fc2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    半径50メートル

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出

    次回活動予定
    2021年12月FPAPプロデュース公演の作・演出。劇団の公演はおそらく来年。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2021.09
    18


    04:09
    Category : 日記
    約一週間ぶりの更新です。
    7月のあのやる気はどこ行った?って感じですが、まあ、そんなもんですね。

    で、表題の通りワクチン二回目ナメていた、という話ですが。

    いやー、なかなかしんどかったですねー。

    これを書いているのは9月18日の深夜3時ごろ。
    さっき目が覚めて、ウソのように身体が軽くなったので、ブログでも更新するかと気持ちも軽やかになっていたんですが、昨日は一日、死んでいました。
    死んでいましたとか書くと大げさですが、風邪で高熱が出た時のあの感じ。あれが一日、続いていました。
    僕の場合は最高で38.6度。もっと、ねえ、39度とかなんなら40度とか出る人もいるみたいなので、38度台でなに情けないことを言っとるんじゃ!という感じですが、普段、熱出たりしないので。なので、堪えましたねえ……

    ワクチン2回目は9月16日木曜日の14時半ごろに打ちました。
    打ったばかりはこんな余裕なツイートしてられるくらいなんともなかったんですが。





    夜、日付が変わって17日の深夜1時ごろから、じんわり注射を打ったところの周辺が痛み出しました。
    お、そろそろ来るか?とこの時もまだ余裕です。
    打って二日目に副反応が出る人が一番多い、ということも説明を受けていたので、心構えはありました。
    2時ごろ、痛みが増していきます。ごろんと寝転がって、スマホを持ち上げようとすると「あいてててて……」という感じで腕を上げにくいような状態。「いたいいたいいたい!絶対、無理!」というほど痛いわけではありません。じんわり痛い。
    3時ごろ、体温はまだ36.9度でしたが、そろそろ熱が出てきそうな気配がしました。悪寒ってやつですね。
    そして4時になって37.3度の発熱。

    ……っていうか、寝れてないんですよね。

    いつも24時前とか、遅くとも1時前には寝るんですが。
    この日はベッドに入っても全然眠くならない。まあ、いつか眠くなるかとごろごろしていて4時ですよ。
    やっぱり身体がいつもと違う状態だったんでしょうね。

    5時前になって悪寒がひどくなってきました。熱はまだ37.4度。
    一晩中起きていて(というか寝れなくて)お腹がすいてきたので、にゅうめんを食べました。
    食べたら悪寒が収まった気がして、お腹がすいてただけかよーとか思っていたら、5時半、37.9度。そして6時台には38.3度でいよいよ上がってきたので解熱剤を飲みました。
    普段熱を出さない僕はもうこの時点でしんどくて(慣れてないですからね)、ごろんと横になって起き上がれずにいました。でも、やっとこの辺でウトウトできたのかな。

    眠ったのか眠ってないのかよくわからないくらいの浅い眠りで、7時半ごろに目を覚まし、体温を測ると37.3度。解熱剤が効いたようです。身体も少し楽になった感じ。
    娘たちに朝食を食べさせ、しかし保育園へ送るのは奥さんと同居している父に頼みました。

    9時過ぎから講師を務めるKVAのオンライン授業。
    今日は台風のせいでオンライン授業になっていたんですが、いやー、台風さまさまというか、もし台風来てなかったら出勤できなかった気がします。二日目に副反応が出る人が多いなんて接種会場で説明を受けて初めて知ったので、特に翌日のことなんて考えてなかったんですよね(という時点でナメていたことがおわかりかと思います)
    8割の人が二日目に出るらしいので。これから接種する方は翌日の仕事とか学校のことを考えておいた方がいいです。

    解熱剤が効いているせいか、授業中は特にきついことはなかったです。パソコンの画面に向かっていつも通り。テンションが上がっていて気づいてなかっただけかもしれませんが。

    12時半に授業を終えて熱を測ったら38.6度でした。身体も熱いし、頭もぼうっとしています。
    昼ごはんを食べ、午後からやっと眠ることができました。もちろん解熱剤も飲みました。

    ちなみに、解熱剤ですが。
    「アセトアミノフェンやイブプロフェン、ロキソプロフェン等で対応いただけます」と接種会場で説明を受けていて。
    もうすでに二回接種を終えていた両親が買っていた解熱剤がありました。(二人は何ともなくて結局使わなかったんですが)
    薬局で「これがいい」と言われて買ったやつらしいですが、それはあんまり効かなかったですね。イブプロフェンが入ったやつ。昼ごはんを食べたあとにこっちの解熱剤を飲んだんですが、目を覚ましても38度台でした(一番ひどい時だったからかもしれませんが)
    それよりも最初に飲んだアセトアミノフェンが入ったパブロンゴールドの方が効いた感じがします。人によるのかもしれませんけどね。

    さて。
    16時ごろに目を覚ましましたが、38.3度。あんまり下がっていません。身体が熱くてぼんやりしています。
    これからしばらくがしんどかったですね。ごろんと横になってただただ台風情報をぼんやりながめていました。
    保育園から帰ってきた娘たちが「パパ、パパ」と寄ってきて、「パパはお熱できついとよ!」と奥さんが言ってもわかっているのかわかっていないのか、背もたれにしていたまくらを「これまなちゃんに貸して!」と言って奪っていく始末。まあ、5歳ですからね……
    19時ごろ、奥さんに用意してもらった夕飯を食べ、熱を測ると37.6度。少し下がった気はしますが、まだまだ高い。三回目の解熱剤を飲みました。上で書いた通り二回目のやつは効かない気がしたので、一回目に飲んだパブロンゴールド。
    20時半ごろ、再び熱を測ると37.2度。まだだるさはありますが、なんとなくピークを越えた感じもしました。そのまま娘を寝かせる前に僕が寝てしまって、そして今。9月18日の深夜2時半ごろに目が覚めましたが、ウソのように身体が軽くなっていました。
    あ、もう完全に熱が下がったかな、と思いつつ検温すると36.6度。長い闘いが終わりました。

    今、目が覚めてから一時間くらい経っていますが、すっかりいつもの感じです。
    熱もありませんし、だるさもありません。昨日はなんだったんだという感じ。
    「副反応なんて大丈夫だろ」と楽観的に考えていましたが、見事に翻弄されました。恐れて備えておくくらいの方がいいのかもしれませんね。

    僕の場合は最高が38.6度。もしかしたら寝ている間にもっと上がってたのかもしれません。
    悪寒、だるさ、そんなところですかね。関節の痛みとかはなかったです。あと、注射打った周辺の痛みも熱が出始める前が一番痛かったかな。ずーんと痛い感じ。
    たぶん、副反応としてはそれほど重いわけではないと思いますが、普段熱を出さないので慣れてなくてしんどかったです。

    一日目、三日目に副反応が出る方もいるみたいだし、もっと高熱が出る方、全然なんともない方と人によって様々みたいなので、これから接種される方は色々想定して準備をされていた方がよいのかな、と思います。
    どうぞご自愛ください。

    2021.09
    10


    22:16
    Category : 芝居
    すっかり更新が滞ってしまいました。
    前回更新したのが先月27日。『おっさんとラブ』という表題で出演する舞台の宣伝でした。
    あれから二週間。『おっさんとラブ』その後です。

    まあ、その後と言っても公演が終了したよ、というだけで何か恋が進展したとかいうわけではないんですが。

    本当は公演が終わったタイミング(先月の29日)で感想とかを記した方がよかったんですが、なにせ怠惰な男なので。
    大体、はりきって7月から更新を再開したのも舞台の宣伝をしたかったからなので、幸田・夏の舞台シリーズ(KVA『Sixteen 』HallBrothers『まっすぐ目を見て話してください』くまもと演タメ学園生徒会『おっさんとラブ』)が終了した時点でもう更新するモチベーションなんて残ってやしないのです。

    ……ダメな男だな、ホントに。

    今度は12月にFPAPのプロデュース公演があるのに。
    今からちょいちょい更新していけばいいのに。

    また11月ごろから宣伝したいがためにはりきって連日更新するかもしれませんが、まあ、しばらくの間はのんびりとやっていこうかと思います。

    そんなわけで『おっさんとラブ』ですが。

    あ、そういえばこの作品、舞台は終わりましたがまだアーカイブ配信は観ることができるのです。
    それがなんと、明日まで!明日か。もっと早く宣伝しておけばよかったですが、まあ、あと一日あります。まだご覧になってない方はぜひ。素敵な作品です。

    https://twitcasting.tv/k_entame_sc/shopcart/94824

    久しぶりの客演(約10年ぶりくらい?)でしたが、楽しかったです。

    基本、自分が書いて演出している作品のセリフばかり口にしているので、他人が書いたものを演じるのは新鮮でした。っていうか、役者とはそうあるべきですよね。他人が書いたものに命を吹き込んでこそ役者です。僕なんて自分の劇団でついででやっているようなもんだな、と、このついで役者め、と少しばかり恥ずかしい気持ちになりました。

    四谷先生(僕が演じた役です)、難しかった。
    何でもないセリフばかりなので、セリフ自体は難しいものではありませんが、でも、だからこそ難しいというか。
    本当になんでもなく喋ったら、なんでもないだけのセリフになってしまうので。そうではないのです。その裏にある何かをね、感じさせないといけないわけですよ。

    そういえば、二十歳の頃、バイト先の先輩から「幸田って演劇やってるわりに普段の喋りが棒読みよね」と言われたことを思い出しました。

    あれから二十ウン年。ことあるごとに「僕は棒読み」というのが頭の片隅に浮かんできて。棒読みコンプレックスです。
    ですので四谷先生の何でもないセリフを豊かに言えたかは未だに自信ありません。まあ、棒読みかどうかはぜひ、アーカイブ配信をご覧になって確かめてください……って宣伝かよ、って感じですね。はい、宣伝です。ぜひぜひ、観てほしい。もう一回、購入URLを貼っておきますね。

    https://twitcasting.tv/k_entame_sc/shopcart/94824


    僕は基本的に相手役のきゅうちゃん(藤原美津季さん)としか絡んでないんですが、本当に助けられました。
    何に助けられたかというと、その可愛さに……ああ、こういうコメントおじさんっぽいですね。まあ、いいか、おじさんだから。
    なんというか、するっとこっちの中に入ってきて、僕のこともするっと受け入れてくれた感じがして、とても演技しやすかったです。大事ですよね、演技しやすい演技。演技は掛け合いですから。妙なバリアがあったりすると演技になりませんが、そういうのがなかった。

    そして僕以外のおじさんたちがなんとも芸達者な人たちばかりで、見ていて楽しかったです。
    もちろん女の子たちも素敵ですが、この芸達者な福岡演劇界のおじさんたちをぜひとも見てほしい。元々センスのある人たちですが、年をとることでより味わいが出ていると思います。
    僕も若い頃は年を取っていくことが怖かったし、おじさんになってまで演劇するなんてダセエとか思っていたこともありますが、完全に間違いでした。
    役者は年をとれば取るほどいい味が出てくる。ですので、この面白おじさんたちをぜひ見てほしいと思います。というわけでもう一回URLを貼っておきましょう。しつこい。

    https://twitcasting.tv/k_entame_sc/shopcart/94824




    2021.08
    27


    10:15
    Category : 芝居
    もうすっかり更新が滞るのがデフォルトになってしまいました。
    この記事ももっと早く更新しようと思っていたのに、今日から小屋入りというタイミングになってしまいました。

    お知らせ第三弾。およそ10年振りの客演。
    くまもと演タメ学園生徒会修学旅行
    『おっさんとラブ』



    タイトル通りおっさんとアラサー女子たちがラブする話です。

    ラブか……

    僕の役はあれであれであれなんですけど、まあ、観てもらえたら。

    通し稽古を見ていても普通に面白いです。

    まず、おっさんたちが面白い。
    僕もおっさんの一人なんですが自分のことは自分でわからないので、他のおっさんたち。
    木村健二さん、田坂哲郎さん、村上差斗志さん。
    福岡の演劇界では知らない人はいないというほど手練なおっさんたち。
    いやー、面白いですね、みなさん。
    そしてかわいい女の子たち。

    僕のお相手はこの方。



    ……なんかこの映像、不倫のニオイがしますね(笑)

    あ、劇中は全然そんな感じじゃないです。ツイートに書いてある通り爽やかで暖かいラブ。全然不倫みたいなドロドロした感じはないので。

    全体的にチラシのイメージ通りポップでおしゃれな感じです。
    セリフもセンスがあるなあ、と感心しながら演じています。そんなに特別な言葉ってことはないんですけど、小粋なんですよね。なんか。
    やっぱり物事を見る角度がいいのかな、なので「そういう切り口でくるんだ」みたいなセリフがたくさんあります。
    あと、フフッと笑えるところもたくさんあって、上演時間110分と結構なボリュームがありますが、飽きずに楽しんでいただけるのではないでしょうか。

    というわけで『おっさんとラブ』
    明日・明後日本番です。明日は配信もあるので、劇場に来れない方は配信でご覧になるのもよいのではないでしょうか。
    お待ちしています!

    2021.08
    26


    23:14
    Category : 
    長女、5歳9ケ月。色んなことに興味を持つ年頃です。
    一緒にテレビを見ながら手ぐしで髪を梳かしていると、長い髪が抜けて、なぜだかそれが面白かったらしく、何度も何度もやっていました。
    そのたびに「見てみてー。また抜けた。」と見せてきて、その姿が可愛らしかったりするんですが、ふと手を止めて真顔になりました。
    「いかん。あんまり抜きよったらハゲになる。」
    その後、
    「パパはたくさん抜いたと?」






    んー……
    パパは抜いたんじゃなくて、勝手に抜けちゃったんだなー……




    世のおじさんで抜きたくて抜いた人はいないんじゃないかなー……
    2021.08
    25


    23:30
    Category : 鬼嫁日記
    奥さんと一緒に夕飯を作っていたら、ふと包丁を握る手を止め、深刻な顔で「あのさ、」と言い出しました。
    その思い詰めた表情に思わず身を固くして、恐る恐る「なに……?」と聞くと

    「あなたは何も言ってくれんけど、さな(次女)が生まれた後から3キロ減っとうっちゃんね……」


    ……え、まさかの深刻な病気の告白とか?


    固唾を飲んで次の言葉を待っていると、



    「あたしが丸い時はすぐ『言いにくいけど丸くない?』とか言うくせにさ……」









    ……え?あ、痩せたってことですか?


    「あ、そんなこと?」と安堵のため息をついたら、包丁を握る手をこちらに向けました。


    「そんなことってなに!?」





    あ、いや、あの、そういう意味じゃなくて……あ、えーと……すみません……