fc2ブログ
    RSS
    Admin
    Archives

    半径50メートル

    福岡の劇団HallBrothers・主宰幸田真洋の日記とか雑記とかいろいろ。

    プロフィール

    幸田真洋

    Author:幸田真洋
    劇団HallBrothers主宰・脚本・演出

    次回活動予定
    8月にKVA俳優学科2年生夏公演 作・演出。
    9月に劇団 HallBrothers一年ぶりの本公演。『300坪』作・演出。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2022.06
    08


    08:40
    Category : 日記
    最近、体重を測るようにしています。
    うちには体組成計といって内蔵脂肪とか筋肉量とか、体重からからだの組成を測れるやつがあるんですが、それを使って詳細に。

    ここ数年、健康診断に行くたびに「メタボですね」と言われます。

    で、近頃さすがにお腹まわりが気になり始めたのでダイエットをすることにしたのです。筋トレなんかもちゃんとするようにして。
    それで今まで見向きもしなかった体組成計を使ってみてるんですが、いいですね、これ。内臓脂肪とかも測れるし、毎日数字の変化を確認していると「もっと頑張ろう」という気になります。なにより、体内年齢も測定してくれるんですが、僕の現在は31歳らしいのです。

    31歳。

    今年45歳になるんですが、体内年齢は14歳も若いんですよ。

    以前はアンチエイジングのアンチでした。

    年は誰でも取るものだし、自然の姿に無理に抗おうとするのってみっともなくない?とか思っていたのです。
    頑張って運動したり美容に気を使うのもかえって醜いみたいなね。年相応でいいだろうとか思っていたわけですが、自分がおじさんになってくると「若くいたい」とか思い始めたのでした。

    もうね、ばりばりアンチエイジングですよ。

    なもので、体組成計から「あなた体内年齢は31歳ですよ」とか言われたら超嬉しい。

    もともと若く見られることも多いですし、今年45なんて実感もないですから。いつまでも35歳くらいの気分でいましたが、体組成計が担保してくれたみたいでご満悦でした。

    で、今日、KVAの授業だったんですが。
    女子学生から「先生っていくつですか?」という質問がありました。
    例年こう聞かれて「43だよ」とか「44だよ」とか言うと「うそお、30代かと思った!」と言われ続けてきました。
    若く見られたいおじさんとしてはプライドをくすぐられて超気持ちいい一コマです。そんな場面が今年もやってきました。
    「今年45だよ」というと「きゃあ」と歓声が。きたきた、と思ったら

    「あたし46でした!」
    「あたし42!」

    どうやら、二人で年齢当てゲームをしていたようです。46の子がニアピンで勝ったのでした。

    ……いやいやいや、42と46?

    毎年若いって言われるのに?
    体組成計にも30代だと言われたのに?

    頬がピクピクするのを抑えながら冗談めかして

    「毎年『うそー30代かと思った』みたいに言われるんやけどね」

    と言うと

    「あ、本気で当てに行きました」

    と。

    ……本気で当てに行った?

    本気で当てに行った?忖度なしで?

    ということは、毎年、忖度されていたということですね。


    ……


    ……



    アンチエイジング、がんばろう。



    2022.06
    03


    17:42
    Category : 日記
    次の予定まで時間があるので、ちょっと一服とスタバにやってきたんですが……

    文章で説明するのも面倒なので図示しますね。



    このスタバは上記の図のようになっています。
    下の方に並んでいる二人がけのテーブルに座ろうと思ったんですが、緑のところしか空いていなかったんですね。
    で、よっこいしょと座ったところ、ピンクのところにも女性が座っていました。

    ピンクと緑、斜向いで向かい合うような感じになっています。

    当然、僕の視界には向こうの顔が入っていて、逆もまた然りです。

    ……ものすごく気になる。

    これ、図で見るより結構近くて、僕はパソコンを広げ、今これを書いていますが、つまり僕の視線はパソコンの画面に注がれていますが、視界の端にずっと若い女性の顔が入っています。しかもかわいい。あ、いや、かわいいはどうでもいいんですが。いや、よくないか。いや、どうでもいい。あああ、もう混乱して何を言っているのかわからなくなっていますがとにかくチラチラと入ってくる。めるるに似てると言えるかもしれない。いや髪型だけかな。チラチラとしか見ていないので断言はできませんがめるるっぽい子です。めるる、かわいい。この子もかわいい。いやいやいや、そんなことはどうでもいい。いや、よくない。ちょっと本当にめるるに似てるか確かめたいところですが、じっと見ると気持ち悪いおじさんなので見ないようにしています。

    まあ、とにかくそんなこんなで非常に気になる。
    必要以上に鼻の下をこすったりしてしまいます。鼻毛出ていたらイヤですからね。あ、マスク外してる時です。飲み物飲む時外すじゃないですか。最近は基本マスクをつけているのでヒゲとか鼻毛とか結構無防備になってしまうことがあります。昨日、ヒゲは剃りました。鼻毛は切ってない。大丈夫かな……。

    わかってます、自意識過剰なのはわかっていますが……気になるんです。

    じゃあ別の場所へ座ればよかったじゃないかという話ですが、二人がけのテーブルにゆっくり座りたかったんです。あとはでっかいカウンターが店の中央にあって、そこはいくら広いカウンターとはいえカウンターの反対に座っている人と近い距離になってしまうので。
    でも、二人がけは緑のところしか空いていませんでした。

    緑の反対側、つまりピンクと隣合うように座るという手もありますが、それだとまさに「隣合う」感じになってしまうし、そもそもスタバは感染対策のため二人がけテーブルの片側には「こちらは利用しないでください」とシールが貼ってあるのです。そう、緑の向かい側、ピンクと隣合うところにはシールが貼ってあります。そのシールを無視してピンクと隣合うように座ると「え、なにコイツ?なんか隣に来たんだけど」みたいに見えるじゃないですか。
    ということで選択肢は緑しかなかったわけです。

    少しでも座席を作りたいスタバの気持ちもわかりますが、なぜ柱に向かい合うような、ピンクみたいな座席を作るのか。

    このピンクの座席がなければ僕は余計なことを考えずにくつろぐことができたのに。

    そしてめるるはなかなか帰ってくれない。
    帰ってほしくない気持ちもありますが、ずっといられると集中できないので。せっかくこの空き時間に台本を書こうと思っていたのに、めるるのことが気になって書けない。
    いや、そもそもめるるに似ているかどうかというのをまだ確かめていないわけですが、僕の中ではもうめるる以外にありえないという状態になっています。

    と、いうことをブログに書いたら少し落ち着きました。
    1ページでも台本を書こうと思います。

    パソコンから顔を上げて、飲み物を取り、背もたれにもたれて一息つくフリをしてチラッと視線をめるるの方に送りました。
    めるる、立ち上がって帰るところでした。
    結局、確認することができずじまい。
    なんだか、ホッとしたような、残念なような気持ちです。

    ……さ、台本書こう。

    2022.06
    02


    17:40
    Category : 日記
    僕、料理をしています。
    このご時世、奥さんだけが毎日料理をするというのはちょっと違いますよね。
    なので、僕もできる時は料理をするようにしています。
    木曜日は比較的暇なことが多いので、本日の夕飯と明日の作り置きのご飯も作りました。

    インターネットって本当に便利ですよね。
    ちょっと検索すれば腐るほどレシピは出てくるし、とりあえずその通りに作っていればそうそう間違うことはない。
    若干見た目は不恰好だったりしますが、娘たちからも「パパ、美味しい!」と言ってもらえることもそれなりにあって「料理くらい余裕っすよ」という気分です。

    で、今日はこちらを作ってみました。

    鶏むね肉のたらこマヨソース
    https://cookien.com/recipe/37566/

    長女が辛いものが苦手なので明太子は全く食べないのですが、たらこだったら大丈夫かな、と思いこれをチョイスしました。
    親としてはできるだけ色々なものに触れてもらいたいですものね。

    レシピ通り鶏むね肉を切り、砂糖・塩をすり込んで、片栗粉をまぶして揚げ焼きして……

    昨年からちょいちょい料理しているので手慣れたものです。
    ジャズでも流しながら料理しているとなんだかできる男っぽくて気分がいい。

    で、最後の工程。
    たらこの薄皮を取り、軽く炒めてマヨネースとレモン汁を入れ、鶏むね肉と和えれば完成、というところで、

    あっつっ!!!!

    突然何かが顔に飛んできました。
    そしてそいつは一発にとどまらず、パチッ!パチッ!とフライパンの上で弾ける音を立てながら僕の顔のみならず四方八方に飛んで行きます。

    正体はたらこ。

    バラバラにほぐされたたらこのツブツブが弾けているのでした。

    なんやオイ、レシピ通りにやってるやんけ!とよくよくスマホを見ると

    「たらこの薄皮を取ります。油と汚れをふき取ったフライパンに入れ、弱めの中火で色が変わるまで炒めて、火を止めます。」

    ……あ、火を止めてマヨネーズたちを入れなければいけなかったのね。

    マヨネーズの油と水分でたらこのつぶつぶが弾けて飛んできていたのでした。
    レシピってね……途中まで見たらあとは「あー、はいはい、こんな感じね」とわかった気になって最後までよく見えないんですよね……

    全然「料理くらい余裕っすよ」じゃないですね、ええ……



    2022.06
    01


    08:26
    Category : 
    下の娘、2歳なんですが、卒乳を進めています。
    長女もちょうど同じ時期、3歳になる年の4月に卒乳しました。
    2月ごろから「4月になったら止めようね」と言い聞かせていたらすんなり止めることができ、苦労することがありませんでした。
    次女も同じ感じで止められるかなと思っていたんですが……甘かった。姉妹、性格が全然違いますものね。
    次女は長女に輪をかけ甘えん坊で、天真爛漫。長女は嫌なことがあってもグッと我慢できますが、次女は「嫌だ!」とはっきりキッパリ、感情を爆発させて訴えます。
    おしとやかなおねえちゃんとわんぱくな妹という感じで二人、全然違うのです。

    なので、いくら言い聞かせていても一向にやめてくれません。

    2歳ともなると大人と同じ食事なので、母乳から栄養を摂っているわけではありません。
    ただ精神安定剤的にというか、寝る時に口にくわえていないと眠れないのです。甘えん坊ですね。

    卒乳は色々な考え方があって、無理にさせる必要はないという人もいます。
    やめる時期は千差万別で子どもそれぞれのタイミングでやめればいい、と。
    が、次女の場合、口にくわえてうとうとしていると噛むんらしいんですね。奥さんいわくそれが痛いと。

    僕も一度だけ、次女から噛まれたことがあります。

    お風呂、で次女が「パパのおっぱい飲むー」と冗談でくわえてきたので「いいよ。出らんけどね。」とかじゃれていたら噛まれました。あれは本気で痛かった。
    なので毎日噛まれる奥さんは苦痛だろうし、これはもう、このタイミングでやめさせるしかないと決意しました。

    で、卒乳作戦をはじめて約二週間、毎日ドライブに連れていっています。

    長女は当時、僕が絵本を読んでいたらすぐに眠ってくれていたんですが、次女は眠るどころかきゃっきゃと興奮していくので絵本は断念。代わりにドライブへ連れていくことにしました。
    子どもって車に揺られていたらすぐ眠っちゃうんですよね。
    次女も例にもれず眠ってくれるので、とりあえず毎日大体同じ時間にドライブへ連れていって寝せるようにしています。時間になったら寝る習慣ができれば、家で絵本を読んでいても眠ってくれるようになるのでは、という目論見です。

    しかし、ドライブへ出発して、のび太のように1分もしないうちに夢の中……というわけにはいきません。
    大体15分から30分くらいは車を走らせていて、だんだん眠りの世界へ入っていくのです。
    その間は歌を歌ってあげています。
    保育園で習ったのか「きらきら星」「犬のおまわりさん」「森のくまさん」「カエルの歌」が好きで、これらのうちのどれか一曲を寝るまでエンドレスで歌っている感じです。(子どもってなぜか同じ曲をリピートさせたがりますよね)

    が、昨晩。
    毎日毎日上記4つのどれかを歌っているのでさすがに飽きたのか「イヤだ」と言い出しました。
    何を歌っても「イヤだ!イヤだ!」の大合唱で埒があきません。このままでは覚醒してしまうと焦り、とりあえずアンパンマンの歌の1フレーズを歌ってみました。

    『勇気りんりん』という歌をごぞんじですか?これです。



    この曲の「アンパンしょくぱんカレーパン」のところだけ覚えていて、とっさに口をついてでました。
    すると、「ハッ」としてイヤだの大合唱が止み、「アンパンマンがいい」と。
    そこでもう一度「アンパンしょくぱんカレーぱん」と歌うと喜び、今度は「アンパンマンがいい、アンパンマンがいい」の大合唱。おそらく次女も眠いのです。眠い時はぎゃーぎゃーわめきますから。よし、今夜はアンパンマンだ、と歌おうとしたら恐ろしいことに気づきました。

    僕は歌詞を知らない……

    「アンパンしょくぱんカレーぱん」のところはなんとなく頭に残っていましたが、続きを知らない。
    娘たちがアンパンマンを見ている横で音は聞いているので音程はわかりますが、歌詞は覚えていない。興味ないですしね、アンパンマン。
    しょうがないので、

    「アンパンしょくばんカレーぱん。テテテテテテテンテテテンテン……」

    と鼻歌でごまかすことにしました。2歳だしね。詳細に歌詞を聞いているわけじゃないだろう、と。
    すると

    「テテテテンじゃない!」

    と言って次女が泣き叫びました。

    「アンパンマンがいい!」
    「え、でも、パパ歌詞しらんもん」
    「アンパンマンがいーい!」
    「わかったわかった。アンパンしょくばんカレーぱん。テテテテ」
    「テテテテンじゃない!!」

    歌詞、そんな重要ですかね……?アンパンマンで?
    スマホで歌詞検索すればすぐに出てきますが、しかし運転中。スマホの使用はできません。
    しょうがないので

    「アンパンしょくぱんカレーぱん」

    のところだけエンドレスリピート。やがて、次女は眠りの世界に落ちていきました。
    しかし、1フレーズだけえんえんとリピートする苦痛たるや……
    頑張って一曲全部覚えようと思ったのでした。
    2022.05
    31


    00:23
    Category : 日記
    ブログを再開して一週間が経ちました。
    やっぱりまとまった文章を毎日書くというのはいいですね。習慣、大事。ちなみにこの文章で約900字。今日の内容はどちらかといえば短い方で、ということは大体毎日1000字くらいは書いているということになりますね。
    たくさん手を動かす効果は大きくて、頭の回転も良くなった気がしますし、創作意欲も湧いています。何より楽しいことをたくさん考えるようになった。

    日々、生活していくって大変じゃないですか。

    うちはまだ子どもが小さいので手がかかります。
    言うこともすぐに聞いてくれるわけではないから、たとえばご飯だってお風呂だってこっちが想定している以上に時間がかかる。
    思い通りに行かないとイライラしてきてついつい声を荒げてしまう。
    時間がズレるとやろうと思っていた仕事もできずに、余計にイライラ。そしてまた子どもに当たってしまう。悪循環です。

    イライラしたところでどうしようもないと頭ではわかっているんですけどね……

    家事だって面倒くさいですよね。
    一人で生活しているんだったら「今日はコンビニでいいか」とか適当に済ませるところが家族がいるとそうはいかない。
    今日は飲みに行きたいと思っても簡単にはいけない。掃除だって子どもがたくさん汚すのでこまめにしないといけない。洗濯だって4人分。もちろん奥さんと協力してやってはいますが、それでも日々の家事をこなしていくのって大変ですよね。
    毎日毎日、日々の雑事に追われてなかなかやりたいこともやらなければいけないこともできない。余計イライラがたまる。

    と、いうのが随分なくなりました。

    家事の面倒くささは変わらないし、子どもは相変わらず言うこと聞かないし、思うように進まないことばかりですが、でもいちいちそれにイラつかないようになりました。
    「これネタにしよう」とか面白がれるようになった。そうするとイライラしないし、日々、楽しく過ごせます。

    考え方、大事ですね。

    物事を深刻にとらえて、イライラどんより絶望的に生きたってつまらない。そういう状態になると創作意欲も湧きませんしね。
    楽しく、日々のちょっとしたことでも面白がれると人生が幸せになる。今、とてもいい状態になっているな、と感じます。
    その勢いで当然、台本もバリバリ進んでいるかというと……それはまた別の話。

    ……ん?

    台本を書き始めるために再開したはずなので、本末転倒では……いかんいかん、台本を書こう。