RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回は

    HANARO project vol.4『セレモニー』演出 6/30~7/2

    劇団HallBrothers公演は10月ごろ

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.06
    16
    Category : 日記
    『セレモニー』釜山公演、ついに初日を迎えました。



    6/9に釜山へ来て7日目。
    随分長いこと滞在しているのでもう本番を終えたくらいの気分でしたが、これからです。
    今日から18日までが本番。5ステージあります。

    いやー、でもやっと安心できたというか、お客さんの反応を見ることができてホッとしました。

    釜山のお客さんは温かった。
    釜山の方言を生かして書かれた台本がウケるだろうなということは想定できていましたが、日本語で演じる福岡チームがどのように見てもらえるのか全くわかりませんでした。

    なので心の奥の方でずっとソワソワしていたんですけど……

    予想外に温かく迎えてくれて感激です。

    福岡チームが演じている時は字幕が出るんですが、芝居の字幕ってなかなか大変で、役者を見ながら文字を追うのは容易ではありません。
    しかし笑ってほしいところで笑ってくれるし、前のめりで観てくれていました。
    後で聞いた話だと字幕を見なくてもなんとなく何を言っているのかわかるらしく、国が違っても人のありようは変わらない部分というのがあるのかなと思いました。

    福岡の俳優のみなさんもたくさんの手ごたえを得たのではないでしょうか。

    ラストはまさに「会場一体」という空気になって、とても幸せな時間を過ごすことができました。
    こういう空気って日本ではなかなか感じないし、本当に温かい。
    ひとまず初日は成功に終わって良かったです。



    終演後はお客さんと一緒に撮影大会。
    韓国ではこういう文化があるらしいです。
    これもお客さんとの距離がすごく近い感じがして、いいなあと思いました。

    さて、釜山公演も残り4ステージ、そしてその後には福岡公演もあります。
    もっともっと良い作品になるよう、精度を上げていきたい。

    素敵な作品ですので、福岡公演、ぜひ足を運んでください!

    あ、もちろん釜山公演へ来てもらっても大丈夫ですよ。
    18日の日曜日までやっています。

    HANARO project vol.4
    『セレモニー』

    【公演日時】
    6月30日(金) 14:00/19:00
    7月 1日(土) 14:00/18:00
    7月 2日(日) 14:00

    【料金】
    前売2,500円 学生1,800円 当日3,000円


    ●予約フォーム
    PC:
    https://mailform.mface.jp/frms/hanaroproject/gpvunhfjlc21

    モバイル:
    https://mailform.mface.jp/m/frms/hanaroproject/gpvunhfjlc21

    ●メール予約
    hanaroproject.info@gmail.com
    件名に「チケット予約」とご記入の上、お名前・公演日時・券種・枚数をお知らせください





    2016.10
    11
    Category : 日記
    昨晩より奥さんの実家に行っておりました。
    で、今日。
    お昼から仕事なので、最寄り駅まで送ってもらいました。

    11:58発の快速。

    駅についたのは54分くらい。十分時間があります。

    下りホームは3番乗り場と4番乗り場がありました。
    僕がいつも利用している駅は3番乗り場に快速が停まります。
    その感覚で3番乗り場に向かって立っていました。

    特急が通過します。

    これの後かなーと思いながらスマートフォンをいじっていました。

    しばらくして、ふと顔を上げると、遠くに過ぎ去っていく電車の姿。
    先ほどの特急とは違う車両です。

    …おや?

    電光掲示版を見ると、11:58の次とその次の列車が表示されていました。

    …おやおやおや?

    スマートフォンの画面を見ると11:59を表示しています。

    …おやおやおやおやおや?

    どうやら、快速は4番乗り場から発車したようでした。








    …えええええーっ!?










    というわけで、次の列車に乗ってこれを書いています。






    チキショウめ!











    2016.10
    06
    Category : 日記
    ブログを更新するとfacebookに投稿されるように設定しているんですが、真奈の写真のおかげでたくさんの方がいいね!をしてくれました。

    「かわいい」とのコメントも山ほどいただきましたし、もう、ね、僕もホントにかわいいと思っています。ええ。

    しかし、奥さんは苦い顔…

    「いや、文章で書くのは構わんけどさ、写真はちょっと…」
    「なんで?」
    「どんだけ親バカなん?って感じやん。」
    「あ、そう…?」
    「親バカよ。親バカ過ぎるよ。それに…(と、声をひそめて)あれやん?」
    「(ただならぬ気配を感じ)…え?」
    「世界中にあの子のかわいい顔が発信されるとよ?誘拐しにくる人がおるかもしれんやん?」










    娘よ、こんな親バカな両親に愛されて幸せ者だな!






    2016.10
    05
    Category : 日記
    実に久しぶりの更新となります。

    8月以来ですか……

    今年こそはと1月1日と2日に更新してから8か月。
    下半期こそはと8月に2日更新してから2か月。
    なんと10月になってしまったではないですか。

    いまだ4日しか更新していない2016年。もう何日経ったというのか。

    気になったので「今日は何日」と入力したら検索予測で「今日は何日目」と出てきましたよ。
    そんでもって、そういうサイトがあるんですね。今日は何日目?
    計算したら279日目でした。

    279分の4。

    更新しないにもほどがありますね。

    更新しない間に娘がこんなに大きくなったほどです。








    IMG_8368_convert_20161005231732.jpg





    きゃ~わいい~♡






    ……失礼しました。親バカですね。




    額に虫さされがありますが、ご愛敬。
    もうすぐ11か月です。
    ちょっと平均より小柄なのが気になりますが、すくすく育っています。

    少し前までは仲睦まじい素敵な時間を過ごしていたんですが、最近では僕が抱っこしたら嫌がって暴れます。
    ママが大好きなようです。悲しい。

    ま、いいです。
    娘のことはおいおい書くことにしましょう。

    さて。

    今年も残り少なくなってきました。
    これから毎日更新したところで、これまでの10か月の怠惰が消えることはありませんが、なんとか更新したい。
    そう、これでも更新したいんです。
    ホントは毎日更新したいんです。
    なぜって、公演やらなんやら、お知らせしなければいけない情報があるから。

    そうなんです、お知らせがあるんですねー。

    できるだけたくさんの人に届いて、そして足を運んでほしいんですねー。

    というわけで、今日のところはまずそのお知らせを。
    公演が2つと、もう一つが……じゃあ、これから行きましょう。

    img016-001_convert_20161005231311.jpg

    img017-001_convert_20161005231327.jpg

    第二回文学フリマ福岡!!

    これ、出店することになりました。
    何を売るかって、もちろん、戯曲です。

    これまで書いた戯曲のいくつかを売ります。
    今、販売用に体裁を整えています。わりと立派な感じになる予定です。

    いやー、売れるんでしょうか。
    そもそも、誰か手に取ってくれるんでしょうか。
    ドキドキです。

    というわけで、是非、足を運んでほしい。
    そして僕の本を手に取ってほしい。
    もちろん、僕、います。僕が売っています。
    是非、是非、是非。
    10月30日の日曜日です。都久志会館。

    では、次。

    チラシ表_convert_20161005231142

    チラシ中_convert_20161005231205

    チラシ裏_convert_20161005231216

    劇団Hallbrothersロングラン公演『中央区今泉』

    11月11日(金)~11月20日(日)までのロングラン公演です。
    ※11日はプレビュー

    千早駅前に今年オープンしたなみきスクエアにて上演します。
    しゃれた建物です。
    建物だけでも一見の価値ありです。
    や、建物だけではなくウチの芝居も観てほしいんですが……

    三階建て雑居ビルという舞台装置が圧巻(なはず)です。

    福岡市中央区今泉を舞台にした群像劇。是非、観に来てほしいです。

    では最後に。

    0001_convert_20161005231231.jpg

    0002_convert_20161005231250.jpg

    こちらは演出のみなんですが……

    月光亭落語会シアターシリーズNo.1Ver.月光亭愛眼(めがね)
    [梨の礫(つぶて)の梨]

    出 演 立石義江(月光亭落語会)、 雪丸朋美(14+)
    脚 本 横山拓也(iaku)
    演 出 幸田真洋(劇団HallBrothers)

    ◎月光亭落語会シアターシリーズ始動!
    「月光亭落語会」は福岡で活躍する女優、立石義江(月光亭愛眼)・上田裕子(月光亭百幸)・杉山英美(月光亭久留米)・古賀今日子(月光亭春吉)が立ち上げた、清く正しく軽やかに落語を遊ぶ女優落語ユニット。
    このたび原点回帰し、満を持して月光亭落語会シアターシリーズをスタートすることになりました。
    手始めの企画は、月光亭愛眼(めがね)がゲストを迎えての女二人芝居、「梨の礫の梨」。大阪の劇作家横山拓也が大阪の女優ユニットサキトサンズに書き下ろした二人芝居で、2013年の福岡公演を見た愛眼がほれこみ、いつかやりたいとあたためていた芝居です。
    月光亭落語会シアターシリーズは今回のみならず、月光亭の誰かに次のバトンをつなげて続いていきます。ゲストを迎えるもよし、月光亭落語会の4人でやるもよし。落語で手に入れたフットワークと月光亭らしさで、どんな舞台が創られていくかご期待ください。今回はシアターシリーズ始動の初舞台。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

    ……ということだそうです。

    僕が演出なんぞ恐れ多いんですが、素敵な本と素敵な役者さんなので、素敵な芝居になると思います。
    こちらも是非。

    ◎日時
    2016年12月16日(金) 19:30
    2016年12月17日(土)15:00 19:00
    2016年12月18日(日)11:00 17:00
    ※開場は開演の30分前です。
    ※上演時間は1時間程度です。

    ◎会場
    リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース
    福岡県福岡市博多区上川端9-35
    http://www.reizensou.com

    ◎チケット
    前売券1,500円 当日券1,800円
    日時指定・全席自由
    10月17日より予約開始

    とういうわけで、お知らせ三連発でした。

    久しぶりの更新なのに面白味のない内容ですみません。
    しかし背に腹はかえられないので……
    どれも足を運んでほしい!

    年が明けて2月にも2本お芝居があります。

    こちらもおいおいお知らせしますので、是非。


    ……よし、とりあえずやっとこさ更新したので、これからはバリバリ更新……・したい、です。はい。








    2016.01
    02
    Category : 日記
    リビング。テレビからは箱根駅伝の中継が流れている。
    夫は朝食後のコーヒーを飲みながら、テレビを見ている。
    妻はその隣でマグカップ片手に夫へ話しかけている。

    妻「昨日の話、」
    夫「ん?」
    妻「ホラ、ウチに挨拶言った時、弟夫婦の、」
    夫「ああ、」
    妻「ねえ。相当な大喧嘩やない?実家帰るって。」
    夫「そうやねえ…」
    妻「いや、大喧嘩よ。だってこの年末年始の、誰もが家族と過ごす時によ、子供連れて実家帰るっちゃけん。」
    夫「まあねえ…」
    妻「あの二人、お互いハッキリ主張するけんさ、前からよく喧嘩はしよったけど、ここまでの大喧嘩は初めてって。母さんが言いよった。」
    夫「へえ…」
    妻「…ちゃんと聞きようと?」
    夫「…え?」
    妻「いやだけん、あたしの話。」
    夫「え、あ、まあ、」
    妻「さっきから気の無い返事ばっかりして。」
    夫「あ、いや、ごめんごめん、」
    妻「いいよ。テレビ見たいっちゃろ?マラソン見たいっちゃろ?」
    夫「あ、うん…(小声で)駅伝やけど…」
    妻「わかりやすいもんね、あたしの話に興味ないっちゃろ?」
    夫「あ、いやいや、ごめん、ホント、ごめん、弟くんたちのあれやんね、喧嘩?の、」
    妻「いいっていいって、テレビ見て。ね。」
    夫「あ、いや、」
    妻「いいよいいよ。(隣の部屋-寝室のようだ-を見やって)久しぶりに真奈が静かにしとうやん。」
    夫「(隣の部屋を見て)ああ…今朝は珍しく寝とうね。」
    妻「大体この時間は泣いてオムツ替えよったけど、今日はよく寝とう。」
    夫「そうやね。久しぶりにゆっくりやね。」
    妻「そうよ。やっと正月気分っていうか。だけん、テレビ見て。」
    夫「…うん。」
    妻と夫、顔を見合わせて微笑む。
    テレビからは実況の声。
    窓からは朝の光が差し込んでいる。
    正月の、穏やかな時間。
    夫、コーヒー片手にテレビへ視線を向ける。
    妻、穏やかにマグカップを口元に運んで、
    妻「…いつもオムツ替えてくれようやん?」
    夫「うん…」
    妻「あたしがキツイ時とか一人でやってくれるし、」
    夫「うん…」
    妻「文句一つ言わんで、ねえ…」
    夫「うん…」
    妻「だけん、うちは喧嘩せんとかいなねえ…」
    夫「うん…」
    妻「ホラ、弟夫婦は結構喧嘩しようみたいやけど、うちはないやん?いや、どっちがいいかはわからんよ。喧嘩する程仲がいいとも言うし、」
    夫「うん…」
    妻「だけど、まあ、あたしは、感謝しとうっていうか、あなたは何でも受け入れて」
    夫「(突如興奮した声をあげて)おーっ!」
    妻「な、なん!?」
    夫「すげーすげー、あのランナー、めっちゃダッシュで追い上げよう、」
    妻「…は?」
    夫「いや、中継所の手前でさ、あのランナーがめっちゃダッシュし出して、すごい追い上げやったんけんさ、」
    妻「……」
    夫「(テレビを見て)いやー、すごかったー」
    と、妻、夫の肩をボフッと殴る。
    夫「いたっ!?」
    妻「……あんた人の話聞きよらんかったやろ?」
    夫「は?」
    妻「あたしが今、話よったの聞きよらんかったやろ!?」
    夫「え、いや、だって、テレビ見ていいって…」
    妻「(夫の話は聞かずに)あたしはさ、感謝の気持ちを伝えよったとよ?あなたは何だかんだ優しいって、そう言いよったとよ!?それを、何、おーっ!って。」
    夫「いや、だけん、中継所で…」
    妻「知らんそんなの!」
    夫「……」
    隣の部屋から赤ん坊の鳴き声。
    夫「…真奈、泣きようみたいやけど、」
    妻「オムツ替えて欲しいっちゃない?」
    夫「…わかった。」

    夫、立ち上がる。
    暗転。