RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は10月~11月。大分・福岡で!

    大分舞台芸術フェスティバル参加作品
    『だめな大人』

    10/28.29@大分 AT HALL
    11/9~12@福岡 博多リバレインホール

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.10
    15
    Category : 日記
    兄の結婚式でした。
    性格が正反対の派手なこと好きな兄なので、やるだろうなと思っていたら、やっぱりやりました。フラッシュモブ。
    ああいうのに対して「ケッ」と思うタイプの僕ですが、結婚式での初フラッシュモブは楽しかったです。
    実はフラッシュモブの動画とか結構見てましたしね。
    全然「ケッ」じゃねーやん、って感じですが、そうです、僕もいい大人ですからね、すっかり丸くなって楽しいと思うようになりました。
    昔はテレビドラマとか「ベタでクソ面白くねえぜ!」と唾でも吐きかけん勢いだったんですが、今は普通に涙したりしますしね。180度、性格か変わってしまいました。丸くなりまくりです。
    今、結婚式するんだったらフラッシュモブやるだろうな。
    そんなことを考えながら帰宅し、自分の結婚式の写真を見返しました。
    もう7年前のことです。
    もちろん、今よりも若いし、髪もまだあるし、シュッとしてるので、カッコイイ……はずなんですけどね、昔の自分はあまり良く見えませんでした。
    なんかね……カッコつけてるんですよ。
    フラッシュモブとか「ケッ」みたいに思っていた時代ですからね。
    クールぶっているというか。当時はそれが自分でもカッコいいと思っていたんでしょうが、今見ると全然カッコよくない。
    カッコつけて逆にダサいです。
    なんかもっと素直になれよ、と。
    もっとオープンになれよ、と。
    言ってやりたい。
    そんな世の中ナナメに見たって楽しくないだろ、と。
    世の中がつまらないんじゃなくてお前がつまらないんだ、と、
    言ってやりたい。
    なんかこう、写真から自意識過剰ぶりがプンプンにおうんですね。

    まあ、でも、当時はそれがカッコいいと思っていたからしょうがない。
    自分で自分のことカッコいいなんて思ってるやつはホントダメですよね。
    ダメだダメだ。

    そんなこんなでいい結婚式でした。
    クールぶっていた僕は極力イベント的なことは削っていったので、ホントに何もしなかったんですよね。
    それに比べたら兄らしい結婚式で良かったです。

    そういえば、一番最後に挙式から披露宴の、その日のダイジェスト映像が流れたりするやつ。
    ああいうのも兄は好きそうだなと思ってたら、やっぱりやっていました。
    昔の僕だったら「ケッ」と思うヤツですが、今見るといいものですね。
    参加者も参加したって感じがするし。
    いいなあ、と思ってぼんやり見ていたら、イケメンが映ってました。
    「お、イケメンだなあ、カッコいいやん」
    とよく見たら僕でした。
    改めて、我ながらカッコいいやつだなあとうっとり見ていました。
    人間的にも成熟したし、ますます魅力に磨きがかかっているのではないでしょうか。



    ……ってダメやん!
    自分で自分のカッコいいなんて思ってるやつはホントダメって書いてるやん!


    2017.10
    14
    Category : 日記
    娘がイヤイヤ期のせいか「イヤ」とはっきり自己主張すると先日の記事で書きましたが、「イヤ」と言う時と「イヤま」と言う時とがあります。
    割合で言うと「イヤま」の方が多い。
    「イヤ…ま」みたいに少しだけ「イヤ」と「ま」に間があります。
    「イヤまってなに?」
    と娘に聞いても、もちろん理由を答えてくれるわけはありません。
    「イヤま」
    ともう一回繰り返すだけです。
    「イヤ…真奈(娘の名前)は」
    の略かな、と奥さんと話していました。
    自分が「まな」であることは既に認識していますから。
    たとえば、真奈の布団に僕が侵食すると
    「まなの!(場所)」
    と怒ったりするんです。
    なので、「イヤなの真奈は!」の略かなと思っていたんですが……

    保育園との連絡ノートにこのエピソードを書いてみました。「どういう意味なんですかね?」と。
    すると、保育園の先生のが答えが
    「『イヤだ!』と言っているんじゃないでしょうか」と。

    ……なるほど!
    イヤだ!か!
    これで合点がいきました。

    「パパ」「ママ」「青」「ちっこ」など喋れる言葉は増えてきたんですが、確かに真奈のことを「まにゃ」とくっきり発音できなかったりするのです。
    本人的には「イヤだ!」と言っているつもりが「イヤま」になっている。
    あるいは僕たちが「イヤだ」と発音しているのが「イヤま」に聞こえるのかもしれません。
    なるほど、そういうことか。
    しかし一つだけ言えるのさ……

    何にしても一発で……かーわいいっ!
    超かわいい。
    「イヤま、イヤま」と連発する時が特にかわい。なので、嫌がるだろうなと思うことをわざとして「イヤま」を引き出そうとしてしまったりします。イヤな親父ですね。

    でも、ホントにかわいいんです。「イヤま」



    ……という、何のオチもない娘溺愛日記でした。

    こんな記事は「イヤま」
    ……かーわいっ。

    失礼しました。

    2017.10
    11
    Category : 日記
    先日、文学フリマに行ってきました。
    昨年に引き続きの出店でしたが、残念ながら昨年の方がたくさん売れました。うーん……

    昨年は劇団員の唐島くんにも手伝ってもらって、交代で売り子をやったんですが、これは唐島くんの力が必要だったってことですかね……

    今年は昨年の反省を生かして、なるべく目を引く工夫をしたつもりではいたんですが……



    とはいえ、嬉しいことがあって。
    昨年、たまたま『中央区今泉』の台本を買ってくれて、それでその後に『中央区今泉』のロングラン公演も観に来てくれた方がいたのです。
    「言葉が刺さります」
    と嬉しい感想も言ってくれました。
    (今年も『人間の種類』を買ってくれました)

    こういう出会いは文学フリマに出店していなければなかったはずで、こういうお客さんとたくさん出会っていく方法を考えなければなと改めて思いました。

    そういう点では持っていった次回公演のチラシは全てハケたので、それだけでも出店した甲斐はあります。
    だって文学・本好きがたくさん集まるイベントですからね。演劇に興味を持ってもらえる可能性はスポーツマンの中にチラシを撒くよりもはるかに上がるわけですから。

    福岡で演劇活動を始めて20年以上になりますが、お客さんを集めるというのはどこの団体も課題です。
    まあ、演劇って普通に生きているとなかなか接点のないものですからね。こちらが待っていてもお客さんがたくさんやってきてくれるということはありえない。僕たちがどんどん出ていって、色んな方法で演劇をアピールしなければいけないなと思っています。

    とはいえ、思ったように売れないとヘコみますが……

    来年もまた、今年の反省を生かして出店したいと思います。

    おしまい。






    2017.10
    10
    Category : 日記
    今日は久々にまとまった時間が取れたので、朝から台本を書こうとはりきっていました。
    心が散らかっている人は部屋も散らかっているというじゃないですか。
    なので、ソファーの上に放置していた溜まった洗濯物をたたむことにしました。
    丁寧にたたんでいると心も落ち着きますしね。台本へ向かう集中力も高まるというものです。

    と、奥さんが入ってきました。
    「台本、どっかお店行って書く?」

    ……コーヒー一杯300円でも鬼のように怒る奥さんからまさかの発言。

    「いや、掃除したり洗濯物干したり、バタバタするけん邪魔かなーと思って。」

    ……なんだかんだ言ってもいい奥さんなんです。ちゃんとわかってる。心が温かくなりました。
    しかし、洗濯物たたんで集中力を高めているところだったし、そんな優しい奥さんの側の方が頑張れるんじゃないかと思い、今日はうちで書くよと断りました。

    洗濯物をたたみながら音楽でもかけます。
    集中力、いい感じです。

    と、またもや奥さんが入ってきました。
    「これ、どう?」
    奥さんはドレスを着ています。
    実は来週の日曜日、兄の結婚式があるのですが、そのドレスを選んでいたようです。

    「いいね。若く見えるよ。」

    穏やかな気持ちでポジティブな感想を述べたつもりだったのですが……

    「そんなんどうでもいいけん。そうやなくて親族として軽くない?」

    ……いきなり怒り出しました。
    どうやら、見てほしいポイントが違ったようです。

    「ああ……そうね、ちょっと軽い……のかもね……」

    正直、僕にはよくわかりません。
    別にそれでいいやん、と出かかった言葉を飲み込みました。

    「もっと丈が長い方がいいかな?」
    「ああ……そうね……」
    「あー、もうそれやったら実家まで取りに行かないかん!」

    ……いや、僕に怒られても。

    「いいや、わかった。ありがとう(と外へ出ようとして)ちょっと、なんでその上に乗っとうと!?」
    「え?」

    僕の足元にはフロアマットがたたんで置いてありました。
    この後、夏の間敷いていたゴザを片付けて、敷き変えるように奥さんが用意していたようでした。
    そのマットが置いてあったのは僕の洋服がしまってある押入れの下で、たたんだ洗濯物をしまっていた僕は知らずにそいつを踏みつけていたのでした。

    「今から敷くのに何で踏むとよ!」



    ……結局、外へ出て台本を書くことにしました。




    おしまい。


    2017.10
    09
    Category : 日記
    今日は奥さんが仕事だったので、娘と2人で近くのイオンにあるキッズーナに行ってきました。

    ボールプールがあったり、トランポリンやすべり台、絵本に車や電車のおもちゃ、ゲームなど子どもが楽しめるものがたくさんあり、多くの親子連れで賑わっていました。

    で、その中で思ったんですが……子どもと一緒に遊んでいるお父さん率が非常に高い。

    僕の幼い頃はそれほど父親の育児参加はなかったように記憶しています。休みの日のお父さんは家でだらーっと寝ている、みたいなイメージがあったんですが、現代は違いますね。

    率先してお父さんたちが遊んであげていました。

    しかも、娘が鉄道のおもちゃで遊んでいたんですが、その周りにもたくさんのお父さんたちがいて「ポッポー」と「シュシュシュシュシュ……はっしゃー」とか猫なで声で子どもたちに語り掛けていて、ああ、現代の男性というのは子煩悩だなあと。
    時代は変わるものですね。

    その帰り道、エスカレーターへ向かっていると自動販売機コーナーに男子中学生が5人たまっていて、何やらきゃっきゃと騒いでいます。
    と、
    「でも、手つないだっちゃろ」
    という言葉が漏れ聞こえてきて、回りの子たちが囃し立てていました。

    青春ですねー。

    好きな子の話でもしてるのでしょう。
    しかし、おそらく好きな子と手をつないだであろう男の子は
    「マジで何考えとうかわからん」
    と浮かない顔をしていました。
    手は繋いだけど、その先に進んでいいものかどうなのか確証が持てずに悩んでいるんでしょう。きっと女の子の気持ちがわからないんですね。
    こういうところは時代が変わっても変わらないところなんでしょうね。
    微笑ましい思いで見ていると、娘がだっこをせがんできました。
    娘をだっこしながら、しかしこの子があんな男たちと手を繋ぐ歳になったら……と想像すると、胸がざわざわしたので強く抱きしめました。
    娘は「いや」と険しい顔をしました。

    おしまい。