RSS
    Admin
    Archives

    幸田村

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出・役者。

    次回公演は2018年4/13~4/15
    @リノベーションミュージアム冷泉荘 2コ1多目的スペース
    『あの人、賃貸だから』

    持ち家か賃貸かで格付けし合う、愚かな人々を滑稽に描いた会話劇。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2018.01
    05


    23:24
    Category : 
    ディズニーの英語システムというものがあります。
    DVDやCD、その他色々なグッズで遊びながら自然と英語を覚えられるというもので、それらにディズニーのキャラクターが使われているのです。
    で、この体験版を近所のイオンで配っていて、娘とブラブラしている時にもらったのでした。
    DVDを観てみるとディズニーが子どもと一緒にABCの歌(A,B,C,D,E,F,G...というアレです)を歌ったり、簡単な英会話をしたり、確かに楽しんで観ながら自然と英語を覚えられるような構成になっていて、娘も何度も観ているうちにアルファベットを覚えてしまいました。

    娘はABCの歌が特に好きで、車の中でも体験版のCDをかけて一緒に口ずさんでいます。
    その様が可愛いし、英語も覚えてくれるなら……と親としては嬉しくもあるんですが……何度も何度も聞くのです。
    CDにはこの曲含め6曲入っているんですが、ABCソングのエンドレスリピート。
    大人はね……そりゃ飽きますよ。たとえば1時間車に乗っているとして、1時間延々この曲が流れているわけですからね。
    一回終わるたびに
    「もういっこ(もう一回の意)」
    とせがむ娘。
    面倒だから一曲リピートに設定していました。

    これが11月くらいからずっと毎日続いているわけですから結構しんどい。
    たまにリピート設定をしれっと解除して次の曲を聞かせてみたりすると
    「イヤ。ミッキー(ABCの歌の意。DVDの中ではミッキーが歌っているのです)もういっこ」
    と泣き叫びます。
    しかし、それがついに……別の曲を聴き始めたのです。

    CDの5曲目にWhat's in your basketというのがあります。
    CDはDVDで流れる歌と同じものが入っていて、DVDではこの曲も大好きだったのです。
    今までリピート設定を解除して二曲目に突入するとすぐさま
    「イヤ。ミッキーもういっこ!」
    と泣いていましたが、今日はその声を無視して
    「じゃあその次も聞いてみよう」
    と三曲目、四曲目と飛ばしていったのです。すると5曲目・What's in your basketで
    「あ!DVDでも観たあの曲!」
    と言わんばかりに反応しました。

    やった……やっとミッキー地獄から解放される……

    軽快なリズムでWhat's in your basket,Minnie,Minnie……と歌うCDに合わせて娘も口ずさんでいます。僕も一緒に歌ってみました。
    そして5曲目が終わり、6曲目に突入すると、
    「イヤ。バス(basketのことでしょうね)もういっこ!」
    と泣く娘。
    いいよいいよ、やっとミッキー地獄から解放されるんだからとリピートしてあげました。
    しかしそれはバス地獄の始まりでしかなかったのです。

    ……ミッキーとバスと、交互に聞くとかすればいいのにね。
    なんで一曲エンドレスなのさ……



    たまには違う曲も聞かせてくれー!!!!!



    スポンサーサイト
    2018.01
    04


    23:14
    Category : 
    あけましておめでとうございます。
    随分更新が滞ってしまいました。
    滞っている間に年も明けてしまいました。
    新年、いかがお過ごしですか?

    僕はというと年末年始、保育園がお休みの娘とずっと一緒に過ごしていました。
    こんなに長い間ずっと一緒にいるのも久しぶりだし、さすがに2歳ともなると言葉も覚えてきて赤ちゃんの頃とはまた違った可愛さや楽しさがあるものですね。
    一緒に初もうでに行っても昨年やその前は訳も分からずぼんやりしていたのに、今はこちらの言葉を少しずつ理解して覚えようとしてくれる。
    「手を合わせてお参りするよ」と言ったら手を合わせて見よう見まねでお参りしてくれるし。もう、可愛いのなんの。
    露店で買ったから揚げや梅が枝餅を一緒に食べて笑いあったりまるで初恋の人とデートをしているかのようなときめきすら感じます。

    そんな娘の今朝の話。
    今日が新年最初の保育園だったんですが、休みが長かったせいか「アンパンマン乗るー!」
    とグズっていました。
    アンパンマンとは近所のイオンモールにあるアンパンマンのカートのことで、つまりは保育園には行きたくない、アンパンマンに乗りに行きたいということなのです。
    日頃、イオンへ買い物に行く時
    「アンパンマン乗りに行こうか?」
    と声をかけていたので覚えていたのでしょう、
    「アンパンマン……!アンパンマン……!」
    と喚きながら床を転がっていました。

    グズる娘にキュンとし
    「じゃあ、今日はアンパンマン乗りに行く?」
    と声をかけると、すぐさま奥さんの「ダメ」の一言。
    「どうせ行ったってすぐ飽きるやん。」
    ……そうなのです。
    いつも最初は「きゃー」とはしゃいてカートに乗るくせに5分もしないうちに飽きて「だっこ」その後は乗せようとしてもイヤの一点張り。心底カートを欲しているというわけではありません。
    「今グズりようだけやけん、保育園連れていけば気分変わるよ。」
    確かに。2歳の子なんてそんなものです。今グズグズ言っていても、気分なんてすぐに変わる。風呂上り「ブオーン(ドライヤー)はイヤ」と喚いていてもアンパンマンの動画を見せるとすぐに夢中になってドライヤーを許してくれる。
    ここは心を強く持って保育園へ連れて行くしかない。
    とはいえ「アンパンマン……!アンパンマン……!」とグズっている娘。しょうがないので
    「わかった。またね。また今度ね。」
    と言って無理やり抱き上げました。
    とはいえ、今日からはあれこれ忙しくなるし、また今度がいつになるかはわかりません。
    まあ、でも2歳ですし。車に乗せて気分さえ変われば大丈夫だと思ったのです、その時は。
    が……

    「また今度ね。」
    車の中、ニコニコと笑いながら娘がそう言いました。

    ……最近はよく覚えますからね、言葉。
    しかも、少しずつ理解して覚えてくれようとしますからね。

    軽々しく適当な事は言えないなと思ったのでした。





    2017.11
    19


    23:44
    Category : 日記
    『ぴよーん』という絵本があります。
    カエルやうさぎ、犬、猫なんかが座っていて、次のページではぴよーんとジャンプしている、というただそれだけの絵本です。
    娘がこの絵本が大好きで。
    0歳の半ばごろに買って、それからずっと読んであげているんですが、一向に飽きません。
    「カエルが……」と最初のページを溜めて読んで、次のページを一気にめくりながら「ぴよーん!」と読んであげるときゃっきゃ言って喜ぶんですね。
    僕も娘が喜ぶと嬉しいので、日に何度も何度も
    読んであげていました。
    しかし近頃は元気に走り回って遊んでいることが多く、絵本を読む機会は少なくなっています。

    で、今日。
    久しぶりに娘が『ぴよーん』を持ってきました。
    いつものように読んであげていたんですが、娘も2歳。ただ読むだけだと面白くないかな、と思って、一番最後のページ、女の子がぴよーんとジャンプした後に
    「まなちゃんも……ぴよーん」
    と脇の下に手を入れて、ぴよーんと持ち上げてあげました。高い高いの要領ですね。
    昔は高い高いをすると怖がっていたこともあるんですが、さすが2歳。きゃきゃきゃーと喜びました。
    「もう一回」と『ぴよーん』を差し出してきます。
    「まなは好きやもんねー」
    ともう一度読んであげていると、冒頭のカエルがぴよーんとジャンプするページで
    「ぴよーん」
    と何かを訴えかけてきます。

    どうやら、さっき最後のページでやってあげたリアルぴよーんをやってくれとせがんでいるようです。

    娘の喜ぶ顔をは大好きなので「ぴよーん」とやってあげました。

    次はこねこのページです。
    「こねこが……」
    と溜めていると
    「ぴよーん、ぴよーん」
    とせがんできました。
    「もうしょうがないなあ」
    ともう一度、リアルぴよーんをしてあげました。
    いぬのページ。
    やはり
    「いぬが……」
    と溜めていると、
    「ぴよーん、ぴよーん」
    とせがみます。

    ここで嫌な予感がしました。
    これは、全ページでせがまれるのではないかと。

    娘が喜ぶ顔は嬉しいですが、もう2歳。それなりに重くなっています。
    それを座った状態からえいやっと持ち上げて高い高いするのは、40歳にとっては足腰に結構なダメージを受けるのです。

    これはマズイ……

    気づかないフリをして普通に「ぴよーん」と読み、次のページへ進むと
    「ちがう、ちがう」
    と訴えてきました。
    「ぴよーんしたいと?」
    と聞くと笑顔でうなづきます。

    ……こうなったらやらないわけにはいきません。

    最後までリアルぴよーんをやりきりました。
    足腰、ガクガクです。
    しかし娘は「もう一回」と絵本を持ってきます。
    「パパ、もうきついよ」
    と言うと泣き出しました。

    ……こうなったらやらないわけにはいきません。

    結局、3回、ぴよーんを読んだ……というかやりました。
    楽しませるのも考えものです。

    2017.11
    14


    14:06
    Category : 日記
    公演中の話ですが……

    うちの奥さんはしっかり者なので、僕が無駄なお金を使わないようにいつも麦茶をペットボトルに入れて持たせるんです。
    公演中ももちろんそうで、毎朝用意してくれていました。
    本番中は緊張するし、小屋の中も乾燥するので喉が乾くんですよね。大量にガブガブ水分を取るので、まあたまにはコンビニで好きなもの買いたいなと思いはしますが、奥さんの心遣いはありがたく感じていました。
    そんなある日、朝、いつものようにペットボトルに入った麦茶が準備してありました。僕がいつも使っているペットボトルカバーもちゃんとしてあります。
    と、その隣にもう一本、カバーのかかったペットボトルが置いてありました。最近洗い替え用に奥さんが購入していたリラックマのペットボトルカバーです。
    毎回、本番の袖で僕が激しく水分を取っているのを見ていたのでしょう。今日は2本用意してくれているようです。
    気の利く奥さんだな、と2本ともカバンに入れました。
    すべて準備も済んでいよいよ出掛けようとなった時、奥さんが麦茶がないと言い出しました。
    「あなたのと並べて置いとったっちゃけど。」
    「え?カバンに入れたけど」
    「は?」
    奥さん、見る見る不機嫌な顔になりました。
    「いや、だって洗い替えのリラックマカバーもついてたし、僕のかなと思って、」
    「それあたしのやん」

    ……どうやらリラックマカバーは2つあって、色が濃い方が僕のらしいのです。
    僕のカバンに入っているリラックマカバーは薄い方でした。

    「どんだけ自分のことしか考えてないと?信じられん」

    その後、劇場につくまで力いっぱい罵られたのでした。
    だって2つあるって知らなかったし、気遣ってくれたのかと思ったし……

    夫婦とはいえいつでも奥さんが見てくれているわけではないですね。ええ。


    2017.11
    13


    08:47
    Category : 
    久々の更新です。
    10月末から随分滞ってしまいました。
    劇団の大分〜福岡公演があったので、忙しさにかまけて滞らせてしまいました。
    いかんですね。
    とりあえずは公演も無事終わったので、またぼちぼち更新していきたいと思います。

    実はもうすぐ娘の誕生日です。
    早いもので2歳になります。
    最近は言葉もたくさん覚えてきて、日々、成長を感じているところです。
    パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、まな、もう一回、バス、トラック、くるま、アンパンマン、おかあさんといっしょ、イルカ、マンボーetc
    まだはっきり喋れない言葉もありますが、
    『あれは○○だよ」
    と教えると真似しようとします。こっちが何を言ってるかも理解しているし、本当に感心です。
    ごはんも一人で食べますし、一生懸命フォークとスプーンを使っている姿を見ているとキュンキュンします。

    で、この間。

    あまりに愛らしいので、アンパンマンを見ている娘に
    「ほっぺ」
    と言いました。
    こう言うと、頬ずりをしてくれるんですね。
    しかしこの時は大好きなアンパンマンを見ているせいか、頬を近づける僕を煩わしそうに手で払いました。
    「邪魔?」
    と聞くと、うなづく。
    そっか、とあきらめようとした僕に「ジャマ」

    娘はニコニコ笑っています。
    「ジャマ」という言葉を覚えて嬉しいようです。
    再び「ジャマ」
    「ごめんね、もう邪魔しないよ」
    と言っても
    「ジャマ」

    ……新しく覚えた言葉は使いたがるんですよね。

    「ジャマ」
    「ジャマ」
    「ジャマ!」
    娘ははしゃぎながらジャマを連発します。


    ……そんなに言わんでいいやん!悲しくなるやんけ!


    悪意はないのはわかっていますが、大変傷ついたのでした。

    おしまい。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。