FC2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2020年11月14日・15日@福岡市科学館サイエンスホール『親がバカだから』
    11月28日(土)・29日(日)九州ビジュアルアーツ俳優学科2年劇団1Bell『拝啓 十七の君へ』ライブ配信公演

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2020.11
    11


    00:05
    Category : 日記
    気づけば2020年も11月。僕、誕生日です。
    久しぶりにブログを見たら2月から更新していませんでした。
    あれから10ヶ月、2020年ももうすぐ終わりですね。
    いやー……怠惰。怠惰もいいとこですね。
    今年はコロナで普通の年とは違うとはいえ、むしろ自粛期間もあったわけだし、おうち時間も増えた分更新できたんじゃないのか、という突っ込みはナシにして、大変な一年でしたね。
    最後に更新した2月ごろはだんだんコロナの影響が日本全国でも広がってきていて、この先どうなるんだ!?みたいな時期でしたが、まさか緊急事態宣言が出て、stay homeなんてことになるとは思ってもいませんでした。
    3月か4月になればコロナなんて収まっているだろう、くらいの甘い考えしか僕はなかったですからね。
    ところがいつになっても収まる気配もなく、僕らも5月に予定していた劇団の公演を中止にしたりしました。
    講師を務める九州ビジュアルアーツもオンライン授業になったりして、身体使って演技するのにオンラインってどうやるんじゃい!なんて戸惑ったりもしました。
    とはいえ、人間慣れるもので。
    オンライン授業もなんとなく慣れてきたし、劇団の稽古も今やオンライン稽古が当たり前になってしまいました。
    ZoomやGoogle meetやMicrosoftのTeamsなんてコロナがなければ触ることもなかっただろうに、今じゃそれなりに使いこなせるようになったりして。
    もちろん、芝居というのは対面でやってナンボなので、オンラインでは全然稽古にならない部分もありますが、オンラインではオンラインなりの稽古スタイルに変えて、数少ない対面稽古を有効に使うように考えれば、(今のところは)コロナ前とそん色ない出来にはなっているのかな、と思います。
    ホント、来年はどうなっているんでしょう。
    マスクを付けて街中を闊歩するのが当たり前になっている現在、マスクを外した学生に「そ、そんな顔をしてたのか!?」と驚くことがないような来年になっているのでしょうか。
    まあ……しばらくは難しいような気もしますが。
    それでも、一時期はクラスターが発生して悪の権化のように言われていた演劇も、少しずつ、劇場での公演が行われるようになってきました。
    演劇にのみならず、ほかの事だって、止めてしまえばそこで止まってしまいますものね。
    人が集うところには常にリスクはあります。
    しかし、芸術やエンタメが果たす役割というのはそれなりに大きいのではないかとも思うのです。
    正確なところはわかりませんが、コロナを機に自殺が増えているというような記事を見たりもしました。
    混迷を深める時代だからこそ、芸術やエンタメが果たす役割は大きい。
    僕らの作品がどれほどの力を持っているのかはわかりませんが、今、やれることは作品を作ることだと、改めて思います。

    というわけで、宣伝です。
    今週末、芝居をします。
    昨年11月の『女の幸せ」以来、1年振りの公演です。

    1年振りか……

    ホントに、この1年、何だったんでしょう。特に2020年の前半。
    ただ、人生の時間を浪費させられたような気もします。

    そんなあなたに、劇団HBallBrothers11月公演『親がバカだから』

    ライブ配信もありますので、ぜひ。

    お待ちしています!

    2020.02
    14


    01:01
    Category : 日記
    今年はたくさん更新するぞと意気込んでいたら、結局先月は一度しかしてませんでした。
    気づいたら、あっという間に二月の中旬。
    一月は行く、二月は逃げる、三月は去る……でしたっけ?この時期は時間が経つのが早い的なことを表す言葉がありましたよね。
    日々、そのことを実感しています。
    というわけで今年二度目の更新。
    今日は暖かかったですね、福岡。春か、というくらいの陽気で。
    朝夕、娘たちを保育園へ送り迎えしているんですが、厚手のアウターなんか着ずにジャケット一枚で平気なほどでした。
    そうなるとおしゃれしたくなるものです。
    保育園への送り迎えなんて誰に見られてるわけでもないのに、恰好つけたくなってしまうんですよね。
    だって
    「まなちゃんのパパ、カッコイイわ」
    とか周りのママさんや先生に思われたいじゃないですか。
    今年で43になりますけど、
    「ウソ、全然そんな風に見えない。若い!」
    とか思われたいじゃないですか。
    というわけで、今日はジャケットにキャップを、しかも後ろ向きにかぶったりして、春らしくカジュアルで軽快な感じを演出してみました。
    自分で言うのもなんですが、鏡に映った姿はとても四十代には見えない若々しさで、かといって子どもっぽすぎずちゃんと大人な感じ。
    朝は心地よい気温も相まって、気持ちよく娘を送り届けました。
    で、夕方。
    娘を迎えに行くと「抱っこ」とせがまれました。
    うちの娘は甘えん坊で、疲れた日はすぐに「抱っこ」と言ってベタベタしてきます。
    いつもは「少しだけ歩こう」と無理にでも歩かせるのですが、今日はすぐに抱っこしてあげました。
    だって、
    「まあ、まなちゃんのパパ、カッコいいし、優しくてイクメンだわ」
    とか思われたいじゃないですか。今日おしゃれしてますしね。そういう時こそイクメン演出したいじゃないですか。
    抱っこして下駄箱まで連れていき、靴を履かせようとしましたが「今日は抱っこしてもらえた。たくさん甘えていいんだ」と思った娘が妙にじゃれてきます。
    いつもは
    「ほら、さっさと靴はいてよ」
    と叱りますが、今日は優しいイクメンを演出しなければと思い(下駄箱にはたくさんのママたちがいたので)、
    「ほらほら。ダメだよ~。早くお靴はこうね。」
    とか猫なで声で娘に靴を履かせようとしていました。
    僕は座り込んで、娘の足を持ち、靴の中に入れようとしているような恰好です。
    娘は普通に立っているのですが、ちょうど僕の頭のあたりに上半身がくるような感じでした。
    で、僕の頭にまとわりつくようにじゃれてくるので、そのうち帽子が取れてしまったのです。

    あっ……

    残念ながら僕は頭頂部が薄くなっています。
    顔だけ見たら若く見えるとよく言われますし、帽子をかぶっていたらそれはもう、ホントに若く見えるようなんですが、その中から出てきた頭が……
    しかも、いつもはサイドの髪を頭頂部に集めて薄い部分を隠すようにソフトモヒカンな感じでセットしていますが、帽子をかぶっていたのでもちろんセットしていません。
    なんていうんでしょう、頭頂部は薄いのにサイドにだけ長い髪が垂れている落ち武者のような感じになっていました。

    すぐさま落ちた帽子を拾い上げかぶり直しましたが、きっと見られているに違いありません。
    娘はもう一度じゃれて帽子に手を伸ばしましたが、本気で払いのけてしまいました。
    娘はわけがわからず悲しんでいましたが、僕も悲しい気持ちでいっぱいでした。
    おしまい。


    2019.12
    09


    16:23
    Category : 日記
    KVAまでの通勤にJR鹿児島本線を利用しているんですけど、すぐ遅延するんですよJRは。
    ホントに多い。今日も遅延していました。
    別に何でもない時なら遅延したってかまわないんですが、今日は何でもなかった。

    列車の中で催してしまったのです。

    今日はそのお話をします。


    先週金曜日に出産した妻はまだ入院中。
    そして今日は月曜日。娘の保育園への送り迎えは僕がしなければなりません。
    授業は9;20から。原田駅8時37分発の快速に乗って9時02分に博多着です。駅から学校までは5分もかからないので、この電車で十分間に合います。
    しかし、JRは遅延が多い。
    できればその前の8時30分発か24分発に乗りたいところ。
    が、うちの娘、朝が苦手なのです。
    まず、起きてからご飯を食べだすまでがホントに長い。
    だらだらだらだら。怒ってもなだめすかしてもまるで効果なし。
    ご飯を食べてからも着替えるまでが遅い。着替えてからも髪の結び方で文句を言うのでまた時間がかかる。
    毎朝毎朝、大変なのです。

    奧さんがいればお任せして僕だけさっさと行くことはできますが、しばらくはそうはいかない。

    子どもは起きてから脳が動き出すまで二時間はかかる、という記事を読みました。
    なのでできるだけ早く起こそう、とはいえ、8時に家を出るために6時は早すぎるかな、と思ったので6時40分ごろに起こすことにしました。

    6時ごろから暖房をつけ、部屋を暖め、電気もつけて起きやすい環境を作ります。
    隣の部屋ではテレビもつけたりして。
    そうすると、6時40分ごろには自分で起きてきました。出だしは最高のスタートです。
    ご飯もやや時間はかかりましたが、いつもより早く食べ始めました。

    いつもは二階で僕ら家族だけで食べていますが、奥さんのいない今は一回で祖父母と一緒に食べます。

    そして、食卓にはカレーが並んでいました。

    昨晩、娘のためにと祖母がカレーを作っていました。
    その残り物が僕の前に置いてあったのです。

    カンの言い方はこのカレーが伏線だとお気づきかもしれません。
    そうです、僕は朝、カレーを食べるとすぐに催してしまうのです。が、この伏線は半分当たっていますが、半分は外れています。
    なぜなら、この後、まだ家を出る前に催してしまって、ちゃんと用を足したからです。

    娘の着替えも終え、僕も用を足して、しかしまだ時間はあります。いい感じです。
    が、髪の結び方でつまづきました。
    娘はガラス玉みたいなやつがついたゴムで結べというので、それで一つ結びをしようとしたら二つ結びがいいと言い出したのです。

    ピンク色のガラス玉がついたピンク色のゴムともう一つ、白のガラス玉がついた白のゴムがありました。
    娘はピンクが好きなので「こっちで結ぶね」と結んでいたら「二つ使って。二つ結びして!」と泣き出したのです。
    「でも、ピンクと白やん。左右で違ったらおかしくない?」
    と言ったら
    「この間〇〇ちゃんがそうしとったもん!」
    と友達を引き合いに出します。
    「他人がどうとか、そんな関係なかろうもん。」
    と祖母が言ってもイヤだイヤだの一点張り。こうなると泣き止むまで時間がかかるので、娘の言う通り、二つのゴムを使って二つ結びをすることにしました。

    女性のみなさん、二つ結び難しくないですか?

    櫛を使って真ん中から髪を二つに分けるのが難しい。
    慣れていない僕は時間がかかってしまいます。

    そうこうしていたら、結局家を出る時間が遅くなってしまいました。もう24分や30分には乗れません。しょうがない37分で行くしかない。

    祖父の車に乗せてもらって、娘を保育園へ送ります。時計を見たら8時28分でした。
    保育園から駅までは歩いて4,5分です。祖父の車で送ってもらえばもっと早い。
    が、最近世話になりっぱなしなので、まだどうにか間に合うし歩いて行くよと伝えました。

    これがいけなかった―

    朝、カレーを食べると催しやすいのはこれまで何度も経験してきたことなのでわかっています。
    が、今朝は早々に出してきました。
    髪の結び方でつまづきましたが、問題なく娘を保育園まで送れたし、早起きして気分もよかったのでしょう、なぜか、駅までさわやかに小走りしてしまいました。

    と、駅が近づいてきた時、上り電車が滑り込んでくるのが見えました。
    時計を見ると8時34分。37分にしては早い。とすると、30分の電車が遅延しているのか?

    ダッシュすれば乗れそうではありましたが。
    が、ここまで年甲斐もなく爽やかに小走りしてきたものだから、足首が痛かった。
    「3,4分の遅延くらい大丈夫だろ。次の電車で行こう」
    と30分をパスしたのでした。

    8時37分に予定の電車が来ます。
    こいつは遅延していなかったので、すっかり安心しきっていました。
    が、南福岡駅の前あたりで電車のスピードががくんと落ち、止まってしまいました。
    「信号待ちです」
    とアナウンスがあります。
    おや、と胸騒ぎがしました。
    進みだしてからもなかなかスピードが上がりません。
    時計を見ると9時前を指しています。おかしい、だって9時02分博多駅着のはずです。でもまだ笹原にもついていません。
    「この電車、10分ほど遅れて運行しております。お客様には大変ご迷惑を……」
    とアナウンスが流れました。そんな時……催してしまったのです。

    小走りがよくなかったんですかねえ……
    全部出し切ったと思ってんですけど、それは昨日の分で、朝のカレーの分は今、来たってことですかね……

    ともかく、収まる気配はありません。むしろ便意はどんどん強くなる。
    反比例して、電車はのろのろ進みます。
    時計は9時を過ぎました。
    頭の中で計算します。この調子だと、博多駅に着くのは9時10分過ぎ。授業開始は9時20分。タイムカードを切る時間なんかもあるからダッシュしなくてはいけません。
    しかし……ダッシュできるのか、これで。
    というか、博多駅まで無事にたどり着けるのか?

    つり革を強く握りしめて気をそらそうとします。
    が、気張っているみたいになって余計便意が刺激されてしまいました。ヤバイ。

    博多駅の一つ手前、竹下駅で降り、用を足すか迷いましたが、絶対9時20分には間に合わない。いや、博多駅で用を足してもこの時間だったら間に合わないんですが、傷は浅い方がいい。竹下駅で次の電車を待ってたらずっと遅くなってしまいますから。
    とはいえ、便意はマックスに近い。しかもこの感じ、絶対お腹を下している。もしここで漏らしたりしたら大惨事になってしまう。
    竹下駅に着き、降りるかどうか迷いました。遅延しているせいかいつもより多くの人が乗ってきた感じがしましたが、きれいな女性ばかりでした。なんてことだ、この中で漏らしたりしたらもう立ち直れないかもしれない。いや、でも……と逡巡しているうちにドアは閉まり、発車しました。
    もう後戻りできない……持ってくれ……尻……!

    博多駅につき、ドアが開くと臀部に力を入れた感じで小走りしました。見る人が見たら「あいつ絶対う〇こ我慢してるぜ」と見えたかもしれません。
    でも、大抵こういう時って駅のトイレって埋まってますよね。
    例にもれず、やっぱり埋まってました。4つある個室が同じタイミングで埋まっているってどういうことですかね、ホントに。
    きれいに閉じられたドアを見た瞬間絶望的な気持ちが襲い、思わずドアをノックしました。コンコンと当たり前の返事が返ってきます。
    あれ、閉まってるのにドアを叩く人の気持ちが今までわからなかったんですが、今日、わかりました。「早く出ろ」という呪詛です。しかし、ノックしたからといってすぐに出てきてくれるお人よしなんていません。世の中ってのは世知辛い。
    ここで待っていても仕方がないとまた見る人が見たらわかる微妙な小走りで改札を飛び出しました。
    時刻は9時12分過ぎ。ダッシュすれば授業には間に合います。いや、授業には間に合うけど僕の便意が間に合わないかもしれません。
    地下へ降りました。トイレがある場所は頭に入っています。しかし、ここのトイレは個室が一つしかなくて大抵埋まっています。キレイですからね。
    が、一縷の望みをかけて向かいました。と、男性用と女性用の間にある身障者用のトイレが開いていました!



    ……セーフ。


    時刻は9時15分。
    絶対間に合わないので、学校へは「遅延で……」連絡を入れました。「遅延な上に便意を……」と丁寧な説明をしようかと思いましたが、それを伝えられても困ると思ったので遅延で済ませました。

    やっぱりお腹を下していました。
    朝カレー恐るべし。

    すっきりし、ウォシュレットを起動。
    こういう時ってマンガだったら紙がなかったりするよね、とトイレットぺーパーホルダーを見ると、ありませんでした。


    ……今日はそういう日なのでしょうか。


    しかし、身障者用トイレなのでオストメイトトイレっていうんでしょうか、あれがもう一つあって、そこの紙はたっぷりあったのでどうにか手を伸ばして事なきを得たのでした。



    以上、そういう話でした。







    2019.12
    07


    13:01
    Category : 日記
    出先でコンビニのトイレを借りたんですが、便器の中に紙が残っていたんです。
    あ、男性用便器ではなく、洋式便器ですね。
    たまにありますよね、前の人の流し方が悪かったのか、流した後に紙を投げ捨てたかでぷかーっと紙が浮かんでる時。
    ブツは浮かんでなかったのでまだよかったですが、嫌だなあと思いながらレバーを引っ張ると流れるどころか水が溜まり始めました。

    ……詰まってる?

    これはとても用を足すどころではないと外に出ました。
    かといって、このまま放っておいても後の人が困るし、店員さんに一言「トイレ詰まってますよ」と伝えるべきです。
    が、レジの方へ歩を進めてはたと気づきました。
    今、手を洗った、と。

    用を足してはいませんが、水洗レバーを引いたし、トイレのドアも触ったので手を洗ったのです。そして、エアタオルを使いました。ブオオオオオ……と派手な音が鳴っていたのです。

    あの音、絶対店員さんに聞こえているはず。

    そして店員さんなら「ああ、トイレ使ったのか」と間違いなく思うはずです。そりゃそうですよ毎日聞いてるはずですから。

    ってことはですよ、
    「……え、これ、お前やろ?」
    って思われません?

    親切に「詰まってますよ」と伝えたところで
    「え、お前、今使ってたやん?詰まってますよじゃなくて、詰まらせたんですすみません、だろ?」
    とか思われませんか?
    いや、伝えた瞬間は「そうなんですか。お知らせありがとうございます。」と対応してくれると思いますが、僕が出て行ったのち、
    「っていうか、犯人お前やろ?なに人のせいにしようと?マジ最悪、クソオヤジが。あんな大人になりたくないよね。」
    とか店員さん同士で悪口言うに決まってます。っていうか、僕が若者だったら言います。
    (店員さんは若者2人でした)

    ……これは言わない方がいいんじゃないのか?

    いや、でも後の人困りますよね。
    伝えた方が親切に決まっています。
    でも……僕が犯人ではないとどうやって証明したらいいでしょう?

    「僕が来た時には詰まってたんです!本当なんです!詰まってるって思わなくて水洗レバー引いちゃったから手を洗ったんです!エアタオルを使ったのはだからなんです!だから……だから……僕が用を足して詰まらせたわけじゃありません!」

    なんて訴えればいいですか?
    いや、めちゃくちゃ怪しいでしょ。普通こんな説明台詞言わないですよ。

    どうやって誤解なく伝えればいいでしょうか……

    詰まらせた本人が自己申告するはずない、すなわち、店員さんは僕がエアタオルを使ったからといって僕を犯人とは疑わない、という性善説を信じてもいいかもしれませんが、いや、どうでしょう、人間そんないいやつばかりじゃないでしょう。僕が絶対に他人を疑う人間なので他人もまた疑り深いと信じているのです。ああ、このネガティブな世界観が親切心を邪魔している。

    ということをうだうだ悩んで、結局、ほうじ茶を買い、支払いの時にさりげなく伝えようと思ったのですが、それも
    「こいつ罪滅ぼしのためにほうじ茶買いやがったよ」
    と思われそうで、黙って店を立ち去ったのでした。




    ……っていうか、そっちの方が逆に怪しいですよね。



    でも信じて、店員さん!ぼ、僕じゃないんだあああ!!!






    2019.11
    29


    09:00
    Category : 日記
    娘のかかりつけの皮膚科があるんですが、人気の病院らしくめちゃくちゃ人が多いのです。
    受付開始が8時20分からなんですが、8時には既に人が並んでいる状態。
    9時の診察開始時間に行ったりするとその後1.2時間順番待ちになることもあります。
    というわけで、8時には順番を取りに行くようにしているのです。

    現代はスマホがあるからいいですね。順番待ちも苦にならない。
    ちょうど昨日観ていた映画の続きを見ようとスマホもフル充電して出かけました。

    8時前に着くと既に2人並んでいました。
    2番目のおばあさまの後ろに並んで、さあ映画を見ようとスマホを取り出すと、なぜだかおばあさまがこちらを見ています。
    「おはようございます。」
    ととりあえず頭を下げて、映画、と思ったら
    「今日は少ないですねえ」
    とおばあさま。

    まあ、8時前でも5.6人いることもありますから、確かに少なめです。
    「そうですね、」
    とイヤホンを取り出し、「俺はこれから一人の世界に入るんだ」アピールをさりげなくしてみたんですが、
    「いつもの倍以上かかったから、もうたくさん人が並んでるのかと思った」
    とさらに言葉を続けます。
    「あたし、○○の方から来てるけど、事故があってたでしょう?」
    おばあさまがおっしゃった地名は僕の家の近くで、どうやら同じ方角のようです。
    僕は裏道の側道を走ってきたのですが、そういえば県道が激しく渋滞していました。
    「○○あたりで事故があったみたいで。そこを抜けたらスッと来れたんだけど、そこまでは全然動かなくてねえ」
    「僕も見ましたよ。」とか言ったら話が長引きそうだったので、適当に「そうなんですね。」「へえ」と相槌を打っていたんですが、
    「渋滞ってねえ、原因がわかればしょうがないかと思うけど、わからなかったらイライラするでしょう?」
    とまだまだ続く。
    無視してイヤホンをし一人の世界に入るのも悪いので、「ですよね」とか挨拶よく相槌は打ちながらも片耳にイヤホンをつけたりして「そろそろ大丈夫です」アピールをしたりしてみたんですが、
    「前に○○の方で事故があってねえ」
    と今度は違う事故の話になってしまいました。

    ……そんなに興味ないんですけどね。
    どちらかといえば、いや、どちらかといわなくても僕は映画が見たいんですが。

    しかしおばあさまのお話は終わりません。
    そのうち8時20分になって受付が始まりました。



    受付を終え、車に戻ります。
    病院が開くのはもっと後なので、受付終わったら目の前の駐車場でしばらく待っていなければなりません。

    僕より先に受付を終えたおばあさまが車に乗り込もうとしながら、なぜだが僕の方をじっと見ていましたので、さっと目をそらして自分の車に乗り込んだのでした。