカー以外は詳しく知らないですけど。

    このままオリンピックの話題つながりでサッカーのことを話しやしないかとヒヤヒヤしていましたが、陸上の話題で終わりました。というか、僕が娘の話に切り替えて話題をそらしました。

    「オリンピックの話はやめて」

    と無下に断ち切るのも悪い気がするじゃないですか。

    二世帯で暮らしているとはいえ、基本的には一階と二階で別々に暮らしています。
    もちろん、毎日顔は合わせますが、そうそう話をすることもない。
    父親も歳だし、息子とコミュニケーション取りたい気持ちもあるだろうし、車の中くらいは好きに喋らせたがいいかなと思っています。

    大好きな娘(父親にとっては孫)の話題にうまくスライドし、喋りたい欲求をかなえつつもオリンピックの話題からそらすというミッションをなんとか達成、この曲がり角を曲がってあと20メートルもないくらいで家に着く、というその時、突如父親が

    「サッカー男子はぴ」

    と口にしました。

    ああああーっ!!!録画してるからやめてー!!!!!!

    即座に叫び、それ以上は言わせませんでした。

    「なんだ、録画しとうとね」

    ……いやいやいやいや、いつも録画してるやん。
    っていうか、録画忘れた時、あんたに何回もお願いしたやん。

    ……まあ、父親もいい歳ですからね。大好きな孫の話になって上機嫌になり、ついつい口を滑らせたのかもしれませんし。
    あと、結構天然だし。

    とはいえ、「サッカー男子はぴ」まで聞いてしまいました。


    ……ぴ?


    これ、普通に考えたら「PK」でしょ?
    「PK」で決着がついたってことでしょ?

    でも、ニュージーランドはわりと与し易い相手のはず。それがPK戦までもつれこんだってこと?
    いやいや、90分の途中でPKがあり、それが決勝点になったってこと?
    っていうか勝った?いや、あのトーンだったら負けた?

    などなど、余計なことが頭をよぎっていきます。

    そしてお酒を呑みながら録画を見ました。

    前半0対0の時点で、「え、これこのまま行ってPK戦までもつれ込んだってことじゃない?」という考えが大きくなってきました。
    後半が進んでもなかなか点が取れる気配がない。となるとますます「これPK戦やろ」という考えが強くなり、延長線に突入したら「これは確実にPK戦だな」という気持ちになりました。

    ……もうね、オチがわかっているのにクライマックス楽しめないでしょうよ。

    ピンチになったりチャンスが来るたびに「おー!」とか「わー!」とか、アルコールの力を借りてやってましたけど、僕の心は冷えていく一方でした。

    結果、PKでしたね。で、勝ちましたね。PKは結果知らなかったので純粋に楽しめましたよ。
    でも、それまでの何十分、どこかしら醒めた気持ちでテレビを見ていたのも事実です。


    8月3日はスペイン戦ですね。
    そしてこの日も録画視聴になるので、細心の注意を払って挑みたいと思います。